「設備保全・メンテナンスの求人・転職情報完全ガイド」は、文字通り設備保全・メンテナンスの仕事で転職を考えているあなたに情報をお届けするサイトです。

 

ただし、具体的な求人情報や企業情報をお伝えするサイトではありません。どうすればあなたの希望する転職先が見つかるか、その探し方を紹介するサイトです。

あるいは設備保全、メンテナンス求人の転職市場動向をお伝えするサイトです。

 

今すぐの転職をお考えのあなたも、将来の転職をお考えのあなたも、ぜひ当サイトをご利用頂き希望の転職を成功させて下さい。

 

転職
転職は情報戦!ライバルより早く、多くの情報を入手した者が成功する!

 

 

設備保全・メンテナンスの転職市場動向

■電気・機械の技術系の転職求人倍率は4.68倍

あなたもご承知のように現在国内では人手不足の状態が続いており、厚生労働省が毎月発表している有効求人倍率も1.6倍あたりの高い水準を維持しています。

 

そして転職市場におけるエンジニアは更に深刻な人手不足状態にあります。

大手転職サイトdodaでは毎月最新の転職動向をレポートしています。最新データによると、電気・機械の技術系の転職求人倍率は4.68倍となっています。

 

転職求人倍率の全体平均が2.81倍なので、技術系の求人倍率がいかに高いかあなたにもお分かり頂けると思います。

むろん、設備保全、メンテナンスのエンジニアもこの技術系に含まれています。

 

こうした人手不足を背景に、本来即戦力の補充が目的の中途採用で未経験者や第二新卒者を採用して育てる企業もあります。

 

未経験者歓迎の求人は決して多くはありませんが、あなたに保全要員としての資質、適性があれば採用される可能性もあります。

そうした未経験者が採用される求人の探し方も当サイトでは詳しく紹介しています。

 

初心者
求人件数は少ないですが、未経験者歓迎案件もあります。

 

■設備保全・メンテナンスの求人は4万件以上

私が調査した大手転職会社6社の設備保全・メンテナンスの求人件数は合計で軽く2万件を超えています。これに生産技術を加えるとその倍、4万件超となります。

これから転職先を探そうとするあなたにとって選択肢は十分あります。

 

また、大手転職サイトでは予定年収で600万円以上、福利厚生も好条件の求人が多数出ています。

ただし、好条件の求人は当然ライバルも多くなります。条件のいい求人には応募者が短期間で殺到し、あっという間に採用枠が埋まってしまいます。

 

今や転職活動は情報戦であり、ズバリ早い者勝ちです。

いかにしてライバルより早くあなたのキャリアを活かせる仕事を見つけるか、ぜひこのサイトをご利用下さい。

 

設備保全の転職で一番重要視されることは?

あなたがいくつかの求人情報を探してみればすぐに分かりますが、設備保全・メンテナンスの求人で一番重要視されているのは実務経験(キャリア)です。

 

それを端的に示すデータがあります。

私が代表的な転職サイトで設備保全の求人100件を調べたところ、専門資格がないと応募出来ない求人は17件でしたが、実務経験がないと応募出来ない求人は75件にのぼりました。

*詳細は『工場の設備保全で「経験必要・資格不問」の求人・転職情報』をお読み下さい。

 

つまり設備保全の求人は4件に3件は経験者でないと応募すら出来ないのです。いかに企業が保全経験を重要視しているか分かります。

それは即戦力が欲しい企業の要求に他なりません。

(追加で17,000件の求人を調査しましたが、ほぼ同じ割合と言う結果でした。)

 

保全マン
設備保全・メンテナンスの転職ではキャリアが重要視されます。

 

むろん、求人の中には電気主任技術者や電気工事士のような必置資格、業務独占資格を必要とする設備保全もあります。

こうした求人には応募条件に資格を保有していることが明記されています。

 

しかし、そうした求人でも資格を持っているだけで採用される訳ではなく、その資格をどう活かしてきたのか、その経験が問われます。

 

ましてや特に専門資格を必要としない量産工場のライン保全などでは実務経験こそが最大の評価ポイントとなります。

 

そして一口に設備保全といっても保全対象となる設備によって必要な知識、スキルは全く違ってきます。

 

例えば、メカ系中心の設備なのか、電気・電子系が中心の設備なのか。

高度な専門知識、スキルを必要とする保全なのか、あるいは設備台数が多いことが課題の保全なのか、現場の状況で企業が求める保全スキルは異なります。

 

つまり、あなたのキャリアはそれを評価する企業側の事情によって高くも低くもなります。あくまで相対的な評価なのです。

 

従って転職先を探す上で重要なことは、あなたのキャリアを最も高く評価してくれる企業を探すことです。

その方法を紹介するのがこのサイトの目的です。

 

設備保全の年収・福利厚生は?

■設備保全の年収はいかほど?

設備保全の求人を400件以上調べてみると、年収は本当にピンキリです。

求人ごとに年収が異なるのは当然ですが、それ以上に同じ求人でも提示されている年収の幅がかなり大きいのです。

 

例えば、

「予定年収 400万円~800万円」

といった倍ほども違う提示幅も珍しくありません。

 

どうしてこんなに年収の提示額に幅があるかと言えば、これまでのキャリア、能力による差です。

例えば経験の浅いエンジニアだと予定年収は300万円~400万円、経験豊富なエンジニアだと500万円~700万円といった差がつきます。

 

従って、企業が経験の浅いエンジニアからベテランまで幅広い人材を募集すると予定年収は400万円~800万円と幅広い金額になります。

 

あるいは予定している保全業務、メンテナンス業務の付加価値によっても差がつきます。

どんなに豊富なキャリがあって保全スキルが高くても、定期点検やマニュアル化されたトラブル対応だけの仕事なら、年収は300万円~400万円と言った辺りが目安となります。

 

一方、大型プラントのメンテナンスや最先端の高度な製造設備の保全などは600万円~800万円辺りが目安の年収です。

付加価値の高い仕事、専門的な知識やスキルを必要とする仕事ほど高額年収になるのは当然です。

 

給料袋
高額年収の求人もあります。

 

ただ注意して頂きたいのは、中途採用は新卒採用とは違うと言う点です。

新卒なら給与は一律基準でしょうが、中途採用は売り込み次第で年収アップの可能性があります。ウソや虚偽申告はいけませんが、あなたのキャリア、能力を正当に評価してもらうことは必要です。

 

■福利厚生の条件もしっかり確認する

それから福利厚生ですが、これは企業間でかなり差があります。やはり一部上場、大企業の福利厚生は充実しています。

 

例えば社員持ち株制度、企業年金などは大企業に多く、中小企業ではあまり見かけません。

これらは若い時はあまり気にならない福利厚生かも知れませんが、中高年になると有難味が分かります。

転職先探しの時にはしっかりチェックして下さい。

 

その他、住宅手当、家族手当、通勤手当などの金額や、産前・産後休暇、育児休暇などに企業間の差があります。

 

単に年収条件だけで転職先を決めるのではなく、こうした福利厚生の条件も比較して決めて下さい。

 

設備保全の求人・転職情報の探し方

さて、いよいよ本題の求人情報の探し方ですが、結論から言えば実績のある転職サイトを数社併用する方法をお奨めします。

 

その理由は圧倒的な情報量が得られるし、転職エージェントやキャリアアドバイザーといった転職のプロが完全無料であなたをサポートしてくれるからです。

 

転職サイトによってサービス内容は異なりますが、とにかくこんな便利なサービスが完全無料なのですから利用しない手はありません。

 

また、設備保全、メンテナンスだけでなく生産技術も選択肢にいれて探すことをお奨めします。業務が重なっている部分が多いし、新しい遣り甲斐の発見につながる可能性もあるからです。

 

さて、転職サイトはざっと300種以上はありますが、こと設備保全やメンテナンスの求人、転職情報を扱うサイトはそう多くはありません。

技術系の求人がまとまった件数あるサイトは40サイトほどです。

 

この40サイトの中から、特に実績があって好条件の多い転職サイトを10社ほど厳選しました。

本当はもっと絞り込みたかったのですが、各転職サイトごとに特徴があり、強みも弱みも異なるため併記することにしました。

あなたの希望条件に合う転職サイトを数社併用して下さい。

 

先ほども説明したように、転職先を探す上で重要なことはあなたのキャリアを高く評価してくれる企業を見つけることです。

転職エージェントは業界情報や企業情報に精通しており、人事担当とコネを持っていることもあります。更に一般には非公開の求人情報も入手しています。

 

彼らはそうした豊富な情報量と長年の経験から、あなたに最もふさわしい求人を探してくれます。それも完全無料で探してくれます。

 

転職エージェント
転職エージェントがあなたに最適な求人をサポートしてくれます。

 

転職サイトの利用は3社か4社の併用をお奨めします。それぞれの転職サイトには独自案件があり、それを見逃さないためです。

何しろ独自案件には好条件が多いのです。(好条件でもない求人を独自案件にしてもメリットがありませんから)

 

そして好条件の求人ほど応募者が殺到します。ズバリ、早い者勝ちです。転職活動はまさに情報戦とも言えます。

アンテナを広範囲に張り巡らせ、見落としのないようにして下さい。

 

正社員採用でキャリアや資格を活かせる求人を探す

*マイナビエージェント

●東京・神奈川・千葉・埼玉在住の20代~30代に絶対お奨めの転職サイトです。好条件の案件が多くサポート体制もしっかりしています。

●精密機器、電気・電子機器、通信機器などの分野を中心に2,500件ほどの設備保全・メンテナンス求人があります。

●キャリアや資格を活かせる求人が多く、逆に未経験者が応募出来る求人は少ないです。

●マイナビエージェントは厚生労働省から、「職業紹介優良事業者」に認定されています。転職が初めてのあなたも安心してマイナビエージェントのサポートを利用することが出来ます。

 

*リクルートエージェント

●転職支援実績は45万件以上で業界ナンバーワン。利用者の67.1%が転職後に収入がアップしています。

●設備保全・メンテナンスの求人が13,000件ほどあります。未経験者でも応募出来る求人が2割くらいあります。

 

*パソナキャリア

●オリコン顧客満足度調査の「転職エージェント部門」で 第1位、「ハイクラス、ミドルクラス転職部門」で第2位を獲得しています。

●半導体、電子部品、精密機械などの分野を中心に2,000件以上の保全求人があります。

 

*メイテックネクスト

●モノづくり系エンジニアの転職支援実績ではナンバーワン。技術に精通した専門のコンサルタントがあなたを無料でサポートしてくれます。

●電気、電子、半導体、機械分野を中心に800件以上の保全求人があります。

 

未経験でも正社員で採用される求人を探す

*マイナビジョブ20’s

●二十代、第二新卒、既卒限定の転職サイト。24歳~29歳までのあなたにお奨めです。

●設備保全未経験者でも応募可能な正社員案件が多数あります。

●特に強味を発揮できるのは、東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良の求人です。このエリアに好条件の求人が多く、サポート体制も万全です。

 

*リクナビNEXT

●毎週2.6万人以上が新規登録し、実際に転職した人の約8割がリクナビNEXTを利用しています。

●設備保全未経験者でも応募可能な正社員案件が多数あります。

 

社員の口コミを参考にして求人を探す

*キャリコネ

●60万社以上の社員による口コミ情報を読むことが出来ます。内部情報でしか分からない企業の実体がチェック出来ます。

 

年収600万円以上の求人を探す

*キャリアカーバー

●現在の年収が600万円以上あるあなたは、更に年収をアップ出来る可能性があります。

●登録わずか5分、後は完全無料で1400人ものヘッドハンターがあなたの代わりに仕事を探してくれます。

 

派遣社員も選択肢に入れて求人を探す

*工場ワークス

●製造業に特化した転職サイト。全国各地の工場求人情報が27,000件以上、毎日更新。

無期雇用派遣の求人も多数あります。未経験者、資格なしでも採用される求人が多いです。

 

*工場求人ナビ

●日総工産で請け負っている、日本全国の工場の求人を紹介する転職サイトです。

●半導体・自動車・精密機械などの工場保全の求人が多くあります。未経験者から更にスキルを身に着けたい経験者まで利用可能です。

 

 

当サイトのアクセス トップ10

  1. 機械保全技能士は設備保全の転職にまったく役立たず?

    機械保全技能士の資格の取得方法と、資格を活かした転職先の探し方を解説しています。

  2. プラントエンジニアの求人・転職は化学・石油・電力・環境が活況

    設備保全、メンテナンスの中でも高額年収、海外勤務の求人が多いプラントエンジニア。その転職市場トレンドを解説しています。

  3. 電験3種は大人気だけどホントに役に立つ?

    電気系の設備保全、メンテナンスには絶対の人気と需要を誇る資格が電気主任技術者です。その資格の取得方法と資格を活かした転職方法を詳しく解説しています。

  4. 設備保全に求められる資格を200社大調査!

    設備保全、メンテナンスの求人を200社調査した結果、どんな資格が求められているのか分かりました。

  5. 【無期契約社員と正社員の違いとは?】エンジニアを目指すなら?

    無期契約社員は一般に言う正社員とはどう違うのか?またエンジニアを目指すのにどんなメリット、デメリットがあるのか、詳しく解説しています。

  6. 電気保安員が足りない!実務経験不足で採用率10%!

    電気保安員は人手不足で求人も多数でています。しかし、採用率はわずかに10%しかありません。その理由とは?

  7. 設備保全の仕事で辛いこと、嬉しいこと

    設備保全とはどんな仕事?これから目指そうと思うあなたにぜひお読み頂きたい記事です。

  8. 機械保全技能士と自主保全士の比較

    どちらも生産ラインの設備保全に役立つ資格ですが、資格の目的は全く違います。これから資格取得を目指す人にお読み頂きたい記事です。

  9. 「設備保全、辞めたい!」でも、その前に・・

    誰でも一度や二度は仕事を辞めたいと思うもの。でも、決心する前にぜひやって欲しいことがあります。

  10. 電子機器組立て技能士は電気系の保全に有利

    電子機器組立て技能士の取得方法と、資格を活かした転職先の探し方を解説しています。

 

目的別 お奨めコンテンツ

■機械系の設備保全で転職先を探すあなたはこちら

機械保全技能士の資格を工場で活かす転職サイト3選

機械保全技能士は設備保全の転職にまったく役立たず?

機械保全技能士の資格を活かした転職情報の探し方

 

■電気系の設備保全で転職先を探すあなたはこちら

電験3種は大人気だけどホントに役に立つ?

電気工事施工管理技士を活かした求人・転職の探し方

電気工事士の資格を活かした求人・転職情報の探し方

電気主任技術者の年収500万円~800万円の求人とは?

 

■職種で転職先を探すあなたはこちら

プラントエンジニアの求人・転職は化学・石油・電力・環境が活況

未経験者が機械設計者になるにはどうすればいい?

設備保全から生産技術へ転職して収入アップ

 

■面接試験に不安を感じているあなたはこちら

設備保全の面接で使わない方がいい言葉とは?

設備保全の面接で一番大事なことは?

 

■設備保全の転職に役立つ資格を知りたいあなたはこちら

設備保全に求められる資格を200社大調査!

 

サイトマップ