「設備保全・メンテナンスの求人・転職情報完全ガイド」は、主に設備保全・メンテナンスの職種で転職を考えているあなたに求人・転職情報を提供するサイトです。

あるいは電気主任技術者や電気工事士、機械保全技能士などの専門資格を活かした転職を希望しているあなたにも情報を提供しています。

あなたの収入が増え、福利厚生が充実し、活躍の場が広がる転職を実現して頂きたいと願っています。

 



当サイトの管理人は、事務機の機械設計からスタートし、その後Uターンで半導体工場へ転職しました。設備保全、生産技術、製造技術、品質管理などの職種を経験してきました。

その半導体工場勤務の20年間に、凡そ500人の面接を経験してきました。設備保全要員を始めとするエンジニアの求人に関わりました。

こうした、自分が転職した経験、面接官をやった経験、工場で働いた経験を全て活かしてこのサイトを運営しています。

 

私の本業は設備屋であり人事ではありません。でも、だからこそあなたに役立つアドバイスが出来る視点もあるはずです。

例えば、「設備保全 面接」でネット検索して頂くと、当サイトがトップに出てきます。設備保全の面接で何が一番大事かを記事にしたところ、大勢の人に読んで頂くことが出来ました。

他にも他の転職サイトにはない、オリジナルのコンテンツを発信しています。少しでもあなたの転職にお役に立てれば幸いです。

 

転職

 

 

設備保全の転職情報を探す4つの方法

*都道府県別に探す

北海道から沖縄まで、全国の都道府県別に設備保全の求人をまとめてあります。

*専門資格から探す

●電気主任技術者 ●電気工事士 ●電気工事施工管理士

●エネルギー管理士 ●機械保全技能士 ●自主保全士

●電子機器組立て技能士 ●半導体製品製造技能士 ●危険物取扱者

●公害防止管理者 ●ボイラー技士 ●玉掛け

*企業名から探す

設備保全の求人を全国的に行っている企業を紹介しています。

●メイテックフィルダーズ ●UTエイム ●日総工産

●ジョンソンコントロールズ ●エネサーブ ●日研トータルソーシング

●フィリップス・ジャパン ●日本ガイシ ●ボブストジャパン

●日立ハイテクフィールディング ●出光興産 ●デンソー

*転職サイトから探す

設備保全の求人・転職情報が多い転職サイトを紹介しています。

●DODA ●リクルートエージェント ●キャリコネ

●マイナビエージェント ●メイテックネクスト ●パソナキャリア

●工場求人ナビ ●工場ワークス ●ジョブハウス工場

●キャリアカーバー

 

エンジニア系のお奨め転職サイト7選

私がエンジニア系に強い転職サイトを40以上調べた結果、特におススメなのが次の7サイトです。どの転職サイトも人気、実績、共に十分です。

まずはあなたの希望する勤務地に求人の多い転職サイトを使ってみるのがいいと思います。各転職サイトの説明文の中に求人が多い地区を挙げています。

*マイナビエージェント

マイナビエージェントものづくり

●東京、神奈川、千葉、埼玉在住のあなたに特にお奨めの転職サイトです。

●厚生労働省から「職業紹介優良事業者」に認定された、初めてでも安心して使える転職サイト。

●楽天リサーチで「20代に信頼されている転職エージェントNo1」

●46年間の人材紹介事業の実績があり、転職ノウハウを知り尽くしたエージェントがあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

【ご注意】関東、関西、東海の一部に求人が多く、それ以外では選択肢が狭いかも知れません。

マイナビエージェント もっと詳しく見る

 

*リクルートエージェント

リクルートエージェント

●関東・関西はむろん、それ以外でも比較的求人が多い転職サイトです。

●転職支援実績は45万件以上で業界ナンバーワン。

●利用者の67.1%が転職後に収入がアップしています。

●オリコン顧客満足度調査の「転職エージェント部門」で 第2位、「ハイクラス、ミドルクラス転職部門」で第3位を獲得しています。

【ご注意】非公開案件が多いので、会員登録しないと十分な求人情報が分かりません。

リクルートエージェント もっと詳しく見る

 

*キャリコネ

キャリコネ

●関東、関西以外にも求人が多い転職サイトです。

●会員登録(無料)すると、60万社以上の口コミ情報を読むことが出来ます。

●同業他社の口コミや年収を見て「転職すべきかどうか」を判断するのにも使われています。

●「転職希望者の信頼度が高い」「20代~30代が注目している」企業の口コミサイトとして両部門でNo1.(日本マーケティングリサーチ機構調査)

【ご注意】求人、口コミなどの情報は無料で使い放題ですが、エージェントやアドバイザーのサービスはありません。

キャリコネ もっと詳しく見る

 

*DODA(デューダ)

DODA

●求人件数、転職支援実績は業界トップクラス。関東、関西以外にも求人が多い転職サイト。

●多くの転職成功者が「最初に登録すべき鉄板サイト」と高く評価、転職者満足度No1.

●公式サイトが検索機能に優れ使い易く、しかも求人情報がどこより詳しく書かれています。

●プロの転職エージェントが10万件以上の求人から、あなたに最適の案件を見つけてくれます。

【ご注意】求人件数が多いので検索機能を上手に使わないと探すのが大変です。ただ、検索機能は素晴らしく充実しています。

DODA(デューダ) もっと詳しく見る

 

 

*パソナキャリア

パソナキャリア

●関東・関西・東海地区の求人が多い転職サイトです。

●求人件数は4万件以上、取引企業数は1万6千社以上、転職後の収入アップ率は67.1%です。

●オリコン顧客満足度調査の「転職エージェント部門」で 第1位、「ハイクラス、ミドルクラス転職部門」で第2位を獲得しています。

●25万人の転職支援実績があり、長年の転職ノウハウであなたの転職も無料でサポート。

【ご注意】関東、関西、東海の一部に求人が多く、それ以外では選択肢が狭いかも知れません。

パソナキャリア もっと詳しく見る

 

*メイテックネクスト

メイテックネクスト

●関東・関西・東海地区の求人が多い、製造系エンジニアに特化した転職サイトです。

●モノづくり系エンジニアの転職支援実績ではNo1.

●非公開を含むエンジニアの求人が常時1万件以上用意されています。

●技術に精通した専門のコンサルタントがあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

【ご注意】求人の検索機能がちょっと弱い気がします。困ったら会員登録して相談する方が早いです。

メイテックネクスト もっと詳しく見る

 

*CAREERCARVER

キャリアカーバー

●リクルートグループが運営するヘッドハンティングサイトです。

●登録わずか5分、後は完全無料で1400人ものヘッドハンターがあなたの代わりに仕事を探してくれます。

●年収800万円~1000万円以上を希望するあなたにお奨めのハイクラスな求人が多数あります。

●今すぐの転職を考えていないあなたも、ご自身の市場価値を確かめるために登録するのもありです。

【ご注意】クライアントのニーズとあなたのキャリアが合致しないとスカウトされない可能性もあります。

CAREERCARVER もっと詳しく見る

 

製造業・工場系のお奨め転職サイト3選

次に紹介するのは工場の仕事で派遣社員の求人が多い転職サイト3社です。未経験でも、資格を持っていなくても応募出来るし、中には正社員募集の求人もけっこう多くあります。

 

*工場ワークス

工場ワークス

●製造業に特化した転職サイト。全国各地の工場求人情報が27,000件以上、毎日更新。

●軽作業で高収入案件が多いのが特徴です。

●未経験者、資格なしでも正社員になれる求人が多数あります。

【ご注意】正社員募集の中に、「無期雇用派遣」が一部含まれています。

工場ワークス もっと詳しく見る

 

*工場求人ナビ

工場求人ナビ

●日総工産で請け負っている、日本全国の工場系の求人を紹介する転職サイトです。

●勤務地、業種、寮、収入など、あなたの希望にピッタリの仕事・生活環境を探すことが出来ます。

●決めたら90秒でカンタンWEB応募が可能です。

【ご注意】そもそも論ですが、日総工産以外の求人はありません。

工場求人ナビ もっと詳しく見る

 

*ジョブハウス工場

ジョブハウス工場

●工場・製造業専門の求人サイトです。全国の工場で働く仕事を探すことが出来ます。

●会員登録すると、会員限定の求人情報や、専属キャリアコンサルタントからの無料転職サポートが受けられます。

【ご注意】WEB上から簡単に応募も出来ますが、コンサルに相談して決める方がお奨めです。

ジョブハウス工場 もっと詳しく見る

 

当サイトのアクセス トップ10

  1. 電気主任技術者の求人・転職情報の探し方

    電気主任技術者の資格を活かした転職情報の探し方を分かりやすく、かつ詳細に記事にしてあります。今すぐの転職は考えていないあたにもぜひ読んで欲しいコンテンツ。
    やはり電気主任技術者は人気も需要も高い資格ですね。断トツでアクセスNo1です。

  2. 【プラントエンジニアの転職】求人の7割が年収700万円以上!

    正直、理由は分かりませんがプラントエンジニア関連の記事にアクセスが集まっています。年収調査を記事にしたところ、第2位にランクインです。プラントエンジニアは人材不足で転職市場が活況なのでアクセスも多いのでしょうか。

  3. 電気主任技術者100人の本音。いい事、悪い事は?

    やはり電気主任技術者の記事はアクセスが多いです。実際に電気主任技術者として働いている人の声、100人分を記事にしました。本音が聞ける記事にアクセスが集まっています。

  4. 設備保全の面接で一番大事なことは?

    設備保全の面接で椅子の座り方、お辞儀の仕方がそんなに重要でしょうか。面接の受け方マニュアルに惑わされないで下さい。一番大事なことだけに集中、一点突破です!

  5. 無期契約社員と正社員はどうちがう?

    仕事のスタイルは派遣でも雇用形態は正社員。こうした求人の中には無期契約社員の募集が含まれています。確かに正社員募集なのですが、一般的な正社員のイメージとはやや違います。最近、アクセス急増中です。

  6. 機械保全技能士の年収はどのくらい?

    機械保全技能士は転職市場でそれほど需要の高い資格ではありません。しかし、資格に需要がなくても人材には高い需要があります。年収は400万円~800万円くらいの幅があります。資格だけでなく、キャリアが問われます。

  7. 「設備保全、辞めたい!」でも、その前に・・

    設備保全の仕事に自信がない、同僚についていけいない・・・。そんな理由で辞めたいと思うあなた、ちょっと待ってください。1つだけ試して欲しいことがあります。これでダメならそれから辞表を書いても遅くありません。

  8. 危険物取扱者は取得しておいて損のない資格

    危険物取扱者は比較的容易に取得できる資格です。しかし、設備保全、メンテナンスを始め、工場の仕事に関する求人では非常に需要の高い資格です。この資格は持っていると重宝します。

  9. 電子機器組立技能士を活かした転職の探し方

    けっこう難しい国家資格なのですが、その割にはあまり高く評価されていない気がします。その理由と、資格を活かした転職方法を記事にしてみました。

  10. 設備保全の求人情報が多い転職サイト7選

    工場系の求人に強いサイト、エンジニア系に強いサイト、合計40サイト以上を詳しくチェック。その結果、まずはこの中から選んで頂ければと言う厳選7サイトです。

 

 

転職するなら今がチャンス!

2019年2月の有効求人倍率は1.58倍で、より0.01ポイント低下しました。

また正社員の有効求人倍率は前月と同じ水準で1.07倍でした。昨年6月に2004年の集計が始まって以来初めて1.0倍を超え、以後継続しています。

なお完全失業率は2.3%であり前月からマイナス0.2%でした。

詳しいデータはこちらでご覧頂けます。

『一般職業紹介状況(平成31年2月分)について』(厚生労働省)

 

大手転職サイトDODAによれば、転職求人倍率も好調です。(転職希望者1人当たりに対する求人件数)

設備保全、メンテナンスに関連する転職を見ると、電気・機械の技術系の2019年3月度転職求人倍率は4.44となっています。前月からマイナス0.24ポイントでした。

3月は前月よりマイナスではありますが、それでも他の職種に比べると高い方です。

このように転職市場は選択肢が多い状況が続いています。

 

業績アップ

 

こんな時期だからこそ、あなたが転職するなら今がチャンスです。しかし慌てて探してあまり条件の良くない転職先にお世話になるのはもったいない。

ここはじっくりあなたが一番満足できる条件を見つけましょう。それにはまず、情報の入手が肝心です。

 

どんな設備保全の仕事があるのか、好条件の求人情報を集めましょう。問題はその探し方です。なるべく効率的に、しかも多くの優良案件を集めるには求人・転職情報サイトの利用をお奨めします。

特に転職エージェントサービス、アドバイザーサービスの用意された転職サイトが奨めです。プロのエージェントが完全無料であなたのために優良案件を探して紹介してくれます。

しかも一般には公開されていない非公開案件にも応募出来るチャンスが得られます。非公開にこそ、優良案件がたくさんあります。

 

エージェントはあなたに転職先を紹介してくれるだけでなく、あなたと企業の間に入って応募の手続きや面接の日程調整などもやってくれます。更に、履歴書などの作成や面接のアドバイスまでしてくれます。

しかもそれらのサービスが全て無料です。そんな大変便利なありがたいサービスを利用しない手はありません。

「ただより怖いものはない」なんて心配しないで下さいね。あなたの転職が成功したら、企業からエージェントに手数料が払われるシステムです。

あなたの代わりに企業が費用を払ってくれるので、安心してエージェントサービスを利用して下さい。

 

履歴書

 

それぞれの求人・転職サイトには個別の特徴があります。職種や勤務地、賃金、福利厚生など掲載する求人条件がサイトごとに異なります。

 

例えば、首都圏の求人件数は非常に多いけど地方の求人件数は少ないサイトもあれば、全国どこでも平均して求人の多いサイトもあります。

あるいは高給案件は少ないけど、資格やキャリアがなくても応募出来る転職サイトもあれば、最低でも年収が600万円以上のハイグレードな求人しか扱わないヘッドハンティングサイトもあります。

更には中高年の転職支援に特化したサイトもあれば、第二新卒者を応援する転職サイトもあります。

 

このように転職サイトも独自のカラーを出し、得意とするサービスであなたの転職をサポートしてくれます。

あなたはこれら様々なサービスの中から、あなたが希望する転職を叶えるため、最も使いやすい、役に立ちそうだと思う転職サイトを選んで下さい。

そこがあなたの転職活動の第一歩となります。

そして、『設備保全・メンテナンスの求人・転職情報完全ガイド』はそんなあなたの転職サイト選びのお手伝いをするサイトです。