先日、あるゲームソフトの開発エンジニア募集求人を見ていたら、

『33歳以下全員面接します!』

と言うキャッチフレーズが出ていました。

しかし、33歳とはまた中途半端な区切り方です。30歳とか35歳とか、切りのいい年齢にしない理由は何だろうと思いました。

実はそこには求人を出す企業側の思惑があるようです。

 

35歳と言う年齢の壁

33歳のお話をする前に、まず35歳の年齢の壁をお話したいと思います。

以前当サイトで「中高年が設備保全の転職を考える時、何が大事?」と言う記事を載せました。

この記事の中にも書いたのですが、日本では雇用対策法と言う法律があり、特別な事情がない限り募集条件に年齢制限を付けることは許されません。

 

あなたがご覧になるほとんどの求人には「年齢不問」と書かれているか、そもそも年齢条項がないはずです。

でも、特別な事情がある場合は年齢制限が許されています。例えば設備保全のエンジニア募集や冒頭のITエンジニア募集の場合はこうです。

長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、若年者等を期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用する場合(雇用対策法施行規則1条の3 1項 例外事由 3号 イ)

この例外適用で「30歳まで」とか「35歳まで」とかいった年齢制限を行っている場合があります。「長期勤続によるキャリア形成を図る観点から」制限が必要だと言う理由です。

そして私の知る限り、「35歳まで」と言う年齢制限が非常に多いです。

 

35歳

 

それには理由があって、企業がエンジニアとして欲しい人材は実務をこなす人です。受注した注文をこなす人、開発中のソフトを制作できる人です。設備保全もむろん同様です。

35歳までの人材、出来ればもっと若い20代の人材の方が人件費も安いし使いやすい。仕事を覚える柔軟性もあるし伸びしろも期待出来ます。企業はこうした人材を採用したいのです。

 

一方、35歳以上で採用するなら実戦部隊の隊員ではなく管理職候補の人材です。

なぜ35歳以上が管理職かと言えば、日本のサラリーマンの年齢と役職構成を見ると、だいたい課長に昇進するのが35歳くらいからなのです。むろん例外もありますが、大手企業ではだいたいそうなっています。

しかし、管理職の不足を中途入社で埋めるケースはそれほど多くありません。だから35歳以上で管理職募集の求人は少ないのです。

 

従って転職するなら35歳になるまでが1つの目安になります。私自身、関西の事務機メーカーから九州の半導体工場へUターン転職したのは33歳の時でした。1発で内定が出て転職することが出来ました。

 

35歳の壁があるから33歳の年齢制限を?

さて、冒頭のITエンジニア募集の求人に戻ります。

『33歳以下全員面接します!』

と言う年齢条件はどうしてか?

むろん本当のところはその企業に聞いてみないと分かりませんが、私が思うに本音は「35歳まで」と言う線があって、2歳のマージンをとって33歳としたのではないかと思います。

 

と言うのも、多くの場合「35歳まで」と制限しても35歳を超えた人が何人も応募してきます。さすがに40歳を超えるような人は応募しないでしょうが、36歳や37歳の人は応募してきます。

そこで企業としては「33歳まで」とすることで、35歳以上の応募者が来ないように狙ったのではないかと思うのです。

ある大手転職サイトのエージェントは、年齢制限があっても実力のある人なら、「2歳オーバーまでなら紹介する」と言ってました。

企業もそのくらいは柔軟な判断をしてくれると言う訳です。

 

グッド

 

まとめ

今回は最近見かけた、

『33歳以下全員面接します!』

と言う求人広告を見て、なぜ「33歳」なのか、考えてみたことを記事にしました。

そこには「35歳の壁がある」と言うのがその理由です。

 

私自身、転職は33歳でした。もしも35歳を超えていたら、あんなにスムーズに転職出来ていたかどうか分かりません。

また、自分が今度は設備保全のエンジニアを採用する側に立場が変わった時、やはり年齢は気になりました。35歳以上の応募者はよほど強い採用理由がないと見送りました。

ほどほどのスキル、経験しかないのなら、20代の若者を採用します。

 

もしもあなたが35歳手前で転職を迷っているなら、早く決断した方がいいです。

現実問題として34歳の方が36歳よりも採用される可能性はずっと高いです。

 

ただし、30歳を超えて転職を希望する人のために、こんな専門サイトもあります。いずれも勤務地が東京都限定なので、東京で転職をお考えのあなたは参考にして下さい。