あなたが設備保全の仕事を派遣社員でやろうとお考えなら、ぜひ3年ルール・5年ルールについて知っておいてください。

すでにご存知のあなたはこの記事をスルーして下さい。まだよく知らないとおっしゃるあなたは必読です。絶対に派遣やるなら知っておくべきルールです。

 

3年ルールとは何か?

3年ルールと言うのは、簡単に言えば派遣で働くとき、同じ会社の同じ職場には上限3年しかいられないと言うルールです。(労働者派遣法改正による

また、5年ルールと言うのは、同じ派遣元(派遣会社)で通算5年を超えて有期契約で働けば、無期契約への切り替えを申請出来ると言うルールです。(労働契約法改正による)

 

法律

 

まず、3年ルールからお話したいと思います。

仮に、あなたがAと言う派遣会社に登録して、Bと言う会社に派遣されたとします。そこでCと言う組織(課)に配属され、設備保全の業務に就いたとします。

あなたはその職場で設備保全の仕事を好調に続け、やがて3年目を迎えることになりました。ここで3年ルールが適用になります。

実はあなたは3年を過ぎてそのままB社のC課で設備保全の仕事を続けることは出来ません。

 

あなたを派遣しているA社には次の4つのうち、どれか1つを行う義務が発生します。

① B社へあなたを正社員として直接雇用するよう依頼する。

② B社以外に新たな派遣先をあなたに提供する。

③ A社において、あなたを登録型派遣から無期雇用契約に切り替える。

④ その他あなたが安定した雇用の継続を図るための措置を行う。

ただし、同じB社でもC課以外の職場に変われば3年が過ぎても働くことが出来ます。

 

なぜこんなルールが出来たかと言えば、B社があなたを正社員として採用するか、A社が無期雇用契約にすることであなた(派遣労働者)の雇用の安定を図ろうとするものです。

 

無期雇用契約と言うのは文字通り、期間設定のない雇用契約です。つまり、派遣先のB社があなたとの契約更新を止めたとしても、あなたとA社との雇用契約は継続します。

これが登録型の雇用契約だと、B社との契約が終了した時点で仕事がなくなってしまいます。また新たに仕事を探すことになる訳で、うまく見つかればいいですがダメなら無職の状態が続きます。つまり収入が途切れてしまいます。

 

しかし、あなたがA社に無期雇用契約(常用型派遣)で採用されていれば、B社との契約が終わってもA社との雇用契約が継続します。つまり、A社から給与を支給され続けます。

 

給料明細

 

ただし無期雇用契約もいいことばかりではありません。登録型雇用と違って、時給から月給制に変わります。仕事内容、勤務時間は前と同じなのに金額的に下がるケースもあり得ます。

また、A社の指示によって派遣先や職種が変わる可能性も出てきます。登録型のように自由にあなたの好きな仕事を選ぶことが難しくなる可能性もあります。

 

更に、雇用契約の切れ目が発生しないので収入は安定しますが、反面ずっと働かなくてはなりません。ある期間集中的に働いて、そのお金で長期旅行を楽しむとか、そんな自由な生活は出来なくなります。

 

それから無期雇用契約はあくまでも正社員契約ではありません。「正社員と同等」と言う表現を使う派遣会社もあるようですが、実態は必ずしも同等ではないようです。

例えば、退職金が出ない、賞与がない、賃金が正社員並みには上がらないなどです。それに会社の業績が悪化して人件費削減となれば、正社員よりも弱い立場になる可能性もあります。

あくまで契約期間の縛りがなくなるだけで正社員へ移行するものではありません。

 

ただ、いわゆる「正社員」の定義はけっこう緩くて、フルタイム勤務で契約が無期なら正社員と呼べなくもありません。

こちらの記事も参考にして下さい。

『無期契約社員と正社員はどうちがう?』

 

安い給料のまま無期雇用契約を続けるより登録型で自由に好きな仕事をやりたい、あるいはどうせなら頑張って正社員を目指す、そんな選択肢も当然アリです。

 

健康

 

あなたが設備保全の仕事を同じ職場で3年間続けたら、3年ルールにどう対応するか。今後のあなたのライフスタイルやキャリアプランとも大いに関わる問題です。

あれこれ情報を集めて、後悔しない道を選んで下さい。

 

5年ルール(無期雇用転換ルール)とは何か?

5年ルールと言うのは労働契約法の改正によって定められたルールです。別名無期雇用転換ルールとも呼ばれています。

 

あなたがAと言う派遣元と登録型派遣契約を結んだとします。A社からB社に派遣され、1年契約で設備保全の仕事を始めたとします。

 

そしてB社でのあなたの働きぶりが評価されて毎年契約が更新されたとします。すると、通算で5年を過ぎた時点で、あなたがA社との間で無期雇用契約を希望すれば、A社はこれを認めなければならないと言うルールです。

この5年ルールはいわゆる「雇い止め」の対策、派遣労働者の不安解消が目的です。

 

面接

 

先ほどの例でB社に派遣された例をあげましたが、途中でB社からC社、D社と派遣先が変わっても、その合計通算が5年を超えればルールが適用されます。

また、契約と契約の間に空白期間があっても、通算で5年になればルールが適用となります。ただし、雇用契約の期間と、空白期間によってはそれまでの派遣年数が「クーリング」されることもあります。

 

例えば先ほどのB社の例のように1年契約だったとすれば、契約と契約の間に6ヶ月以上契約のない空白期間があるとクーリングされてしまいます。この点は要注意です。

 

また、5年ルールは必ず有期契約から無期契約に変わらなければならないと言う義務ではありません。あなたが希望して申請すればA社に義務が発生するだけです。

あなたが今まで通り有期契約のままでいいと思えばそのまま働き、またどこかの時点で考えが変わればそこで申請することも可能です。

 

ただし、あくまでも有期契約が無期契約に変わるだけで、正社員になれる訳ではありません。

先ほども出てきましたが、この無期契約の雇用を「正社員」扱いで求人しているケースもあります。

こちらの記事を参考にして下さい。

『無期契約社員と正社員はどうちがう?』

 

 

一方、通算5年を超えて申請があれば有期から無期に切り替える義務が発生するルールは、派遣会社にとって必ずしも歓迎すべきルールとは限りません。

 

派遣元企業の中には、5年ルールを見越して5年以内に契約を打ち切るところもあります。人手不足で派遣先が容易に見つかる時期なら問題ないでしょうが、景気が悪い時に大量の無期契約社員を抱えるとこれは大きな負担になります。

そうしたリスクを避けるために、通算5年になる前に契約を打ち切ってしまうのです。

 

厚生労働省のホームページでは、こうした企業による5年ルール回避の為の一方的な雇止めは許されない場合もあるので、派遣会社に対して慎重に対応するよう呼びかけています。

ただし、明確に罰則規定で雇止めを禁じている訳ではないので、実際には雇止めを行う派遣会社もあると言われています。

 

 

いずれにしてもあなたが同じ派遣元で通算5年以上働けば、5年ルールが適用になることを知っておきましょう。この記事のようにネットから情報を入手すると同時に、派遣元にしっかり説明してもらいましょう。

どのような条件で無期契約雇用になるのか条件を確認することが大事です。メリットもあれば必ずデメリットも発生します。両方を熟知した上でどう選択するかを決めましょう。

 

繰り返しますが、こちらの記事も参考にして下さい。

『無期契約社員と正社員はどうちがう?』

 

追記

ここで紹介した5年ルールは別名「無期雇用転換ルール」とも呼ばれています。2018年4月から実施されていますが、実態はどうなっているのでしょうか?

当サイトでもおなじみの「はたらこねっと」のみんなの声レポートで派遣社員の皆さんへのアンケート結果が公開されています。(1369人の回答)

それを一部ご紹介しましょう。(2019年12月8日)

無期雇用転換ルールを知っていますか?
●よく知っている 9%

●少し知っている 22%

●あまり知らない 26%

●まったく知らない 43%

程度の差はあっても、知ってる人は3割、知らない人が7割と言う結果です。有期、無期、どちらの雇用契約を選択するにしてもルールの内容を知ってから決めたいですね。

無期雇用転換を希望しますか?
●希望したいと思う 65%

●希望したいと思わない 17%

●既に希望したが、受諾されていない 1%

●既に希望して受諾されている 2%

●その他 14%

雇用が安定するので希望したいと思う人が65%もいるのに対し、実際にルール通りに申請して受理された人はわずかに2%しかいません。

いざ無期雇用への申請となると躊躇するのでしょうか。

希望したいと思わないと回答した人の声を見ると、「給料が増える訳じゃない」「嫌な職場、人間関係に配属されたら長期間いたくない」

などの声があります。

やはりメリット、デメリット双方を知った上で自分に合った働き方を見つけることが大事なのでしょうね。

まとめ

今回は登録型派遣を対象にした3年ルール、5年ルールについて説明しました。

あなたが派遣と言うスタイルで設備保全の仕事を続けるなら、絶対に知っておくべきルールです。そしてこの先、どんな形で設備保全を続けるのか、今から考えておく必要があります。

 

登録型で有期契約を続けるのか、それとも無期雇用契約を選ぶのか。あるいは正社員を目指すのか。それぞれにメリット、デメリットがあり、どの道を選ぶかはあなた次第です。

 

ステップアップ

 

色んな選択肢はありますが、まずは雇用の安定を第一に考えるなら、有期契約から無期雇用契約への切り替えはアリです。

更に言えば、最初から無期雇用契約の派遣求人に応募すると言う方法もアリです。

本文の中でも書きましたが、無期雇用契約の社員を「正社員」と呼んで求人している会社もあります。

例えば、UTエイムが有名ですね。工場の色んな職種で無期雇用求人が多数出ています。

『UTエイムで工場の仕事探し。勤務地・職種・給料・経験』

 

UTエイムは未経験者や資格を持っていない人でも応募出来る求人がほとんどです。採用されると正社員(無期契約雇用)になれます。

 

UTエイムの他に日総工産も無期契約雇用で全国展開しています。こちらも工場、製造の仕事に特化した求人です。

日総工産の無期契約雇用の場合、技能社員として正社員採用されると賞与、退職金も支給されます。これは大きなメリットだと思います。

 

最後にUTエイムや日総工産の無期雇用の求人が多く載っている転職サイトを紹介しておきます。

工場ワークスにはUTエイムの求人が6,200件以上掲載されており、「UTエイム」でキーワード検索するとずらり出てきます。

また、工場求人ナビは日総工産自身が運営する転職サイトです。全ての求人は日総工産案件なので、この中から無期雇用契約の求人をチェックして下さい。

 

■無期雇用の求人が多い転職サイト

*工場ワークス

工場の仕事27,000件以上、業界No1です。未経験者でも高給案件が多数あります。

 

*工場求人ナビ

製造系人材サービスで45年以上の実績あり。88.9%が未経験OK案件です。

 

まずは上記転職サイトで無期雇用契約の具体的な仕事内容、賃金、福利厚生などを確かめて下さい。

同時に3年ルール、5年ルールもしっかり確認して下さい。