あなたに電力設備の保全キャリアがあって、これから転職を希望されているなら、ぜひこの記事をお読みください。

また、直接電力設備の保全キャリアはなくても工場や大型施設のユーティリティ保全のキャリアがあるあなた、専門資格をお持ちのあなたもぜひご覧下さい。

電力設備の保全は高給かつ安定のお仕事です。応募資格のあるあなたには絶対のお奨め分野と言えます。

 

火力発電所

 

電力設備の保全、お奨め企業例

転職支援サイトDODAにて、「電力 発電 保全」と言うキーワードで検索してみると約200件がヒットしました。ただし電気設備の保全業務以外の仕事も多数含まれています。

そこで200件全てをチェックし、あなたにお奨めの企業を14社抽出しました。

従って、今から紹介する電力設備の保全求人はDODAの一部であり、他にもまだ優良案件はあります。

 

●電源開発株式会社
・年収 600万円~ 1200万円
・勤務地 全都道府県
・応募要件 経験必須

 

●株式会社ガスアンドパワー
・年収 540万円~840万円
・勤務地 愛知県知多郡
・応募要件 経験必須 資格歓迎

 

●三菱電機株式会社
・年収 350万円~750万円
・勤務地 兵庫県尼崎市
・応募要件 経験必須

 

●旭化成EICソリューションズ株式会社
・年収 400万円~660万円
・勤務地 宮崎県延岡市
・応募要件 経験必須 資格歓迎

 

●株式会社神戸製鋼所
・年収 400万円~600万円
・勤務地 兵庫県神戸市
・応募要件 経験必須 資格歓迎

 

●東京パワーテクノロジー株式会社
・年収 350万円~600万円
・勤務地 千葉県富津市
・応募要件 経験必須

 

●三菱電機プラントエンジニアリング株式会社
・年収 400万円~550万円
・勤務地 静岡県静岡市
・応募要件 経験必須 資格歓迎

 

●エコ・パワー株式会社
・年収 350万円~550万円
・勤務地 東京都、静岡県、和歌山県、青森県、三重県、茨城県、愛媛県、福島県、千葉県
・応募要件 経験必須 資格歓迎

 

●株式会社ジェイペック
・年収 350万円~500万円
・勤務地 広島県、長崎県、兵庫県、沖縄県、神奈川県、青森県、福岡県、徳島県
・応募要件 経験必須

 

●ヤンマーエネルギーシステム株式会社
・年収 350万円~450万円
・勤務地 兵庫県尼崎市
・応募要件 経験必須 資格歓迎

 

●エネサーブ株式会社
・年収 350万円~600万円
・勤務地 愛知県 神奈川県 広島県 大阪府 東京
・応募要件 経験・資格必須

 

●株式会社関電エネルギーソリューション
・年収 350万円~
・勤務地 兵庫県 大阪府
・応募要件 経験必須

 

ここに掲載した求人はごく一部です。他にもまだ優良案件が多数あります。

あなたがそれを1つずつ検索するのはとても時間がかかります。また、見逃しがあるかも知れません。一番効率的で確実なのは、DODAのエージェントサービスを利用することです。

 

無料のエージェントサービスに登録すれば、あなたに代わってプロのエージェントが最適求人を探してくれます。

エージェントにあなたの希望条件、そしてあなたのキャリア、資格などを伝えて下さい。私が検索した公開案件だけでなく、非公開案件からもベストな提案をしてくれます。

 

ご注意:2018年5月13日現在の情報です。求人情報は日々更新されています。最新情報をDODAからご確認下さい。

DODA(デューダ)

■DODAエージェントサービスの会員登録(無料)はこちら

電力設備の保全で需要の高い資格は?

数ある電力設備の求人では、専門資格を応募の必須条件に指定したり、歓迎条件に指定しています。電力設備の保全には国家資格がないと従事出来ない仕事もあるので、当然そうなります。

 

では、電力設備の保全ではいったいどんな資格が需要が高いのか、以下に紹介します。

■電力設備の保全で需要の高い資格

・電気工事士

・電気主任技術者

・ボイラー技士

・ボイラータービン主任技術者

・エネルギー管理士

・公害防止管理技術者

・電気施工管理技術者

・危険物取扱(乙種4類)

・消防設備士

・公害防止管理者

 

以上の資格が電力設備の保全求人で需要の高い資格です。等級のある資格に関しては、それぞれの求人ごとに条件が異なります。むろん、上位の資格があれば問題ないですが、求人によっては必ずしも上位でなくとも応募可能です。

例えば電気主任技術者は第1種を持っていれば言うことなしですが、第3種でも応募出来る求人はかなりあります。

 

そしてまた、これらの資格は電力設備の保全に限らず、大きな工場や大型施設、プラント保全などでも非常に需要の高い資格です。

それは保全業務にあたって資格がないと従事出来ないよう法律で決められているからです。法規制は保全経験ではカバー出来ません。

 

従って、すでにあなたがこうした資格を持っていれば電力設備の保全に有利なのはむろん、他の業種に転職するのにも有利です。

逆に、電力以外の業種からの転職も、こうした資格があれば十分可能です。

 

電力設備の保全は未経験者でも応募可能か?

では、電力設備の保全求人に未経験者の応募は可能でしょうか?

私が調べた限り、全くの未経験者はまず応募出来ません。応募条件に経験者であることが指定されている求人がほとんどです。

どの業界のどんな工場、プラントでも構わないのですが、あなたに電力・電気関連の設備保全に従事した経験が必要になります。

中には設備保全以外の生産技術や品質管理などの職務経験で応募可能とする求人もあります。件素は少ないですが、あなたが該当するならエージェントサービスで求人探しもアリだと思います。

 

そんな保全キャリアがあって、なおかつ先の資格をどれか持っていれば転職にはかなり有利と言えます。あなたの希望する条件で転職先を探して下さい。

 

まとめ

当サイトに「設備保全の転職はどの業界がお奨めか?」と言う記事があります。この中で、お奨め業界の1つとして『石油・ガス・電気などのエネルギー業界』をあげています。

その理由は設備投資が巨大な業界であり、新規参入が難しいからです。しかし、大きな時代の流れ、市場の変化を見ると、いつまでも安泰とは言えません。

電力自由化の波が押し寄せ、新規参入企業によって競争が激しくなる可能性大です。

 

太陽光発電

 

しかし、電力自由化が進んだとしても設備保全の仕事がなくなる訳ではありません。海外から電力を送電出来るはずもなく、国内の電力設備は今後も必要であり、保全業務もまた必要であり続けます。

また発電所、電力会社以外でも大きな工場、大規模施設、プラントなどでは電力設備の保全が不要になることは決してありません。

 

あなたに電力設備保全のキャリア、資格があれば今後も活躍の場は広がり、好条件の転職も可能だと思います。

設備保全の求人探しには掲載件数が断トツに多いDODAをご利用下さい。無料のエージェントサービスがお奨めです。仕事探しのプロにも手伝ってもらいましょう。

 

DODA(デューダ)

■DODAエージェントサービスの会員登録(無料)はこちら