設備保全とはいったいどんな仕事でしょうか?

どんな遣り甲斐のある仕事でしょうか?

そしてどうすれば設備保全の仕事に就けるでしょうか?

設備保全には未経験だけど、興味と関心を持っているあなたにぜひ挑戦して欲しいと思います。

 

設備保全とはどんな仕事?

設備保全とは、文字通り、設備の保全をする仕事です。どんな設備かと言えば、それこそあらゆる設備です。

およそ何かの目的で稼働している設備には保全業務が必ず発生します。

 

簡単に言えば日頃から故障しないように点検したり、故障時に備えて予備部品を用意したりします。むろん、トラブル発生時は緊急対応で修理にあたります。

 

すぐにイメージするのは半導体や自動車、家電や精密機器などの量産工場で商品を製造するための設備でしょうか。

設備保全にあまり詳しくないあなたもこれらを真っ先に思い浮かべませんでしたか?

確かにこうした製造設備の保全求人は非常に多く出ています。

 

しかし、設備保全はこうした製造業だけに限定されたものではありません。

例えば、発電所や変電所にも設備保全の需要はあるし、大型商用施設や高層ビル、テーマパークのような場所にも設備保全の仕事は必須です。

 

そしてこうした設備保全の中には国家資格が必要なものもあれば高度な専門知識、熟練の技が必要なものもあります。

当然、全く設備保全の経験がないあなたに、いきなりこれらの設備保全は無理です。今から経験を積んで知識や技術を身に着け、それからの挑戦となります。

 

まずあなたが挑戦するのは比較的難易度の低い保全業務です。あなたに適性さえあれば、1週間くらいのトレーニングで現場に入れる保全の仕事がねらい目です。

後ほど紹介する転職サイトにはそんな求人が多数出ています。ぜひ、チェックして下さい。

 

また、設備保全と言うのは地味な仕事です。言ってみれば製造の裏方さん仕事です。普段はお客様の目につかない場所で仕事をしています。

それゆえ、直接お客様に感謝されることもなく、社内の人間にさえ感謝されることはめったにありません。

 

設備は安定稼働して当たり前、トラブルで停止でもしようものなら夜中だろうと休日だろうと呼び出されます。

そんな割に合わない仕事なのです。

 

それでも苦労して設備を修理し、正常に稼働し始めた時の嬉しさは何とも言えません。

誰も感謝してくれなくても、修理した者だけは分かっています。知っています。自分たち以外にやれる人はいないのです。

その使命感、プライドが設備保全の原動力なのです。

 

あなたが全くの設備保全未経験者であっても、その使命感やプライドにあこがれるなら、それだけで十分挑戦する理由になります。

 

迷うなら、まずはやってみる!

もしもあなたが設備保全の仕事に興味はあるけど、未経験であることを理由に迷ったり、ためらったりしているなら、どうぞ思い切って挑戦して下さい。

 

設備保全は専門知識やスキルを身に着けることが出来る仕事です。それこそ一生ものです。

仮にあなたが1年や2年で挫折したとしても、それまでに身に着けた保全の知識やスキルは無駄にはなりません。

必ず次の仕事で活かすことが出来ます。

 

例えば次にまた別の設備保全に転職するとしたら、今度は立派に経験者として好条件の求人を探して応募することが可能です。

 

あるいはあなたがもう、設備保全は嫌だ、別の仕事がやりたいと思えばそれも可能です。

設備保全経験者として、生産技術や製造技術、品質管理や製造スタッフなど、色々な職種への転職が可能です。

 

むろん、設備保全の仕事を真剣にやって、それなりの知識、スキルを身に着けていることが前提です。

 

派遣社員で経験を積むのもあり!

設備保全の求人では何より実務経験の有無が問われます。未経験者は応募することさえ難しいです。

仮に応募出来ても経験者と同じ土俵で争えば採用される見込みは極めて難しいです。

『工場の設備保全で「経験必要・資格不問」の求人・転職情報』参照して下さい。

 

そこでお奨めなのが派遣社員として経験を積むことです。派遣社員なら保全未経験でも採用される仕事がいくらでもあります。比較的難易度の低い保全の仕事があります。

それを数こなすことで保全の経験を積むのです。色んな業界、業種の保全を経験するのです。

 

むろん、同じ派遣先で保全スキルを磨くことが出来ると思えば、そこで可能な限り経験を積むのもアリです。

 

確かに派遣社員は雇用が不安定だしあなたの希望通りの仕事に就けるとは限りません。

また、専門知識を深く掘り下げたり、高度なスキルを身に着けたりすることは普通はなかなか出来ません。

 

従ってよほど理想的な派遣先でもない限り、2年から3年くらいをめどに次ぎなるステップを考えるのがいいと思います。

すなわち、正社員での保全要員募集に応募するのです。次は長期的なビジョンで設備保全のスキルを身に着けるのです。

 

付け加えてあなたにお奨めしたいのが色んな資格への挑戦です。いきなり機械保全技能士などは無理ですが、自主保全士などはあなたの頑張り次第で何とかなります。

あるいは、危険物取扱者も持っていると役に立つ資格です。

 

派遣社員でこうした資格を持っている人はそうそういません。ライバルとの差別化になるし、何よりあなたの保全エンジニアとしての能力アップになります。

 

お奨めの転職サイト3社

そこであなたにお奨めの転職サイトが次の3社です。

いずれも工場の仕事が専門のサイトであり、設備保全の仕事も多数あります。

設備保全未経験のあなたでも、月収30万円前後になるような求人が多数あります。比較的難易度の低い保全業務で、当然応募者も殺到します。

言わば早い者勝ちであり、情報収集力の差で採用が決まります。

 

3社それぞれに特徴があるので、ぜひ3社同時登録をお奨めします。それぞれの独自案件をしっかりチェックして下さい。

すぐに希望の求人が見つからなくても登録さえしておけば、随時あなたの希望に沿った新規案件の情報を提供してくれます。

 

*工場ワークス

工場ワークス

●製造業に特化した転職サイト。全国各地の工場求人情報が27,000件以上、毎日更新。

●軽作業で高収入案件が多いのが特徴です。しかし、中には海外出張まである専門的なスキルを必要とする求人もあります。

●未経験者、資格なしでも正社員になれる求人が多数あります。まずは設備保全のキャリアを積みたいあなたに最適です。

無料登録 工場ワークスで求人を探す

 

 

*工場求人ナビ

工場求人ナビ

●日総工産で請け負っている、日本全国の工場系の求人を紹介する転職サイトです。

●勤務地、業種、寮、収入など、あなたの希望にピッタリの仕事・生活環境を探すことが出来ます。

●半導体・自動車・精密機械などの工場保全の求人が多くあります。難易度も幅が広く、未経験者から更にスキルを身に着けたい経験者まで利用可能です。

登録無料 工場求人ナビで求人を探す

 

 

*ジョブハウス工場

ジョブハウス工場

●工場・製造業専門の求人サイトです。全国の工場で働く仕事を探すことが出来ます。

●設備保全や生産技術などエンジニア系の求人は少ないです。ただし、件数は少ないですが高給案件が多いです。とにかく登録して好条件の求人を待つ手もあります。

●会員登録すると、会員限定の求人情報や、専属キャリアコンサルタントからの無料転職サポートが受けられます。

無料登録 ジョブハウス工場で求人を探す