あなたが工場で働く設備保全、メンテナンスの仕事を希望して転職を考えているなら、ぜひこの記事をお読み下さい。工場の設備保全に特化した求人・転職情報をお届けしたいと思います。

 

今回は設備保全やメンテナンスの実務経験者が応募出来る求人に限定して情報を収集しました。全く設備保全の経験がない人は応募出来ない求人です。

 

ただし、専門資格についてはほとんどが不問とする求人です。むろん、専門資格もないよりあった方がより有利ですが、とにかく資格より実務経験重視の求人・転職情報です。

 

あなたが現在工場で設備保全やメンテナンスの仕事に従事し、何等かの事情で転職したいと希望されるなら、ぜひともこの記事を参考にして頂きたいと思います。

取り合えず実務経験さえあれば、特に保全に関する専門資格は持っていなくても応募可能な求人が多数あります。

 

この記事を読んであなたが分かること

一口に設備保全といっても、その業務内容は様々です。どんな設備を対象に保全を行うのかによってかなり業務内容は変わります。

 

例えば量産工場の生産設備が対象か、工場全体のユーティリティが対象か、あるいは発変電所や大規模施設の電気設備が対象か、それぞれ必要な専門資格、保全スキルは異なります。

 

ここでは主に量産工場の生産設備を対象にした設備保全の求人・転職情報をお届けしたいと思います。

イメージとしては半導体、自動車、家電、OA機器、精密機械などの量産工場で製造ラインにずらり並んだ量産設備の保守保全です。

 

また、あなたの年齢、キャリアによっても必要な求人・転職情報は変わってきます。いわゆる第二新卒と呼ばれる世代なのか、あるいは40歳以上のベテランなのか、それによって転職の方法も変わってきます。

更にはあなたに設備保全の実務経験があるのか、ないのか、これによっても必要な求人・転職情報は変わってきます。

 

一度に全ての組み合わせをカバーする求人・転職情報の紹介は無理なので、ここでは主に20代半ばから30代前半の年齢で、何等かの設備保全、メンテナンスの経験がある人を対象に情報提供させて頂こうと思います。

 

未経験者やシニア世代についてはすでに別途サイト内に記事があるので、そちらをお読み頂ければと思います。

 

例えば以下のような記事です。

『あなたが設備保全の未経験者だったら?』

『設備保全で未経験・第二新卒・既卒が歓迎されるわけ』

『中高年の転職はマネジメント力が決め手!』

『中高年が設備保全の転職を考える時、何が大事?』

 

では、これから説明する設備保全の求人・転職情報は、どんな設備、どんなキャリアを対象にした情報か、再度繰り返します。

 

『量産工場の製造ラインで使用される生産設備の保全が対象で、20代半ばから30代前半の年齢層で、何等かの設備保全、メンテナンスの経験がある人』

 

をメインの対象にした求人・転職情報です。

 

ではこれから設備保全の求人・転職情報を紹介していきます。

具体的には、40以上の転職サイトから設備保全の求人を多数掲載している6サイトを厳選し、そこから求人・転職情報を収集しました。

これからあなたにお伝えする情報は以下の5項目です。

 

1.設備保全の転職で予定年収の相場はいくらか?

2.求人の応募条件としてはどんな指定があるのか?

3.あなたの希望する勤務地に求人があるのか?

4.働き甲斐のある企業とはどんな企業か?

5.あなたに最もふさわしい転職サイトはどれか?

 

以上の5項目です。

では、さっそく1つずつ、詳しく説明していきましょう。

 

なお、今回の設備保全の求人・転職情報は以下の6社の転職サイトから情報収集しています。(2019年4月調査)

 

●マイナビエージェント

●DODA

●リクルートエージェント

●メイテックネクスト

●パソナキャリア

●キャリアカーバー

 

*転職情報の詳細な情報はこちら

 

工場の設備保全、転職したら年収はいくら?

まず、最もあなたが関心をお持ちだろう年収についての情報から紹介していきます。

あなたが設備保全の転職をすると、年収はどうなる?増えるのか、減るのか、それとも変わらないのか?

 

むろん、設備保全の年収と言っても、企業や個人の査定によって大きく変わります。あなたの年収は実際に転職してみないと分かりません。

しかし、目安となる金額は分かります。

 

まず、設備保全、メンテナンス職の平均年収を調べてみました。大手転職サイトDODAの職種図鑑によると、

 

●設備保全/保守/設備メンテナンスの平均年収

438.3万円

 

となっています。

あくまで平均なので、年収が300万円クラスの人もいるし、600万円~800万円以上の人もいます。あなたの現在の年収は平均年収と比較してどうですか?

 

さて、もう二つ、設備保全の年収の目安となる数字を紹介しましょう。

まず、ハローワークの求人における設備保全の月給提示金額です。

東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城で「設備保全」をキーワードに求人検索すると、全部で191件の求人が見つかりました。

 

そこで月給の提示金額を調べてみました。

●20万円以上 171件(89.5%)

●30万円以上 47件(24.6%)

●40万円以上 12件(6.3%)

●50万円以上 2件(1.0%)

注)2019年4月調べ。月給提示金額には幅があって重複するため、100%を超えます。金額は諸手当込みです。

 

このように求人の9割が20万円以上ですが、30万円以上となると2割強しかありません。人件費が最も高い関東エリアでこの金額ですから、地方だともっと厳しいです。

やはりハローワークの求人は地元の中小企業からの求人が多いので、大企業並みの条件とはいきません。

 

一方、大手転職サイトの設備保全求人における予定年収はいかほどか、それも調べてみました。

 

■設備保全の求人全体に対する年収600万円以上、800万円以上の割合(表1)

転職エージェント 600万円以上 800万円以上
マイナビエージェント 58.6% 16.0%
DODA(デューダ) 47.2% 14.1%
リクルートエージェント 47.7% 11.0%
パソナキャリア 52.3% 15.1%

注)2019年4月調査。各転職サイトの年収検索機能を使用して調査。

 

表1をご覧頂いてお分かりのように、求人の50%前後は年収600万円以上であり、10%~15%は年収800万円以上です。

また表1には入れませんでしたが、求人の70%~90%は年収400万円以上です。

 

先ほどのハローワークの月給提示金額と比較するとかなり高額年収です。

大手の転職サイトでは一部上場の企業や全国展開しているような大企業からの求人多いので、予定年収も高額となっています。

 

ただし予定年収の提示金額にはかなり幅があります。例えば年収600万円以上の求人には「年収400万円~700万円」といった求人も含みます。

必ず600万円以上を保証するものではありません。この点ご注意下さい。

 

さて、設備保全の転職をした場合、年収の相場がいかほどか、目安がお分かり頂けたでしょうか。

ハローワークだと求人の9割が月給20万円以上で、30万円以上となると2割強と減ります。(諸手当込みの月給です)

 

一方、大手転職サイトだと求人の70%~90%は年収400万円以上です。更に50%前後は年収600万円以上であり、10%~15%は年収800万円以上です。

これが設備保全で転職した場合の予定年収の相場です。

 

■予定年収にかなりの幅がある理由

今も説明したように、予定年収にはかなり幅があります。例えば年収400万円~700万円の求人で、どんな人が400万円で、どんな人が700万円なのでしょうか?

 

それは求人企業が求める要件にどれだけ適合している人材かによります。

キャリア採用の場合、新卒採用とは違って必ず求人対象の仕事は具体的に決まっています。その仕事を遂行する能力がどの程度あるか、即戦力としてのキャリアがあるか、そこで年収が決まります。

 

私が勤務していた半導体工場もそうでしたが、企業の本音で言えば「700万円払うから、700万円の価値のある人材を採用したい。」と思っています。

決して400万円や500万円の人材を採用したい訳ではありません。

 

しかし、そうそう優秀な即戦力が期待できる人材は転職市場にもいません。700万円の価値ある人材が採用出来ないなら、400万円の人材を採用して育てるしかない訳です。

 

予定年収に幅があるのは、そうした企業側の本音と、それが思惑通りには叶わぬ転職市場の実態が存在するからです。

 

■転職サイトから応募する際の年収に関する注意点

設備保全に限りませんが、転職サイトを利用する場合の注意点を2点書いておきます。

 

1.各転職サイトには非公開案件があり、好条件の求人は非公開に多い。

年収や福利厚生などが好条件の求人には応募者が殺到します。そこで採用選考をスムーズに行うため、人気の求人は非公開案件とし最初からフィルターを掛ける場合があります。

ある程度条件を満たす人しか応募出来ないようにするわけです。

 

従って、あなたはぜひ各転職サイトの会員登録を行った上で非公開案件からも有力情報を入手して下さい。

好条件の求人は非公開案件に多い、これは事実です。

 

2.年収交渉が可能である。

キャリア採用は新卒採用と違って、年収交渉が可能です。あなたのキャリア、今後の可能性を正当に評価してもらいましょう。

年収提示金額に納得出来ない場合は転職サイトのエージェントに依頼して交渉してもらうことが可能です。

 

*エージェントの詳細な情報はこちら

 

工場の設備保全、応募条件の指定は?

さて、設備保全の年収相場はお分かり頂けたと思いますが、それでは求人に応募するための条件はどうなっているでしょうか。

設備保全の仕事から考えて、応募には専門資格が必要だったり、それなりのキャリアが必要ではないかと心配したり不安になったりしますよね。

 

そこで、マイナビエージェント、DODA、リクルートエージェント、パソナキャリアの4つの転職サイトから、合計100件の設備保全求人を調べました。

どんな資格が必要なのか、経験が必要なのか。また、学歴についても調べました。

 

■応募に必要な資格(図1)

まずは設備保全の求人に応募するために必要な資格からです。100件の設備保全求人のうち、何かの専門資格を指定していたのは17件でした。

後の83件は何も指定なしです。

この結果はあなたにとって意外ではありませんか?

 

工場の保全応募資格

 

今回は冒頭にも書いたように、量産工場における生産設備を対象とした設備保全の求人情報をまとめています。

そうした生産ラインの設備保全では特別な専門資格を必要とする求人はあまり多くありません。

機械保全技能士や自主保全士などの資格が想い浮かびますが、応募条件に指定されるケースはまれです。

 

これが発変電所や大型商用施設、プラント関連の設備保全となるとガラリと話しは変わります。

電気主任技術者、電気工事士、電気工事施工管理技士、ボイラー技士、エネルギー管理士などの専門資格を必要とする求人の割合が多くなります。

 

しかし、量産工場の設備保全の場合は図1の通り、資格を指定していたのは100件中17件のみです。それも歓迎条件が半分、必須条件に指定しているのが半分です。

歓迎条件の場合は資格がなくても取り合えず応募は可能です。従って設備保全求人の9割近くは専門資格なしでも応募可能なのです。

 

実際のところ、機械保全技能士や自主保全士、電子機器組立て技能士を歓迎資格に指定した求人も数件ありました。

しかし、これらの資格は名称独占資格であって、業務独占資格や必置資格ではありません。特に資格がないと保全業務が出来ない訳ではありません。

 

もっとハッキリ言えば、別に資格を保有していなくても保全に必要な知識とスキルがあれば問題ない訳です。

機械保全技能士や自主保全士、電子機器組立て技能士相当のスキルや知識を持った人材が欲しい訳で資格そのものは保有していなくても問題ありません。

 

これが工場の設備保全求人で、応募条件に資格指定が少ない理由です。

 

となると、設備保全の応募条件で資格以上に重要視されるのが、実務経験です。保全キャリアが問われます。

では、実際にどの程度実務経験が要求されるのか、データをご覧下さい。

 

■応募に必要な実務経験(図2)

次は設備保全の求人100件における、実務経験の指定です。

 

工場設備保全の実務経験指定

 

図2をご覧頂いてお分かりの通り、設備保全の実務経験を必要とする求人が100件中75件です。

専門資格を必要とする求人は17件でしたが、実務経験は75件です。いかに設備保全の求人では資格より実務経験が重要視されているか、お分かり頂けると思います。

 

また、100件中22件は実務経験者を歓迎、優遇とあります。これはもう、ほとんど必須に近い求人だと思われます。

つまり、100件中97件は実務経験が必要な求人です。

 

このように今回収集した求人・転職情報は設備保全の実務経験がないと応募出来ない案件がほとんどです。

 

更に、経験年数の指定まで行っている求人もあります。たいがいは3年~5年の実務経験を指定しています。

これは少なくとも3年~5年の実務経験があれば、それなりの保全知識、保全スキルを持っているはずだと判断出来るからでしょう。

 

すなわち即戦力として期待出来るし、設備保全要員としての適性あり、と判断出来るからでしょう。(必ずしもそうとは言えないケースもあるとは思いますが)

 

ただ、年数指定の求人はそれほど多くなく、求人全体の1割以下です。ほとんどの求人は年数指定がありません。

確かに密度の濃い2年間は中身の薄い3年、5年に勝るかも知れません。あるいはキャリア1年でも将来に大きな期待を持たせる1年かも知れません。

 

ところで実務経験を必須、歓迎に指定した求人の中には、必ずしも設備保全の実務経験でなくても応募可とする案件があります。

「工場における何等かの実務経験」といった指定です。

こうした指定であれば、設備保全の経験はなくても製造の経験、検査や品質管理などの経験でも応募が出来ます。

 

要は何等かの形で量産工場の経験があれば、納期や品質、コストに対する意識付けが出来ているだろうし、設備保全の現場もある程度は知っているだろうと言うことでしょう。

 

また、設備保全の求人の中には「未経験者歓迎」や「第二新卒者歓迎」といった案件もあります。件数は全体の数パーセント程度で少ないですが、確かにあります。

 

しかし、それらの求人は同時に「経験者優遇」であったり、「経験者歓迎」でもあります。

採用する企業側の立場で考えると、未経験者や第二新卒者によほど採用したいと思わせる魅力がないと、採用しません。

応募は出来ても採用されるのはハードルが高いと言えます。

 

以上が設備保全の求人に応募するための実務経験と言う条件の説明です。確かに実務経験があれば応募は出来るのですが、単に応募出来ればいいと言う訳にはいきません。

 

あなたも可能な限り今までのキャリアを活かした転職をお考えでしょう。必ずしも同業種、同職種でなかったとしても、蓄積した知識やスキルは最大限活用したいはずです。

 

ここでも各転職サイトのエージェントやキャリアアドバイザーを利用して下さい。業界情報、企業情報に精通した転職のプロがあなたのキャリアを活かした転職先を提案してくれます。

 

ではここで設備保全の求人に応募するための条件をまとめておきます。

応募に何かの専門資格を必須、または歓迎に指定した求人は全体の2割以下でした。求人の8割は資格を必要としません。

 

その代わり、ほぼ全ての求人で設備保全の実務経験を必須としています。中には実務経験3年以上、5年以上と年数指定した求人もあります。

ただし、必ずしも設備保全の経験でなくても、工場勤務の経験があれば応募可能とする求人もあります。

 

■応募に必要な学歴(図3)

次は設備保全の求人に応募するために必要な学歴指定を調べてみました。

 

工場設備保全の学歴指

 

図3のように、100件中73件は学歴不問、あるいは高卒以上でした。18件が高専卒以上、9件が大卒以上を指定していました。

 

では大卒以上と指定された求人に、高卒では応募不可でしょうか?

確かに応募条件に大卒以上と書かれていれば、ダメかも知れません。しかし、ダメ元で応募してみる価値はあります。

学歴を満たしていなくても、採用に値するようなキャリアがあれば可能性アリです。

 

職務経歴書の中でしっかりキャリアをアピールしたり、業務に有効な資格を持っていればそれもアピールします。

何より転職サイトのエージェントを利用してアピールするのが効果的です。企業情報にも精通していますから、あなたの価値を最大限にアピールしてくれます。

 

ちなみにですが、私も半導体工場で多くのエンジニア採用に関わってきました。そしてキャリア採用で学歴を重要視したことはありません。

と言うか、いかに学歴だけで判断出来ないかよく知っています。

 

私が勤務していた地方の中小企業でも東大卒や、京大卒の学歴者を採用したことがあります。しかし、ことごとく続きませんでした。

彼らは学歴によるエリート意識があって、現場に馴染もうとしません。これが致命的な欠点です。

 

むろん、全ての高学歴者がそうだとは言いません。中にはエリート意識など持たず、新しい環境に馴染もうと努力する人もいるでしょう。

 

いずれにしても設備保全と言う仕事には学歴は全く関係ありません。全くが言い過ぎなら、ほとんど関係ありません。

学歴より設備に対する関心の強さ、センス、感性、当然ながら責任感や向上心などがより重要です。

 

 

■その他の応募条件

設備保全の求人の中には、語学力の指定があるものが少なからずあります。今回の調査では1割強の頻度でありました。

多くは英会話の能力指定であり、中級、上級といった指定からTOEIC600点以上と言った指定もあります。

 

これらの求人企業は海外から日本に進出した企業、あるいは国内から海外へ進出している企業です。海外への長期出張や常駐があったり、海外ユーザーや海外企業とのやり取りが発生する仕事です。

件数は少ないですが中国語やドイツ語などを指定する求人もあります。

 

あなたが英語を始めとして語学力に自信があれば、こうした求人はねらい目です。設備保全のキャリアがあって英会話が得意なエンジニアはそうそう多くいません。

 

また、求人の応募条件に設備保全担当者としての適性を指定しているものがあります。

例えば、

 

『コミュニケーションが得意な人』

『機械いじりが好きな人』

『技術を身につけたい、向上心のある人』

『リーダーシップが取れる人』

 

といった類の指定です。

これらの条件は応募者の性格、モチベーション、やる気の問題なのであなたの覚悟ひとつで何とか出来る部分もあります。

 

ただし設備保全者としての向き、不向きの問題はあります。これは非常に重要な問題なので、ぜひこちらの記事をお読み下さい。

『企業が設備保全要員に求める志向や適性とは?』

 

*転職情報の詳細な情報はこちら

 

あなたの希望する勤務地に求人はあるのか?

この記事では6つの転職サイトから設備保全の求人情報を集めています。これらの転職サイトはあなたが転職先を探すのにぜひ使って頂きたいサイトです。

 

ところでネット上ではこの記事と同じように、色々な転職サイトを紹介する記事が沢山あります。中には全く根拠の分からないランキング形式の記事もあります。

 

しかし、それらの記事で完全に抜け落ちている視点があります。それは「勤務地」と言う視点です。

どんなに素晴らしい求人が出ていても、それがあなたの望む勤務地でなかったら、何の意味もありません。

あなたが勤務地選ばず、日本中どこでも構わないと言うなら話は別ですが、大抵そうはいきません。やはり希望の勤務地で転職先を探すでしょう。

 

そこで、今から6つの転職サイトで、設備保全の求人が地域別にどのくらい掲載されているか紹介します。同時に、特定のエリアに強味を発揮する転職サイトも紹介します。

 

それではあなたが希望する勤務地に求人が多いのはどのサイトか、そしてあなたの希望する勤務地を得意とするサイトはどれか、じっくり見て下さい。

 

■以下の表2~表8の見方

●調査時期は2019年4月です。各転職サイトの都道府県別求人検索機能を利用して調べました。

●全国を7ブロックに分けて「設備保全+生産技術職」の求人件数を調べています。

●主に工場の設備保全を中心に検索していますが、中にはフィールドエンジニアも含まれています。

●表中の北信越とは、長野県、山梨県、石川県、福井県、新潟県、富山県の6県を指します。

●求人件数は検索時期によって変わります。最新情報は各転職サイトにてご確認下さい。

 

■北海道・東北で設備保全・生産技術の求人を探す(表2)

転職エージェント 求人件数 割合
マイナビエージェント 127 件 6.6%
DODA(デューダ) 118 件 4.7%
リクルートエージェント 391 件 4.3%
パソナキャリア 150 件 5.6%
メイテックネクスト 128 件 6.3%
キャリアカーバー 102 件 6.3%
合計
1,016 件
5.1%

 

まずは北海道、東北ブロックです。

6サイト合計で設備保全の求人が1,016件ありました。この件数は全体の5.1%にあたります。残念ながら北海道、東北で設備保全の求人を探してもあまり選択肢は多くありません。

 

しかし、そんな中でもリクルートエージェントにはある程度まとまった求人件数があります。このブロックで設備保全の求人を探すなら、まずはリクルートエージェントがお奨めです。

 

またキャリアカーバーにも102件の求人があります。キャリアカーバーは年収600万円以上のハイクラス限定ヘッドハンティングサイトです。

求人の件数は少なくても、ヘッドハンターがあなたの希望を満たす案件を見つけてくれるかも知れません。

あなたの年収が現在600万円以上あって、更に上を狙うなら絶対にお奨めです。

 

■関東で設備保全・生産技術の求人を探す(表3)

転職エージェント 求人件数 割合
マイナビエージェント 633 件 32.9%
DODA(デューダ) 874 件 34.9%
リクルートエージェント 2,350 件 25.9%
パソナキャリア 945 件 35.2%
メイテックネクスト 570 件 27.9%
キャリアカーバー 443 件 27.3%
合計 5,815 件
29.3%

 

お次は関東ブロックです。設備保全の求人が6サイト合計で5,815件あり、全体の29.3%を占めています。

どの転職サイトも関東には非常に多くの求人が集まっています。特に東京、神奈川に多く、次いで千葉、埼玉と言う順です。

 

あなたがどの転職サイトを利用しても好条件の求人が多数見つかります。そんな中で一押しはマイナビエージェントです。

他の転職サイトと比べて設備保全の求人件数が特別多い訳ではありませんが、元々関東圏に強味を発揮するサイトです。

関東エリアに好条件の求人が多く、サポート体制にも力を入れています。

 

関東エリアでの転職先探しは、マイナビエージェントに加えてあと2社、合計3社で転職先を探すのがお奨めです。

後の2社はどこでもあなたが使い易いと思ったサイトがいいと思います。3社はぜひ併用しないと好条件を見逃す恐れがあります。

何しろ関東ブロックには好条件の求人が多いのです。

 

また、高額年収の求人が多いことから、現在の年収が600万円以上あるあなたは、キャリアカーバーの利用も検討してみて下さい。

あなたのキャリアを登録しておくだけでヘッドハンターが魅力的な提案をしてくれます。

 

■北信越で設備保全・生産技術の求人を探す(表4)

転職エージェント 求人件数 割合
マイナビエージェント 84 件 4.4%
DODA(デューダ) 137 件 5.5%
リクルートエージェント 716 件 7.9%
パソナキャリア 138 件 5.1%
メイテックネクスト 115 件 5.6%
キャリアカーバー 140 件 8.6%
合計 1,330 件
6.7%

 

北信越には6サイト合計で1,330件の求人がありました。これは全体の6.7%相当です。かなり選択肢が狭く、十分な求人件数とは言えません。

ここではDODA、リクルートエージェントの2社併用がお奨めです。

 

■東海で設備保全・生産技術の求人を探す(表5)

転職エージェント 求人件数 割合
マイナビエージェント 310 件 16.1%
DODA(デューダ) 583 件 23.3%
リクルートエージェント 2,416 件 26.7%
パソナキャリア 671 件 25.0%
メイテックネクスト 506 件 24.7%
キャリアカーバー 356 件 21.9%
合計 4,842 件
24.4%

 

東海ブロックには6サイト合計で4,842件の設備保全の求人があり、求人全体の24.4%を占めています。

同じ東海ブロックでも愛知県が頭二つ分くらい抜き出て求人が多く集まっており、三重県、静岡県と続きます。

 

従って、愛知県を希望の勤務地とするあなたはどの転職サイトを利用してもそれなりの選択肢を確保出来ます。

愛知県以外ではDODA、リクルートエージェント、メイテックネクストの3社併用がお奨めです。比較的多くの求人があります。

 

■関西で設備保全・生産技術の求人を探す(表6)

転職エージェント 求人件数 割合
マイナビエージェント 511 件 26.6%
DODA(デューダ) 454 件 18.1%
リクルートエージェント 1,751 件 19.3%
パソナキャリア 493 件 18.4%
メイテックネクスト 505 件 24.7%
キャリアカーバー 371 件 22.9%
合計 4,085 件
20.6%

 

関西ブロックには6サイト合計で4,085件の設備保全の求人があり、全体の20.6%を占めています。特に大阪府、兵庫県に求人が集まっています。

従って、大阪府、兵庫県を希望の勤務地とするあたは、どの転職サイトでもそれなりの求人があります。

 

それ以外の県を勤務地に希望するあなたは、DODA、リクルートエージェント、マイナビエージェントの利用をお奨めします。

 

また、関西には高額年収の求人も多いので、現在の年収が600万円以上のあなたはキャリアカーバーもぜひご利用下さい。

800万円~1000万円クラスの求人が多数あり、業界を知り尽くしたヘッドハンターがあなたのキャリアに最適な案件を提案してくれます。

 

■中国・四国で設備保全・生産技術の求人を探す(表7)

転職エージェント 求人件数 割合
マイナビエージェント 130 件 6.8%
DODA(デューダ) 177 件 7.1%
リクルートエージェント 810 件 8.9%
パソナキャリア 153 件 5.7%
メイテックネクスト 112 件 5.5%
キャリアカーバー 105 件 6.5%
合計 1,487 件
7.5%

 

中国、四国ブロックには6サイト合計で1,487件の求人があり、これは全体の7.5%に相当します。このブロックでは広島県、岡山県に求人が多く、後はかなり件数的には厳しいです。

DODA、リクルートエージェントがお奨めの転職サイトです。

 

■九州・沖縄で設備保全・生産技術の求人を探す(表8)

転職エージェント 求人件数 割合
マイナビエージェント 127 件 6.6%
DODA(デューダ) 161 件 6.4%
リクルートエージェント 627 件 6.9%
パソナキャリア 131 件 4.98%
メイテックネクスト 110 件 5.4%
キャリアカーバー 105 件 6.5%
合計 1,261 件
6.4%

 

九州、沖縄ブロックでは6サイトの合計が1,261件であり、全体の6.4%を占めています。このブロックでは福岡県がダントツに求人が多く、他の県はかなり厳しいです。

DODA、マイナビエージェントのご利用をお奨めします。

 

■あなたの希望する勤務地に設備保全の求人はあるか?

先ほども説明しましたが、あなたが希望する勤務地で転職先を見つけるには、ある程度の選択肢が必要です。

求人件数が5件や10件では仕事内容や収入面であなたの希望と合致する求人が見つかる可能性は低いです。

 

従って、あなたの希望する勤務地に求人が多い転職サイト、強味を発揮する転職サイトをご利用下さい。

関東エリアなら断然マイナビエージェントがお奨めです。関西、東海エリアならマイナビエージェント、メイテックネクスト、パソナキャリアなどがお奨めです。

 

それ以外のエリアではリクルートエージェント、DODAにまとまった件数の求人があります。

 

*転職情報の詳細な情報はこちら

 

設備保全として働き甲斐のある企業とは?

あなたが転職先を探す条件は色々あるでしょう。収入面、福利厚生、勤務地。どれも大事な条件です。

そしてもうひとつ、とても重要な条件として新規設備の導入、新規技術の導入に積極的な企業かどうか、そこも確認して下さい。

 

新規設備の導入、新規技術の導入に積極的な企業はエンジニアとして活躍出来る場が多く、またエンジニアを大切にする企業であることが多いです。

そして利益が出ているから設備投資の余裕がある訳で、更には今後の生産計画にもめどが立っているはずです。

 

こうした条件を満たす企業は設備保全を担当するエンジニアとして、働き甲斐のある企業である可能性が高いです。

 

出来れば面接や会社訪問の時に工場内を見学させてもらい、あなたの目で直接新規設備や技術の導入を確かめて下さい。

活気のある現場かどうか、あなたに設備保全のキャリアがあればある程度は雰囲気を感じ取れるはずです。

 

むろん、採用前の見学でどこまで見せてもらえるか、制限があるかも知れません。可能な範囲でいいので見て下さい。

 

古い、陳腐化した設備、技術のまま生産を続けているような工場は危ないです。そもそも新規導入がないのになぜ、設備保全の求人を行っているのか?

その理由はエンジニアを大切にしないので離職者が多く、そのための補充求人かも知れません。そんな企業で働き甲斐を見つけることは困難です。

 

ここでも企業情報に精通した転職エージェントに情報をもらうのが有効です。新規の設備導入、技術導入に積極的な企業の情報を入手して下さい。

 

あなたに最もふさわしい転職サイトはどれ?

最後に本文の中で紹介してきた転職サイトをまとめておきます。あなたの転職活動に合うサイトをご利用下さい。

どの転職サイトを利用するにしろ、1つだけでは好条件を見逃してしまう危険性があります。それぞれの独自案件があるからです。

 

多くの転職者が体験で語っているように3社併用をお奨めします。あまり多いと振り回されて落ち着いて転職先を見つけることが出来ない恐れがあります。

マイナビエージェント

マイナビエージェントものづくり

 

■求人件数

●設備保全の求人が706件、生産技術の求人が958件あります。そのうち33%が関東に集中しています。関東在住のあなたは選択肢が広がります。

●特に東京、神奈川、千葉、埼玉在住のあなたにお奨めです。好条件の求人が多く、サポート体制も万全です。

 

■転職エージェント

●業界の壁を越えてマッチング可能な総合型のメリットと、業界情報に深く精通している特化型のメリット、両方を合わせ持つのがマイナビエージェントの特徴であり大きなメリットです。

 

マイナビエージェントの転職エージェント

 

■マイナビエージェントのサイト評価

●厚生労働省から「職業紹介優良事業者」に認定された、転職が初めての人でも安心して使える転職サイトです。

 

■マイナビエージェントはこんなあなたにお奨め

関東在住、特に東京、神奈川、千葉、埼玉のあなたにお奨めです。このエリアに好条件の求人を抱え、サポート体制も万全です。

●転職が初めての人。転職ノウハウを知らずして希望の転職は叶いません。プロのキャリアアドバイザーがあなたをサポートしてくれます。

●資格やキャリアを活かした転職をしたい。

 

■注意点

関東、関西、東海の一部に求人が多く、それ以外では選択肢が狭いかも知れません。

マイナビエージェント 登録はこちら(無料)

 

DODA(デューダ)

DODA

 

■求人件数

●設備保全の求人が1,749件、生産技術の求人が1,740件あります。関東、関西、東海などはむろんのこと、北は北海道から南は九州、沖縄までまとまった求人件数があります。

 

■転職エージェント

総合型で業種の壁を越えたマッチングが可能です。DODAのキャリアアドバイザー、採用プロジェクト担当以外にも、外部提携会社によるエージェントサービスが受けられます。

 

あなたが転職に際して今までの業界にこだわらず、新たな業界も視野にチャレンジしてみようと思うならお奨めサイトです。

 

2DODAエージェントサービス

 

■DODAのサイト評価

●DODAはネット上の口コミ情報で転職者満足度No1。(電通調査による)

●求人件数が多いだけでなく、高給案件、福利厚生の充実案件が多い。

●年間に18,000人の転職を成功させているエージェントサービスが無料で利用できる。

●サイトが使い易くストレスなく求人が探せる。また、求人情報が非常に詳しくしかも読み易い。あなたも一度使ってみると分かります。

 

■DODAはこんなあなたにお奨め

●地方在住で求人情報が少なく、困っている。

●設備保全としての資格、キャリアで新しい業種に転職も考えてみたい。

●初めての転職で、転職活動の方法がよく分からない。

●企業との交渉が苦手。

●どの転職サイトを利用するかで迷っている。

 

■注意点

求人件数、職種が多いので検索機能を上手に使わないと探すのが大変です。ただ、検索機能は素晴らしく充実しています。

DODA 登録はこちら(無料)

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント

 

■求人件数

●設備保全の求人が9,819件、生産技術の求人は8,589件あり、間違いなくトップクラス。独自案件も多い。

関東、関西、東海はむろん、それ以外の勤務地希望のあなたにもお奨め。

 

■転職エージェント

業界知識と転職ノウハウを熟知した、経験豊富なキャリアアドバイザーが業界トップクラスの約470名(2015年10月時点)在籍しています。

総合型エージェントサービスで求人の紹介だけでなく、あなたのご相談内容に沿った最適なキャリアプランを提案してくれます。

 

リクルートエージェントの転職エージェント

 

■リクルートエージェントのサイト評価

●リクルートエージェントで転職した人の67.1%が転職前より収入アップ。転職しても収入が増えなければ満足出来ませんよね。

●2019年 オリコン顧客満足度ランキング 転職エージェント部門で第2位、ハイクラス・ミドルクラス転職部門で第3位。

●参加者の80%が満足している「面接力向上セミナー」に無料参加できる。

●転職者実績41万1000人以上。何と言っても一番信用出来るのは実績です。

 

■リクルートエージェントはこんなあなたにお奨め

●地方在住で、他の転職サイトでは求人が少ない。

●なるべく多くの求人、選択肢の中から転職先を探したい。

●プロのエージェントに面接の指導、履歴書の添削などを頼みたい。

●好条件の多い非公開案件を沢山紹介して欲しい。

●資格やキャリアを活かして収入を増やしたい。

 

■注意点

非公開案件が多いので、会員登録しないと十分な求人情報が分かりません。

リクルートエージェント 登録はこちら(無料)

 

メイテックネクスト

メイテックネクスト

 

■求人件数

●設備保全の求人が779件、生産技術の求人は1,231件あります。関東、関西、東海地区に求人が多いので、ここを勤務地希望とするあなたにお奨めです。

 

■転職エージェント

メイテックネクストはものづくり系専門の転職サイトです。従って転職エージェントサービスも特化型になります。

設備保全の求人分野に対して専門性の高いエージェントが揃っていて、あなたの転職をサポートしてくれます。

 

■メイテックネクストのサイト評価

●エンジニア系に特化しているので、設備保全の転職探しには相性抜群です。

●エンジニア専門の転職サイトとしては求人件数がナンバーワンです。

●サービスの利用に期限がありません。登録から2年後に決まった例もあるそうです。

●拠点から遠いあなたは電話やメールでの相談も可能です。

 

■メイテックネクストはこんなあなたにお奨め

●関東、関西、東海地区で求人を見つけたい。

●工場内で設備保全の仕事がしたい。

●時間をかけてじっくり仕事探しをしたい。

 

■注意点

年収検索が出来ないなど、求人の検索機能がちょっと弱い気がします。困ったら会員登録してエージェントに相談する方が早いです。

メイテックネクスト 登録はこちら(無料)

 

パソナキャリア

パソナキャリア

 

■求人件数

●設備保全の求人が1,066件、生産技術の求人は1,834件あります。関東、関西、東海に求人が多くあります。

 

■転職エージェント

業界・職種を熟知した、専任アドバイザーがあなたの転職を無料サポートしてくれます。

キャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザーの連携によって、特に転職が初めてでやり方ががよく分からないあなたに親切、丁寧にサポートしてくれます。

企業との面接日程調整、年収交渉、更に模擬面接に履歴書の添削など、しっかりサポートしてくれます。

 

■パソナキャリアのサイト評価

●2019年 オリコン顧客満足度ランキング 転職エージェント部門で第1位。

●パソナキャリアで転職した人の67.1%が年収アップ。これ、すごくないですか?

●無料で「転職必勝ガイド」がもらえます。

パソナキャリア転職必勝ガイド

求人紹介でパソナキャリアに来場した人には無料でプレゼント。詳しくはサイトでご覧ください。

 

■パソナキャリアはこんなあなたにお奨め

●関東、関西、東海地区で転職先を見つけたい。

●求人情報の探し方がよく分からない。

●今の仕事が忙しくて求人探しに時間のない。

●資格を活かして年収アップしたい。

●大企業からベンチャー企業まで、幅広い選択肢から選びたい。

 

■注意点

関東、関西、東海の一部に求人が多く、それ以外では選択肢が狭いかも知れません。

パソナキャリア 登録はこちら(無料)

 

キャリアカーバー(CAREER CARVER)

キャリアカーバー

 

■求人件数

●生産技術の求人が1,501件あります。ただキャリアカーバーは他の5サイト異なり、ヘッドハンティングサイトです。

公式サイトに掲載されている求人数にあまりこだわる必要はないと思います。ヘッドハンターがあなたに最適な求人を提案してくれます。

 

■ヘッドハンター

●220社、1400人のヘッドハンターがあなたの代わりに望みの求人を探してくれます。

●あなたはキャリアカーバーに登録してレジュメ(履歴書)を書くだけ。簡単です。

 

キャリアカーバー利用の流れ

 

■キャリアカーバー(CAREER CARVER)はこんなあなたにお奨め

●現在の年収が600万円以上あって、更に上を目指して転職したい。

●自分のキャリア、資格をもっと活かしたい。

●転職を急がず、じっくり好条件を探したい。

●転職市場における自分の評価を知りたい。

 

■注意点

クライアントのニーズとあなたのキャリアが合致しないとスカウトされない可能性もあります。

CAREERCARVER 登録はこちら(無料)

 

まとめ

ここでは主に工場で働く設備保全の求人・転職情報を紹介しました。自動車、半導体、家電、OA機器、精密機器などの量産工場で稼働する生産設備の保全求人です。

 

大手転職サイトである、マイナビエージェント、DODA、リクルートエージェントなど6サイトから情報を収集しています。

設備保全の実務経験があって、年齢的には20代、30代の応募者を想定した求人が中心となっています。

 

求人情報の内容としては、あなたが転職した場合の予定年収の目安はいくらか、求人に応募するためには資格や実務経験が必要か、またあなたの希望する勤務地にどのくらい求人があるかなどを調べました。

 

今回紹介した転職サイト6社共、会員登録して転職エージェント、キャリアアドバイザーを利用することを前提としたサービス体制となっています。

あなたはぜひ、これらのサービスを利用して設備保全の転職を成功させて下さい。