シニア世代の再就職、転職がいかに厳しいか、試練が多いか、2019年2月11日付の読売新聞社会面に記事が掲載されていました。

ある60歳の女性が2ヶ月半の間に履歴書を142通送って、面接までこぎつけたのはわずかに3件、悪戦苦闘の末にやっと再就職出来たと言うエピソードが紹介されていました。

あなたがシニア世代で設備保全やメンテナンスの仕事を探しているとすれば、それは非常に困難でしょう。年齢と言う大きな壁が立ちはだっています。

 

シニア世代の転職の現状

まずはシニア世代の再就職、転職について読売新聞掲載のデータをいくつか紹介したいと思います。

●働きたいのに仕事に就けない65歳以上のシニア世代は推計220万人いる。

●60歳以上のシニア世代を積極的に採用しない企業は6000社のうち約7割。(リクルートジョブズ2018年調査)

●労働政策研究・研修機構調査によると働きたくても働けない男性の41%、女性の32%は「適当な仕事が見つからなかった」ことが主な理由。

●総務省によると65歳以上の雇用者では、男性の72%、女性の81%が非正規雇用である。

●同じく総務省によると「清掃」就業者の37%(49万人)が65歳以上。「一般事務」では6%(60万人)が65歳以上。

 

まだ他にも色んなデータが載っていましたが、こんな感じです。

つまり、60歳~65歳以上のシニア世代は働く意欲はあっても実際に仕事を探すと希望の職種が見つかずに仕事に就けない。

雇う側の企業もシニア世代を積極的に採用しようとは考えていない。

また清掃や調理のような一部の職種ではシニア世代の需要が高いが、多くは非正規雇用であり低賃金である。

こんな実態が見えてきます。

 

こうした現状で再就職、転職を成功させるには、もっと視野を広げて仕事を探す、過去のキャリアを捨ててゼロから再スタートするなどのアドバイスが書かれていました。

でもそんなアドバイスは誰でも承知、分かっているけど現実はそう簡単ではない、と言うのが本音ではないでしょうか。

 

シニア世代の設備保全・メンテナンスの再就職は?

では、シニア世代の設備保全やメンテナンス業務での再就職はどうでしょうか?

やはり他の職種同様、年齢の壁が大きく立ちはだかっています。むろん雇用対策法の手前、ほとんどの求人には年齢制限を設けていません。

しかし、実態としては冒頭の60歳女性のように履歴書を何通送っても面接すら行きつかないハメになります。

 

かつて私の同僚だった中高年のエンジニア達も再就職では本当に苦労しています。正規雇用が叶わず派遣で生産技術や品質管理の仕事に就いた者もいれば、全く畑違いの仕事で何とか再就職を果たした者もいます。

 

ただ、例えば電気主任技術者として資格とキャリアを持っていると定年後、シニア世代でも仕事が見つかります。保安協会や保安法人、ビルメンテ請負企業などから採用される可能性があります。あるいは独立する事も可能です。

むろん、収入面や職場環境で100%満足は出来ないかも知れませんが、まだ恵まれています。

やはり専門資格を持っていると強いです。電気主任技術者の他にも建築物環境衛生管理技術者、マンション管理士、電気工事士などの資格が保守、保全の再就職に役立つ資格です。

 

ただし、いくら専門資格を持っていると有利だからと言って、定年後に資格を取っても再就職にはあまり役に立つとは言えません。

やはり実務のキャリアがものを言います。その資格を実際に使った実務経験がないと採用には不利です。

20代、30代ではまだ必要ないかも知れませんが、40歳を過ぎたら定年後を見据え、どうやって再就職や独立を目指すか、真剣に考えるべきだと思います。

 

まとめ

これから先の日本では、平均寿命は延びる、年金は減っていく、ますますシニア世代は働かなくてはなりません。

仮にお金には困らないとしても、ボーっとして毎日暮らすわけにはいきません。働ける間は仕事をすることが健康にもいいはずです。

 

あなたが今まで設備保全やメンテナンスの仕事をやってきて、この先も同じ仕事を続けたいと思うなら、まずはシニア世代の求人を多く扱う転職サイトを見て下さい。

例えば、ジョブハウス工場では「高齢者・シニアのお仕事情報」と言うコーナーが用意されています。工場の仕事専門サイトなので設備保全、メンテナンスの求人も出てきます。

それほど求人件数は多くありませんが、今までのキャリアを活かしてとにかく保全以外でも工場の仕事に就く、と言うことから始めるのもアリだと思います。

 

ジョブハウス工場

工場・製造業・期間工・メーカー専門の求人募集サイトです。キャリアコンサルタントがあなたの工場探しをサポートしてくれます。
ジョブハウスバナー

*ジョブハウス工場 登録はこちら(無料)

*ジョブハウス工場に関する当サイトの独自データを見る