あなたが設備保全で転職を計画しているとき、心強い味方になってくれるのが転職エージェントです。その転職エージェントのサービスを利用する時の注意点を記事にしてみたいと思います。

その注意点とは、ただ1つ!

詳しくは以下、本文にて。

 

転職エージェントの利用に問題もある

まず、転職エージェントと何でしょう?

転職エージェントはあなたと企業の間に入って、あなたの転職が成功するよう様々なアドバイスをしてくれたり、企業との調整を代行してくれる役割を果たしてくれます。

 

例えば当サイトでも紹介している転職情報サイトのマイナビエージェント、DODA、メイテックネクストなどが転職エージェントのサービスを提供しています。いずれのサービスも完全無料です。

 

サラリーマンパワー

 

実は私もこの転職エージェントのサービスを何度か利用したことがあります。ただし、私の転職をサポートしてもらった訳ではありません。私の会社が求人を出して、応募者を紹介してもらったことがあるのです。

その時、何人かの転職エージェントと会いました。色々と相談もさせて頂きました。

その経験から言わせて頂くと、転職エージェントも色んな人がいます。まぁ、生身の人間がやっているのですから当然ですね。

どうも私と波長が合うと言うか気が合うと言うか、とても話やすい転職エージェントがいたかと思えばその逆、どうも話しにくい人もいました。特別私の好き、嫌いが激しかったわけではないと思います。あくまで相性の問題かと思います。

 

求人を依頼してる側の私が相性の問題を感じているくらいですから、転職の相談を依頼する側のあなたなら、もっと相性の問題が気になることでしょう。

 

考える

 

あなたにとって転職エージェントのサービスは完全無料なので、そこは利用しやすいメリットだと思います。同時に、無料サービスゆえに限界もあります。あなたと転職エージェントの相性が合わないからと言って、あなたがエージェントを別の人に変えて欲しいと訴えることは出来ません。

無料サービスでそこまで融通は利かないです。それはまぁ、仕方ないでしょうね。何せ無料なのですから。

 

転職エージェント利用のたった1つの注意点

では、あなたと転職エージェントの相性の悪さには目をつぶってそのままお願いするしか方法はないでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。相性の問題で言いたいことも言えない、本音が出せない、そんなことになったらあなたの希望の転職は叶えられません。

ではどうするか?

転職エージェントを交代してもらうことは出来ません。

解決法はただ1つです。

『同時に複数の転職エージェントサービスを利用する。』

これに尽きます。

そして転職エージェントを利用する時のたった1つの注意点とは、

『転職エージェントを1人(1社)だけに限定しない。』

これです。

 

あなたと転職エージェントの相性うんぬんの前に、最初から複数、出来れば3社ほど転職エージェントサービスに登録しましょう。

 

3人

 

もしもあなたが過去に何度も転職エージェント利用の経験があるからともかく、初めてとか2回目だったら絶対に複数利用がお奨めです。

転職エージェントがどんなものかよく知らないで利用することになるので、エージェント側に問題があってもあなたはそんなものかと思ってあきらめてしまう危険性があります。

むろん、何度も言いますが転職エージェントのサービスは無料なのでサービス内容の限界はあります。あなたの希望が全て叶う訳ではありません。

 

しかし、私自身も感じたエージェントとの相性の問題や、エージェント個人の能力の問題は確かに存在します。

ハッキリ言って転職エージェントは何かの資格に裏付けされた仕事ではありません。その運営会社が「今日から転職エージェントをやれ」と言えば誰でもあなたの前に転職エージェントとして現れる可能性がある訳です。

むろん、そんな極端なことはあり得ないと思いますが、要は転職エージェントも色々な人がいると言うことです。

 

ですから、あなたが転職エージェントを利用するときは、3社くらいに登録して、あなたと最も相性がいい、信用できそうだと思うエージェントにお願いすればいいのです。

「いや・・せっかくお願いして断ることになったら申し訳ないし・・・」

ちょっと気の弱いあなたはそんな心配をするかも知れませんね。確かに3社に登録して、一番いいと思われる転職エージェントにお願いしたら後の2社にはお断りとなります。

 

しかし、それは全く心配ご無用です。転職エージェントのサービスを行っている会社自身が、エージェントの複数利用を推奨しています。これは本当です。

 

NG表示

 

それは転職エージェント自身が提供できるサービスの限界を知っているからです。むろん、人間的な相性の問題もああるでしょうが、そもそも得意とする業界、職種の限界もあります。

あなたが設備保全の転職を希望しているのに、担当する転職エージェントがその方面の企業に詳しくない、太いパイプがない場合だってあります。

大事な転職、成功させるためにはどうぞ他社の転職エージェントもご利用下さいと、ホームページ上で書いているサイトがあるのです。これはその通りであり、あなたが遠慮などする必要は全くありません。

 

まとめ

あなたが転職エージェントを利用する時のたった1つの注意点。

それは、

『転職エージェントを1人(1社)だけに限定しない。』

これが転職エージェントを利用する時の注意点です。

特に設備保全の求人に関しては、以下の2つの転職エージェントサービスは絶対お奨めです。掲載案件が豊富で優良案件も多いです。

DODA(デューダ)

■DODAエージェントサービス

マイナビエージェント

■マイナビエージェント 登録はこちら(無料)