福岡県で工場の設備保全で転職を考えているあなたに、県内の転職動向をお伝えし、合わせて求人情報の探し方を紹介します。

 

何と言っても福岡県は九州では最も求人件数が多く、設備保全についても自動車工場、半導体工場、食品工場、製鉄プラントなどを中心に多くの求人が出ています。

あなたの転職先探しの選択肢はかなり広いです。ぜひ、好条件の求人を見つけて下さい。

 

九州の設備保全求人の50%は福岡県に集中している!

まずはどのくらい福岡県に求人が多いか、データでご覧頂きましょう。下のグラフを見て下さい。

 

doda、マイナビエージェント、リクルートエージェント、メイテックネクスト、パソナキャリアの主要転職サイト5社で設備保全の求人を検索した結果、九州ではこんな割合になっていることが分かりました。(2020年4月調査)

 

九州の設備保全

 

転職会社5社の設備保全求人は九州全体で約1,400件あり、そのうち50%は福岡県に集中しています。圧倒的に福岡県に求人が多いのです。

先ほども言ったように、福岡県で設備保全の転職を考えているあなたには十分な選択肢があります。

 

では、求人件数が多いことが分かったところで、あなたはきっと次のようなことを知りたいと思うでしょう。

 

●それらの求人はどんな業種で募集しているのか?

●予定年収はいかほどか?

●応募するのに何かの専門資格がいるのか?

●実務経験がないと採用されないのか?

●そもそもどうやって好条件の求人を探すのか?

 

いかがでしょうか。あなたにはこんな疑問、不安がありませんか?

その答えをこれから説明していきたいと思います。

 

でも、答えの前に大事なことを1つ、お話しておきます。3度の転職を経験している私の体験からも言えるお話です。

 

今さら言うまでもなく転職は何よりタイミングが大事です。あなたに限らず誰もが好条件の求人を探しています。

いかに福岡県に求人が多いと言っても、条件の良い求人には多くの転職希望者が殺到します。

そしてあっという間に採用枠は埋まり、文字通り早い者勝ちとなります。

 

従っていかにライバルより早く情報を入手できるか、そこが転職成功のカギとなります。

ぜひこの記事を参考にして頂き、あなたの転職の好機を逃さないようにして下さい。

 

福岡県の工場設備保全|どんな業種の求人が多い?

福岡県における設備保全の求人は、どんな業種が多いのでしょうか?

今回は主要転職サイト10社から、福岡県の設備保全求人400件以上を調査し、詳細なデータを集めて分析した結果を記事にしました。

 

そこで分かったことは、設備保全の求人で最も多いのは自動車関連工場からの求人でした。

それに続くのが半導体工場、食品工場、産業機器の工場、更には鉄鋼・環境・化学などのプラントからの求人でした。

 

【福岡県で多い設備保全の求人】

●自動車関連工場

●半導体工場

●食品工場

●産業機器工場

●鉄鋼・環境・化学プラント

 

そして、工場からの求人ではありませんが、エンジニア派遣の企業からも設備保全エンジニアの求人が出ています。

 

あなたが福岡県で設備保全の転職先を探すなら、以上のような工場をまずは探してみて下さい。求人件数が多くて選択肢が広いし、好条件の求人が見つかる可能性も高いです。

 

では、それぞれの工場の求人について、詳しく説明していきたいと思います。

 

自動車関連工場は求人件数が最も多い

福岡県における工場設備保全は、自動車関連工場からの求人が最も多く出ています。今回の調査では工場の設備保全の凡そ25%は自動車関連の工場でした。(本体・部品含む)

 

県内に自動車関連の求人が多い背景の1つは、京都郡苅田町に日産とトヨタ、久留米市にダイハツ、北九州市にもトヨタが進出していることです。

これら3社からの求人、及び関連企業からの求人が多数出ています。

 

そしてもう1つの背景は自動車産業は大変すそ野が広く、様々な業種にまたがって多くの工場が存在していることです。

それらの工場から設備保全のエンジニア募集の求人が多数出ています。

 

自動車関連工場からの求人は件数が多いだけに好条件の求人が見つかる可能性も高いです。ただし、ライバルも多い訳で、好条件の求人は採用のハードルも高くなります。

 

 

■資格を持ってないと応募出来ない?

自動車工場の設備保全だからといって特別な専門資格を必要とする求人はほとんどありません。

もしもあなたが自動車整備士になりたいのなら、国家資格が必要ですが設備保全では不要です。

 

ただ件数は少ないですが、次のような資格を歓迎する求人はあります。

 

【機械系の保全】

機械保全技能士

自主保全士

 

【電気系の保全】

電気工事士

電気主任技術者

 

これらの資格は製造ラインの保全求人において、ざっと1割~2割くらいの頻度で歓迎資格として登場します。

あくまで歓迎ですから、必須と言う訳ではありません。一応、資格を持っていなくても応募は可能です。

 

しかし、あなたのライバルが資格を持っていたら、それはあなたより有利なことは間違いありません。

企業側には専門資格を歓迎する理由、必要性がある訳ですから。

 

逆に言えば、あなたが専門資格を持っていればそうした資格歓迎案件がお奨めです。あなたのキャリアを高く評価してくれる可能性があります。

 

一方、製造ラインではなく、工場全体のユーティリティ保全の場合はちょっと事情が異なります。専門資格を持っていないと応募出来ない求人が多くなります。

 

例えば特別高圧の電力を使用する工場では電気主任技術者の設置が必須となります。

あるいは規定量以上のエネルギーを使用する工場にはエネルギー管理者の設置が必須となります。

 

また、工場で新規の製造ラインを新設したり、別の場所にラインを移動させたりするには電気工事が発生します。この場合には電気工事士の資格を持ったエンジニアが必要となります。

これもユーティリティ保全の担当部署の仕事となるケースがほとんどです。

 

このように工場のユーティリティ保全には専門資格を必要とします。ほとんどが業務独占資格や必置資格であり、資格がないと保全業務を行うことが出来ません。

ここが製造ラインの設備保全とは大きく異なる点です。

 

どんな資格を必要とするかは工場によって異なりますが、一般には次のような資格を必要とすることが多いです。

 

●電気主任技術者

●電気工事士

●高圧/特別高圧電気取扱者

●低圧電気取扱者

●計装士

●ボイラー技士

●高圧ガス製造保安責任者

●エネルギー管理士

●公害防止管理者

●危険物取扱者(甲種)

●毒物劇物取扱者

 

あなたがこうした資格を持っているなら、生産ラインの保全の他にユーティリティ保全もぜひ転職先として検討してみて下さい。

 

なお、専門資格ではありませんが、あなたに英会話のスキルがあると転職に有利なことがあります。

自動車業界では海外に工場進出しているケースも多く、海外出張が発生したり海外の取引先との対応が必要になったりするからです。

求人の中にはTOEIC600点以上などと応募条件に明記した求人もあります。

 

 

■経験者しか応募出来ない?

専門資格の次は実務経験のお話です。

福岡県の求人を見ると、製造ラインの保全でもユーティリティ保全でも、ほとんどの求人で実務経験は応募の必須条件になっています。

つまり、保全経験者しか応募出来ません。

 

ただし、必ずしも同業種の保全経験でなくても可とする求人がほとんどです。

つまり、自動車工場の設備保全に応募するのに、半導体工場での設備保全の経験があれば問題なしと言う訳です。むろん、電子部品工場でも家電工場でもOKです。

 

 

もっとも、一部には実務経験が応募の必須条件ではなく歓迎条件になっていたり、あるいは未経験者歓迎といった求人もあります。

 

ざっくり求人全体の約1割~2割程度がそんな求人です。

しかし、応募が出来ると言うだけで、経験者の方が優遇されるケースが多いので、採用されるハードルは高いです。

 

 

自動車工場に限りませんが、あなたの実務経験を活かす上でぜひ知っておいて欲しいことがあります。

それは、あなたのキャリアの評価は企業によって異なると言う点です。

ある企業にとっては何でもない、当たり前の保全スキルが、別の企業にとっては補強のツボだったりします。

 

例えば自動車の部品検査で画像処理を使っているラインでは、光学系の保全スキルを持っているエンジニアは大変貴重です。

 

この画像検査ラインに力を入れている企業にとって、もしもあなたに光学系の保全キャリアがあったとしたら。きっとあなたの評価は高いはずです。

 

あるいはピンポイントで経験者を絞り込んで募集している場合も評価は高くなります。

例えば金型や加工機、溶接機などのメンテナンス経験者の場合です。これらは自動車関連の求人ではかなり需要の高い経験者であり、好条件が期待出来ます。

 

もしもあなたがこうしたピンポイントの経験者募集に合致するキャリアを持っているなら、転職には断然有利となります。

 

以上のように、転職においてはあなたのキャリアを高く評価してくれる求人を見つけることが成功のカギとなります。

 

最後に、あなたが設備保全には全くの未経験者なら、こちらの記事を参考にして下さい。

『未経験者が設備保全の転職に成功する方法』

『設備保全・メンテナンスの志望動機は何を書けばいいか?』

 

 

■福岡県における自動車工場の設備保全の年収は?

自動車工場の設備保全で予定年収を調べてみると、平均で350万円~500万円辺りが目安の金額となっています。

むろん、これはあくまで目安の金額であって、あなたの年収はあなたのキャリア、今後の期待値によって決まります。

 

例えば自動車工場の保全では改善・改良保全が出来るエンジニアを求める求人が多く、あなたがこうした求人に叶う能力、キャリアを持っていると予定年収は高額が期待出来ます。

 

また、工場の新設に伴う管理職やリーダークラスの求人だと、予定年収も600万円~700万円クラスがあります。

 

ただし、この手の求人は単に保全エンジニアとしての能力だけでなく、組織を運営するマネジメント能力、コミュニケーション能力が要求されます。

 

このようにあなたのスキル、知識、キャリアを高く評価してくれる企業を見つけることが年収アップのカギとなります。

 

あなたにとって最適な転職先を見つける方法として、転職エージェントサービスを活用する方法があります。転職のプロが無料であなたの転職をサポートしてくれます。

 

この転職エージェントサービスについては後ほど詳しく説明します。そんなサービスがあると言うことを覚えておいて下さい。

 

 

 

半導体工場の設備保全は派遣社員が中心

福岡県の工場設備保全は半導体業界からも多数の求人が出ています。

もともと九州はシリコンアイランドと呼ばれ、半導体産業が盛んな土地でもあります。九州経済局の調査では、2016年時点で九州のIC総生産額は日本全体の26.1%を占めています。

 

福岡県の主な半導体メーカーとしては、ローム・アポロ、ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング、ソニーLSIデザイン、豊前東芝エレクトロニクスなどがあります。

 

自動車業界同様、半導体もすそ野が広い業界なので多くの関連企業が県内に存在し、設備保全の求人が出ています。

 

■半導体工場の設備保全は派遣社員が多い

福岡県に限りませんが、半導体業界は景気変動が大変激しく、そのため人件費を固定費にせず派遣社員の採用が多い業界です。

私が勤務していた半導体工場でも多くの派遣社員を製造部門、技術部門で採用していました。

 

福岡県下の半導体メーカーでも、ソニー関連、豊前東芝では派遣会社経由での採用が多くなっています。

特にソニーの関連企業はCMOSイメージセンサーが絶好調で求人も多いのですが、多くはデバイス設計のエンジニア募集です。

設備保全となるとやはり派遣が主のようです。

 

しかし、件数は少ないですがイメージセンサ量産立上げの為に生産技術、プロセス技術のエンジニアを募集しています。

設備保全の仕事ではありませんが、歩留まり改善や不良解析などの実務経験があれば応募可能です。

転職を機にもっと幅広くスキルアップしたい、活躍の場を広げたいと思っているあなたはチャレンジもありです。

 

また、ローム・アポロ社はロームで開発された半導体を量産化する会社です。その為量産用の設備開発を行うエンジニア、生産技術のエンジニアを正社員として募集しています。

 

あなたが過去に設備の導入、立上げ、改善などの経験があれば応募資格クリアです。ソニー同様、転職を機に新しい仕事にチャレンジするのもありです。

 

このように半導体工場の設備保全は派遣社員が主なのですが、全く正社員募集がない訳でもありません。

複数の転職会社を利用するなど、広く情報収集をすればチャンスもあります。

 

なお、半導体工場における生産ライン保全や工場ユーティリティ保全に必要な資格や経験については自動車工場と同じような事情です。

従って詳細は自動車工場の記事を参照下さい。英会話の能力が転職に役立つのも自動車産業と同じ理由です。

 

ただ、半導体業界独自の資格として半導体製品製造技能士の資格取得をお奨めします。この資格を取得することで半導体の製造プロセスや品質管理条件などを理解することが出来ます。

必ず設備保全にも役立つ資格だし、あなたのスキルアップに役立ちます。

 

■半導体工場の予定年収はいかほど?

福岡県の場合、ざっくり全体の平均として300万円~700万円といった金額が予定年収の目安となります。

 

ただし、目安と言っても下限と上限で倍以上の開きがあります。これは保全作業の難易度、業務範囲の広さなどによって差がつくからです。

 

私の経験からも、実際に半導体工場の保全作業にはかなり難易度や範囲に差があります。当然、難しい仕事や広範囲の業務の方が年収は高額となります。

 

従って事後保全だけの仕事より、予防保全、改良保全も取り込んだ仕事の方が評価は高く、年収も多くなります。

 

 

食品工場の設備保全は同業種の経験が歓迎される

福岡県の設備保全求人では、食品工場からの求人もけっこうあります。

 

そして食品工場の求人の特徴として、同じ食品業界で設備保全の経験があるエンジニアが優遇されます。

むろん、たいていの求人では同業の経験が歓迎されますが、食品工場では特にその傾向が強いです。

 

なぜなら、食品工場では食品衛生法や都道府県条例、市町村条例に従う必要があるからです。

あるいは、HACCPによる工程管理を行う工場も多く、ルールを熟知したエンジニアが歓迎されます。

 

食品衛生法やHACCPが必要な業界は食品業界だけなので、同業種の経験者が歓迎される訳です。

従って、あなたが食品工場の保全キャリアをお持ちなら、同業種への転職には有利です。

 

 

また、食品工場で設備保全のエンジニアを募集しているのはある程度規模の大きな工場に限られています。

福岡県の求人を見ると全国展開している大手の食品会社であったり、九州全域をカバーしている企業であったり、中堅以上の企業ばかりです。

 

地元の中小企業からの求人では圧倒的に製造職の求人が多く、実はそれが設備保全や品質管理の兼任募集と言うケースがあります。

 

あなたが地元志向でこうした企業に転職を考えるなら、事前にしっかり業務内容を確認して下さい。

 

■食品工場の予定年収はいかほど?

福岡県ではざっくり平均で300万円~500万円といった辺りが目安となります。

しかし、中には年収が600万円~700万円クラスがあります。

 

そうした年収の高い求人では、設備保全と合わせて工場全体のユーティリティ保全も兼任するようなケースもあります。

そうなると電気工事士や電気主任技術者、ボイラー技士などの資格が応募条件に入ってきます。

 

最後に1つ、食品工場で設備保全を転職先に選ぶメリットを紹介します。

それは、食品業界は比較的景気の変動が少ない、と言う点です。半導体みたいに景気変動が激しいと忙しい時期と極端に暇な時期が発生してどちらも苦労します。

 

食品業界にはそれがありません。むろん、多少の変動はありますが、季節的なものであったり新商品投入に伴うものであり、計画的に予め見通しが立っています。

 

 

産業用機器はフィールドエンジニアの求人が多い

福岡県では産業用機器のフィールドエンジニアの求人がかなり出ています。

例えば産業用ロボットや工作機械、半導体製造装置、搬送機器に検査機器などのメーカーが、自社製品をユーザーの元で導入、立上げ、メンテナンスを行うフィールドエンジニアを求めています。

 

この仕事はユーザーが福岡県内だけに限らず日本全国、場合によっては海外にも存在します。

従って勤務地として福岡を希望しても、他府県での勤務になったり将来は転勤なったりする可能性があります。

あなたは転職前にこの点をしっかり確認しておくことをお奨めします。

 

また、フィールドエンジニア以外に自社製品を製造する為の自社工場での設備保全求人もあります。ただ求人の件数としてはフィールドエンジニアの方が多いです。

 

つまり、それだけフィールドエンジニアの方が人材が不足している訳です。技術面に加えて営業的なセンス、スキルが必要とされるからです。

 

もしもあなたが営業のベテランキャリアがあって、設備のこともそこそこ分かる、と言う自信があればこの仕事はお奨めです。

 

それに求人が外資系企業であったり、ユーザーが海外の場合は当然英会話の能力が必要とされます。海外出張も発生します。

 

海外業務を含む求人は件数はそれほどありませんが、英語が得意なあなたは好条件が期待出来るので探してみるのもアリです。

 

フィールドエンジニアの求人に応募するのに、特別な専門資格を必要とするケースはほとんどありません。それよりも商品知識が重要であり、転職後にしっかり研修を受けることになります。

 

ただ、フィールドエンジニアではない自社工場の設備保全やユーティリティ保全の求人では資格を指定される場合があります。

どんな資格が必要となるか、自動車工場の場合とほぼ同じ事情なのでそちらの記事を参照下さい。

 

■産業用機器保全の予定年収はいかほど?

さて、産業用機器の保全求人は、8割ほどが経験者を募集しており、残り2割が未経験者も歓迎となっています。

当然経験者の方が条件は良くなりますが、ざっと平均でみると350万円~700万円辺りが目安となります。

 

かなり金額に幅がありますが、経験者と未経験者ではそのくらい成果に差が付くと言うことです。成果に見合った予定年収が設定されています。

 

 

プラントエンジニアの求人を探す

福岡県は北九州市を中心とする工業が盛んなエリアであり、日本の四大工業地帯の1つです。

いわゆる、北九州工業地帯というやつです。

 

そのため湾岸沿いに鉄鋼、石油、化学プラントがずらり並んでいます。

そうしたプラントから設備保全の求人が出ています。

 

もっとも、北九州工業地帯も近年ではかつてほどの工業出荷額はなく、一部の教科書では工業地帯とは呼ばずに工業地域と呼んでいるようです。

 

さて、福岡県内の求人を調べてみると、重化学工業のプラントと並んで環境プラントの求人も目立ちます。

例えばゴミ処理プラント、水処理プラントなどからの求人です。

 

こうしたプラントの設備保全では専門資格を応募条件にする求人が多いです。

特に需要が高いのは電気主任技術者、電気工事士、ボイラー技士、計装士、エネルギー管理士、機械保全技能士などの資格です。

 

更に資格と合わせて実務経験も必要とします。企業は何等かのプラント保全経験のあるエンジニアを求めています。未経験者が応募出来る求人はごくわずかしかありません。

 

また、プラントエンジニアの求人と言えば通常海外勤務を含むものが多いのですが、福岡県の求人ではあまり見かけません。

 

海外で働きたいことを理由にプラントエンジニアを目指すなら、かなり広範囲に求人情報を集めないと選択肢が少ないです。

 

■プラント保全の予定年収はいかほど?

一般にプラントエンジニアの年収はけっこう高額なのですが、保全業務だけに限定するとそう高くもありません。

他の業種とほぼ同じレベルであり、300万円~700万円といったところです。

 

プラントエンジニアの転職については、こちらの記事に詳しく説明しているので参照して下さい。何よりスケールのでっかい仕事に就きたいと思うあなたにお奨めの仕事です。

 

『プラントエンジニアの求人・転職は化学・石油・電力・環境が活況』

 

 

エンジニア派遣企業からの求人を探す

今まで説明した求人は工場からの求人でしたが、そうした工場へエンジニアを派遣する企業からも求人が出ています。

一般的な作業員を派遣する会社とは違って、エンジニア派遣に特化した派遣会社です。

 

派遣先の工場は自動車、半導体、産業機器など色々です。保全内容も機械系、電気系、エネルギー管理などこれも様々です。

 

私が勤務していた半導体工場でも電気系の派遣エンジニアを数名採用していました。

彼らは正社員と同等、あるいはそれ以上の知識とスキルを持った優秀なエンジニアでした。

 

この仕事にはメリット、デメリット両方ありますが、比較的未経験者でも採用される可能性が高いです。

転職後に採用企業による教育や、派遣先の研修が行われます。

 

もしもあなたが未経験者なら、まずは派遣社員で保全スキルを身に着け、将来は正社員を目指すと言う道もアリです。

 

詳しくはこちらの記事をお読み下さい。

 

『派遣社員のメリット・デメリット』

『設備保全で派遣社員から正社員を目指す時の注意点』

 

 

■エンジニア派遣の予定年収はいかほど?

平均的な予定年収をみると、300万円~600万円といった辺りが目安となります。

飛びぬけて高額な年収もありませんが、まぁ、そこそこの年収は確保できる、と言った感じです。

 

一般的には派遣先の評価があなたの収入に反映されます。顧客から高い評価を得れば時給もアップし、結果的に派遣会社からの給料も増えます。

 

ただ、派遣社員であるがゆえに契約がいつまで継続出来るかは相手次第です。同じ工場、同じ職場で長期間に渡って経験を積むのは難しいです。

やはり安定した収入を得るには資格やキャリア、何より保全スキルのレベルがものを言います。

 

福岡県の設備保全|お奨めの転職会社6選

福岡県で設備保全、メンテナンスの求人が探せる転職会社を6社厳選で紹介します。

どのサイトも利用は完全無料です。あなたに一切の費用負担は発生しません。転職が決まったら採用企業が転職会社に紹介料手数料を支払うシステムです。

 

それぞれの転職会社にはその会社だけの独自案件があり、他社にはない好条件を用意しています。従ってぜひ3社、4社の併用をお奨めします。

 

転職のプロである転職エージェント、キャリアアドバイザーがあなたのキャリアに最適な求人を探してくれます。

本文の中で何度も説明しましたが、あなたのキャリアを高く評価してくれる企業を見つけることが転職成功の最大のカギとなります。

 

業界情報、企業情報に精通した彼らのサポートが完全無料なのですから、このサービスを利用しない手はありません。

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント

●福岡県の工場設備保全、メンテナンスの求人が一番多い転職会社です。550件ほどあります。

ただし、独自案件、好条件の求人は非公開に多いので、ぜひ会員登録して非公開案件からも求人情報を入手して下さい。

●求人企業としては自動車、産業機械関連が多く、設備保全以外に生産技術の求人が多数出ています。

●大企業だけでなく、中小企業からの求人や未経験者でも応募出来る求人も一定の割合あって、選択肢の幅が広い転職会社です。

●未経験者歓迎の求人も他社よりは多く、あまり経験が豊富でない人にはお奨めの転職サイトです。

●海外業務を含む求人、英語を活かせる求人も他社に比べて多く出ています。

 

*無料登録 リクルートエージェントで求人を探す

 

 

マイナビエージェント

マイナビエージェントものづくり

●福岡の設備保全求人が100件ほどあります。本来、関東、関西に強い転職会社ですが、福岡にはそこそこ求人があります。好条件が多いので登録しておきたいサイトです。

●マイナビエージェントは厚生労働省から、「職業紹介優良事業者」に認定されています。

転職が初めてのあなたも安心してマイナビエージェントのサポートを利用することが出来ます。

●あなたのキャリアや資格が活かせる求人が多いです。逆に未経験者歓迎案件はほとんどありません。20代~30代をターゲットにした求人が中心です。

●なお、求人の8割近くが非公開案件なので、無料の会員登録をして非公開案件からも有力案件を入手して下さい。

●工場保全と並んでプラント保全も求人が多く出ています。フィールドエンジニアの求人が多いのも特徴の1つです。

 

*無料登録 マイナビエージェントで求人を探す

 

 

*DODA(デューダ)

DODA

●テレビCMでお馴染み、知名度抜群の転職サイトです。転職サポートの実績も十分です。

●福岡県の設備保全求人は100件ほど出ています。工場の保全としては自動車、機械部品、半導体、金属加工などから多くの求人が出ています。

●プラントエンジニア、ビルメンテの求人比率が高いのも福岡県の特徴です。

●他のサイトに比べて求人情報が詳しく、検索機能も大変優れて使い易くなっています。

 

*無料登録 dodaで求人を探す

 

 

 

*メイテックネクスト

メイテックネクスト

●元々製造系エンジニアに特化した転職サイトです。生産技術、設備保全の求人を探すのなら絶対のお奨め転職会社です。

ただ、福岡には求人がそう多くありません。他社との併用をお奨めします。

●モノづくり系エンジニアの転職支援実績ではNo1であり、技術に精通した専門のコンサルタントがあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

 

*無料登録 メイテックネクストで求人を探す

 

 

*パソナキャリア

パソナキャリア

●福岡の設備保全が100件ほどあります。設備保全、生産技術の求人を探すのにお奨めの転職サイトです。好条件の求人が多くあります。

●フィールドエンジニアとして医療機器、産業機器、半導体設備、工作機械などをメンテナンスする求人も多数出ています。

●オリコン顧客満足度調査の「転職エージェント部門」で 第1位、「ハイクラス、ミドルクラス転職部門」で第2位を獲得しています。転職後の収入アップ率は67.1%です。

 

*無料登録 パソナキャリアで設備保全の求人を探す

 

 

リクナビNEXT

リクナビNEXT

●未経験者でも応募可能な設備保全の求人が多数あります。正社員だけでなく、派遣社員の求人も掲載されています。

●転職者の約8割が利用している人気の転職サイトです。転職決定数もナンバーワンの実績です。

 

*無料登録 リクナビNEXTで求人を探す

 

ハローワーク

最後に福岡県でハローワークを利用して設備保全、メンテナンスの仕事を探す方法についても触れておきます。

求人を探す時期にもよりますが、50件~80件ほどの設備保全、メンテナンスの求人が出ています。中心は地元の中小企業です。

工場の設備保全からプラント保全まで様々な仕事があります。大手企業からの請負仕事が多いようです。

 

月給は16万円~35万円とかなり幅があります。最も求人が多いのは16万円~25万円辺りです。工場の設備保全、ビルメンテナンスなどが中心です。

プラントエンジニアの求人だと30万円超えの求人もありますが、件数はごく少ないです。

 

ハローワークの求人は設備保全に限らず地元企業が中心なので、どうしても大企業並みの給与や福利厚生は難しいようです。