エネルギー管理士とは、大量のエネルギーを使う工場で「省エネ」を監視推進する役割の人です。

「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」(通称「省エネ法」)によって、一定量以上のエネルギーを使用する工場ではエネルギー管理士の配置が義務付けられています。

つまり、エネルギー管理士は、「いたら便利」な存在ではなく、「必ずいなくてはならない」存在なのです。

そしてエネルギー管理士は国家資格であり、必置資格です。法的義務を負った工場では必須の資格となります。

 

では、エネルギー管理士の資格を所有していると設備保全の転職に有利なのでしょうか。これから資格を取得しようとすると、難易度はどの程度でしょうか。

そんなあなたの疑問にお答えしたいと思います。

エネルギー管理士の資格は設備保全の転職に有利か?

冒頭で説明したように、一定量以上のエネルギーを使用する工場ではエネルギー管理士の配置が省エネ法によって義務付けられています。

具体的には、年間のエネルギー使用量が原油換算で3,000kl以上だと第1種エネルギー管理指定工場、1,500kl以上~3,000kl未満だと第2種エネルギー管理指定工場に指定されます。

 

そして第1種指定工場の場合は1人~4人のエネルギー管理者を置くことが定められ、第2種指定工場の場合は1人のエネルギー管理員の設置が定められています。

(第1種指定工場も条件によってはエネルギー管理員1人の場合もあります。)

 

このエネルギー管理者の資格要件がエネルギー管理士であり、エネルギー管理員の資格要件はエネルギー管理士、またはエネルギー管理講習修了者となっています。

詳しくは資源エネルギー庁のホームページをご覧下さい。

 

私が調べたところ、現在第1種指定工場は全国に7,454ヶ所、第2種指定工場は7,180ヶ所あります。業界、業種に関係なく、これらの指定工場ではエネルギー管理士の需要がある訳です。

また、指定工場でなくても自社の省エネ対策に関心のある工場ではエネルギー管理士を置いて日々の生産活動の中で省エネ活動に取り組んでいます。

 

工場全体のユーティリテイ設備保全、あるいはプラント関連やビルメンテなどの職種では需要の高い資格です。

あなたがその方面のメンテナンスを仕事にしようと思うなら、エネルギー管理士は絶対お奨めの資格と言えます。

 

ただし、単にエネルギー管理士の資格を持っているだけではあまり転職に有利とは言えないかも知れません。

エネルギー管理士としてどれだけ省エネの実績を残してきたか、そこがアピールに重要です。また、電気主任技術者など他の資格も合わせ持っているとか、そうした付加価値が必要です。

 

エネルギー管理士の資格を活かした転職先を探すのは、こちらを参考にして下さい。

『エネルギー管理士の資格を活かした求人・転職の探し方』

 

ちなみに私が勤務していた半導体工場でもエネルギー管理士がいましたが、半ば外部委託みたいな形で契約していたようです。常勤ではありませんでした。(エネルギー管理士は外部に委託することも可能です。)

 

このようにいくつかの工場のエネルギー管理を請け負う形で独立した人もいますが、単にエネルギー管理士だけの受注だとビジネスとしては厳しいようです。

エネルギー管理士の他に電気主任技術者など複数の資格を持ち、受注の幅を広げることが独立成功の条件です。

 

エネルギー管理士検定の概要

項目 説明(概要)
資格名 エネルギー管理士
どんな資格か ・エネルギー管理士とは、省エネ法によって指定されたエネルギー管理指定工場において、エネルギーを使用する設備の維持やエネルギー使用方法の監視・改善を行う仕事です。

・エネルギー管理指定工場にはエネルギー管理士を置くことが省エネ法で義務付けられており、同資格は国家資格です。

・エネルギー管理士の資格取得には次の2通りの方法があります。
①一般財団法人省エネルギーセンターが行うエネルギー管理士試験に合格する方法

②同センターが行うエネルギー管理研修を受講し、修了する方法(ここでは省略します)

受験資格 ・特に受験資格を必要としません。誰でも受験可能です。

・ただし、試験に合格しても免状をもらうには実務経験の年数条件があります。

受験方法 ・願書受付 5月中旬~6月上旬

・試験 8月上旬

・試験場
札幌・仙台・東京・名古屋・富山・大阪・広島・高松・福岡・那覇

・受験料
17,000円

・マークシート方式の筆記試験です。必須基礎科目と専門科目があります。専門科目は熱分野と電気分野の2種類がありどちらかの選択となります。

合格率
(2016年)
・20.1%
受験者数 10,468人 合格者数 2,108人
設備保全の転職
に有利か
・平成25年の時点でエネルギー管理士を必要とする指定工場は全国に7,380ヶ所もあります。直接的な設備保全業務とは違うかも知れませんが需要の高い資格であり転職に有利な資格と言えます。

 

エネルギー管理士検定の追加情報

◇エネルギー管理士検定の受験資格

エネルギー管理士検定に特別な受験資格はありません。誰でも受験することが出来ます。

ただし、検定試験に合格しても所定の実務経験がないと免状がもらえません。要はペーパーテストだけの知識では免状はもらえないという事です。

免状の申請については資源エネルギー庁のホームページを参照ください。

『エネルギー管理士免状の交付に関するご案内』

 

◇エネルギー管理士検定にはどんな問題が出るの?

エネルギー管理士検定の出題は必須基礎科目と選択専門科目に分かれています。

●必須基礎科目

・エネルギー総合管理及び法規(80分)

●選択専門課目

熱分野と電気分野のどちらか選択です。

【熱分野】

・燃料と燃焼(80分)

・熱利用設備及びその管理 (110分)

・熱と流体の流れの基礎  (110分)

 

【電気分野】

・電気の基礎(80分)

・電気設備及び機器  (110分)

・電力応用  (110分)

選択科目をどちらで受験しても合格してもらう免状は同じエネルギー管理士の免状です。区別はありません。

過去の問題と正解についてはこちらのサイトで見ることが出来ます。参考にしてください。

『過去の試験問題』

 

◇エネルギー管理士検定の難易度(合格率)

エネルギー管理士検定の合格率は以下の通りです。

年度 受験者 合格者 合格率
 平成25年  11,102人  3,094人  27.9%
 平成26年  10,613人  2,280人  21.5%
 平成27年  10,537人  2,454人  23.3%
 平成28年  10,468人  2,108人  20.1%

 

表からもお分かりのように合格率は20%ちょっとです。ペーパーテストのみですが過去問などを中心にしっかり準備しないと合格は難しそうです。

選択専門科目で熱分野と電気分野ではどちらが難易度が高いか、ネット上で体験記も載っています。しかし、これは試験を受けた人がどんなバックグランドを持っているかで当然優劣が変わります。あまり参考にならないかも。

 

省エネ3

 

まとめ

「設備保全」と言う仕事からするとエネルギー管理士はちょっと外れた資格にも思えますが、実際の求人情報を見ると「設備保全」の求人にエネルギー管理士の資格が度々登場します。

企業、工場によっては保全担当部署にエネルギー管理士まで含んでいるわけです。プラントエンジニア、ビルメンテ、大規模工場、施設の保全などから求人が出ています。

 

エネルギー管理士の資格を活かした転職先を探すのは、こちらを参考にして下さい。

『エネルギー管理士の資格を活かした求人・転職の探し方』

 

上の記事を読んでいる時間のないあなたは、直接下記転職サイトをご覧下さい。エネルギー管理士を含む設備保全、メンテナンスの求人が多い転職サイトです。

希望の求人が見つからなければ転職エージェント、アドバイザーに相談してみて下さい。非公開案件からも紹介してくれます。

 

エネルギー管理士のお奨め転職サイト7選

■メイテックネクスト

設備保全、メンテナンスの求人が780件以上(2019年3月。以下同じ)エンジニア職の転職では満足度No1。業界専門コンサルタントが「本当の転職」を提案してくれます。

■マイナビエージェント

設備保全の求人が900件以上。東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、兵庫、福岡で求人を探すあなたに絶対のお奨めサイト。

■DODA(デューダ)エージェントサービス

設備保全、メンテナンスの求人が3,000件以上。DODAは転職者満足度No1。転職支援実績・取り扱い求人数、共に国内最大級。

■リクルートエージェント

設備保全、メンテナンスの求人が10,000件以上。転職実績41万人以上、転職者の67.1%が収入アップ!

■パソナキャリア

設備保全、メンテナンスの求人が1,800件以上。オリコン顧客満足度ランキングの転職エージェント部門で第1位。

■CAREERCARVER

設備保全、メンテナンスの求人が3,000件以上。ハイクラス限定のヘッドハンティングサイト。高額年収希望のあなたに絶対のお奨めです。