公害防止管理者とは、、特定の工場で大気汚染、水質汚濁、騒音、振動等の公害を防止するため、必要な技術的事項を管理する技術者です。

この資格は『特定工場における公害防止組織の整備に関する法律』と言う法律によって生まれました。昭和46年のことです。

公害防止管理者は国家資格であり、条件を満たす特定工場については設置が義務付けられた、必置資格でもあります。

 

では、公害防止管理者の資格はどうやれば取得出来るのか、またこの資格を持っていれば就職や転職に有利なのか、私の調べたことをあなたにお伝えします。

 

工場からの公害を未然に防ぐ
工場からの公害を未然に防ぐ

 

公害防止管理者の概要

項目 説明(概要)
資格名 公害防止管理者
どんな資格か ・国家資格であり、対象となる特定工場においては必置資格となります。特定工場は業種と設置施設の種類によって指定されます。

・資格は13種類の区分に分かれています。大気関係(1種~4種)、水質関係(1種~4種)、騒音・振動関係、粉じん関係(特定・一般)、ダイオキシン類関係、主任管理者の合計13区分です。

・受検者が多いのは大気関係第1種、水質関係第1種、水質関係第4種の3区分です。(受検者全体の2/3)合格率は30%弱です。

・公害防止管理者募集の求人はそれほど多くありません。大手転職サイトで、全国規模で80件~120件程度の求人数。

受験資格 年齢、学歴、実務経験など不問。誰でも受験可能です。
受験方法 ・資格取得には試験を受けて合格する方法と、認定講習を受けて修了試験に合格する方法の2通りがあります。

・試験は年1回(10月)で全国主要9都市で実施されます。講習は12月~3月に主要8都市で開催されます。試験も講習も全13区分あります。

・受検者の負担軽減制度として、条件付きの科目免除、聴講免除が可能です。
受験・受講費用
・公害防止管理者等国家試験
¥8,700(大気1種・3種、水質1種・3種、ダイオキシン、公害防止主任管理者)
¥8,200(大気2種・4種、水質2種・4種、騒音・振動、粉じん)

・公害防止管理者等資格認定講習
(社)産業環境管理協会(社)日本舶用工業会(社)日本砕石協会の3法人が認定法人として講習、認定を行っています。費用は講習区分によってそれぞれ異なります。詳細は各認定法人ホームページでご覧下さい。
設備保全の転職
に有利か
・資格単独での需要はそれほど大きくありません。他の資格やキャリアと組み合わせてメリットありです。

 

公害防止管理者の追加情報

*対象となる工場

どんな工場でも公害防止管理者の設置が必要になる訳ではありません。下記の条件を満たす特定工場が対象になります。

あなたの勤務している工場、転職を目指す工場が特定工場の対象かどうかチェックして下さい。

特定工場の指定は業種と設置施設の種類によります。

●業種

1.製造業(物品の加工業を含む)

2.電気供給業

3.ガス供給業

4.熱供給業

4番目の熱供給事業って、あまり聞きなれませんよね。これは事業者が登録制でエネルギー源としての冷水、温水、蒸気を利用者に導管で供給する事業です。

詳しく知りたいあなたは、『一般社団法人日本熱供給事業協会』のホームページをご覧下さい。

 

●設置設備

1.ばい煙発生施設

2.特定粉じん発生施設

3.一般粉じん発生施設

4.汚水等排出施設

5.騒音発生施設

6.振動発生施設

7.ダイオキシン類発生施設

 

上記7種類の施設について、『特定工場における公害防止組織の整備に関する法律』によって定められた規格、条件に当てはまる工場が特定工場となります。

 

*資格の区分による難易度

公害防止管理者には次の13区分があります。平成30年における受験人数と合格者、合格率を紹介しておきます。

■平成30年度 試験区分別受験者数・合格者数・合格率

区分 受験者 合格者
大気関係第1種 4,938 1,618 (32.8%)
大気関係第2種 210 52 (24.8%)
大気関係第3種 981 259 (26.4%)
大気関係第4種 1,354 328 (24.2%)
水質関係第1種 7,749 2,010 (25.9%)
水質関係第2種 1,264 154 (12.2%)
水質関係第3種 668 210 (31.4%)
水質関係第4種 2,643 603 (22.8%)
騒音・振動関係 1,496 335 (22.4%)
特定粉じん関係 260 119 (45.8%)
一般粉じん関係 303 88 (29.0%)
ダイオキシン類関係 792 389 (49.1%)
主任管理者 83 18 (21.7%)
合計 22,741 6,183 (27.2%)

 

上の表のように全体の合格率が27.2%とかなり難しいように見えます。確かに受験科目が多くてかつ60%以上の正解が必要です。(受験科目は区分によって違います)

しかし、過去問をご覧頂くと分かりますが、特別難問と言えるような出題はありません。要するに覚える事が多いだけで、コツコツ勉強すれば合格出来ます。

過去問はこちら『国家試験の問題と正解』

 

なお、合格した科目については次回免除になる制度があります。詳しくはこちらをご覧下さい。『公害防止管理者等の資格に係る国家試験制度について』

 

公害防止管理者は設備保全の転職に有利か?

冒頭にも書いたように、公害防止管理者は国家資格であり、特定工場においては必置資格です。かなり需要がありそうに思うのですが、転職市場ではそうでもありません。

私が調べた大手転職サイトの「公害防止管理者」求人件数を紹介しましょう。

 

■転職サイト別 公害防止管理者求人件数

転職サイト 求人件数
DODA 84 件
リクルートエージェント 79 件
マイナビエージェント 42 件
キャリコネ 125 件
キャリアカーバー 80 件

2019年2月調査。DODAは公開案件のみ。

 

大手転職サイト5社の求人件数は上記の通りです。マイナビエージェントは42件と少ないのですが、元々関東エリアに強いサイトなので、関東を勤務地希望のあなたにお奨めです。

他の4サイトも関東、関西に求人が多くなっており、地方の求人は少ないです。

 

同じ国家資格、必置資格でも電気主任技術者は転職市場でも非常に需要が大きく、どの転職サイトでも500件~1000件以上求人があります。

それに比べると公害防止管理者の求人は少ないです。

これは資格取得の難易度がまるで違うからです。公害防止管理者はわざわざ外部から中途で採用しなくても、社内の人間に受験させて有資格者にする例が多いのです。

 

従って、公害防止管理者の資格を持ってるだけではそれほど転職に有利とは言えません。

ただ、電気主任技術者、エネルギー管理士、電気工事施工管理技士などの資格を合わせ持っているとそれぞれの資格を活かした転職には有利だと言えます。

 

また、新卒の学生が環境関連の企業やゼネコンなどに就職希望なら、在学中に公害防止管理者の資格を取得しておくことは有利だと言えます。

公害防止管理者は年齢、学歴、実務経験不問です。在学中であっても資格取得は可能です。

 

次に公害防止管理者は具体的にどんな業務での求人が多いのか、DODAの最新情報からご紹介します。

・環境保全・労働安全衛生・保安防災・品質関連・健康管理

・工場建設や施設管理、環境保全や安全衛生など

・生産技術改善、生産技術開発、プロセス開発、製造管理

・水処理施設における運転管理・保守管理業務

・ビル・病院・商業施設などの設備に関する保守・修繕 他

・自治体や民間企業の保有する水処理プラントの運転管理および保全業務

・大規模施設の保守・メンテナンス

・水道施設および管路の、施工監督補助業務

・バイオマスを原料とした水環境浄化材の開発および評価

・半導体工場におけるユーティリティー設備の技術担当

・水処理装置の納入及びメンテナンス業務

・公共インフラ工事に伴う騒音・振動に関する調査、解析、改善業務

・廃棄物処理工場の業務管理者

・バイオマス混焼石炭火力発電所の運転または保全業務に関する業務

・環境測定、データ解析、技術営業、ソリューション型の環境コンサルティング業務

・工場環境事務局及び施設管理

・原子力発電所の総合職

・プラントエンジニア(計装電気)

 

このように、特定工場のユーティリティ部門の求人であったり、プラントエンジニアの求人、あるいは水処理施設の管理、保全者、火力発電所、原子力発電所からの求人もあります。

また、保守、保全、管理業務と言うより工事現場の騒音、振動対策の求人もあります。

 

なお、転職先を探すなら定番のハローワークですが、公害防止管理者の求人についてはほとんどありません。

東京都で探してみてもわずか3件です。ハローワークには地元の中小企業からの求人が多いので、公害防止管理者が必要になるような特定工場はほとんどないのです。

 

公害防止管理者の年収はいかほどか?

「公害防止管理者」と言うキーワードで見つかる求人について、その年収を調べてみました。大手転職サイトDODA、リクルートエージェントの2社の例を紹介します。

それぞれの年収分布は以下の通りです。

 

■DODAとリクルートエージェントの年収分布

年収 DODA リクルートエージェント
全求人 84件 (100%) 79件 (100%)
300万円以上 84件 (100%) 77件 (97.5%)
400万円以上 81件 (96.4%) 77件 (97.5%)
500万円以上 75件 (89.3%) 62件 (78.5%)
600万円以上 64件 (76.2%) 49件 (62.0%)
700万円以上 44件 (52.4%) 40件 (50.6%)
800万円以上 36件 (42.9%) 13件 (16.5%)
900万円以上 23件 (27.4%) 3件 (3.8%)
1000万円以上 7件 (8.3%) 3件 (3.8%)

2019年2月調査。DODAは公開案件のみ。

 

DODAもリクルートエージェントも年収分布は高額レベルが多いです。DODAでは76%が年収600万円以上、リクルートエージェントでも62%が600万円以上です。

ただし、ここで言う年収600万円以上は、「400万円~700万円」みたいな求人も含みます。必ず600万円以上を保証するものではありません。

 

それにしても高額年収の求人が多いですね。しかもDODAは公開案件のみのデータです。他にも非公開案件があります。

一般に高額年収の求人ほど非公開になります。応募者が殺到するため、応募段階からフィルターをかけているのです。

あなたもぜひ、DODAエージェントサービスに登録して非公開案件からも有力情報を入手して下さい。登録は無料です。

DODAに限らず、公害防止管理者と言うキーワードの求人は件数こそ少ないですが、年収はけっこう高いものがあります。

 

公害防止管理者の求人が多い転職サイト5選

最後に、公害防止管理者の求人件数が多く、かつ好条件も多い転職サイトを5サイト紹介しておきます。

*DODA(デューダ)

公害防止管理者の求人が84件ありました。(2019年2月。以下同じ)

多くの転職成功者が「最初に登録すべき鉄板サイト」と高く評価しています。求人件数、転職成功実績は業界トップクラスです。

公式サイトが検索機能に優れ使い易く、しかも求人情報がどこより詳しく書かれています。

*リクルートエージェント

公害防止管理者の求人が79件ありました。

2019年オリコン顧客満足度調査の転職エージェント部門で 第2位、ハイクラス、ミドルクラス転職部門で第3位を獲得しています。利用者の67.1%が収入アップ。独自案件も多い転職サイトです。

*マイナビエージェント

公害防止管理者の求人が42件ありました。

関東エリアに強い求人サイトです。資格やキャリアを活かしてキャリアアップを実現できる求人が多数あります。

*キャリコネ

公害防止管理者の求人が125件ありました。今回の調査では求人件数最多です。

会員登録すると60万社以上の口コミ情報を読むことが出来ます。広報を通さない、生の声が分かります。中には給与明細まで登場してきます。むろん、公害防止管理者の求人企業も多数口コミが寄せられています。

*キャリアカーバー(CAREERCARVER)

公害防止管理者の求人が80件ありました。

ズバリ、最低でも年収を600万円以上にしたいあなたにお奨めのヘッドハンティングサイトです。求人は全てハイクラス限定であり、あなたのキャリアが最大限活かせる転職サイトです。

 

まとめ

公害防止管理者の資格がどんなものか、取得方法、難易度を紹介しました。また、この資格を持っていることで転職が有利になるのか、年収はどのくらいが期待できるのか、大手の転職サイトから情報を集めてみました。

 

繰り返しになりますが、単に公害防止管理者の資格だけでそれほど転職に有利になることはなさそうです。

しかし、プラントエンジニアや工場ユーティリティ保全の仕事、エネルギー、環境関係の仕事を目指すなら取得しておいて損のない資格です。

むろん、あなたの目指す勤務先が特定工場の要件を満たすことが前提条件です。

 

また、この資格の他に電気主任技術者、電気工事施工管理技士などの資格を合わせて持っていると断然転職には有利となります。

それに資格を使った実務経験も必要です。多くの求人では実務経験3年から5年以上を必須、あるいは歓迎条件に指定しています。

 

あなたが公害防止管理者の資格やキャリアを活かした転職先を見つける、一番効率的かつ効果的な方法は各転職サイトのエージェント、アドバイザーに相談することです。

業界情報、企業情報に精通した転職のプロがあなたの転職をサポートしてくれます。どのサイトも会員登録は無料です。

ぜひ、公害防止管理者の資格とキャリアを活かした転職を成功させて下さい。