危険物取扱者は文字通り、「危険物」を扱う為に必要な資格です。では、「危険物」とは何でしょうか?

この記事では危険物取扱者の概要と、この資格が転職に際して役立つ資格なのかどうか、そんなあなたの疑問にお答えしたいと思います。

 

危険物ってなに?

そもそも危険物って何でしょうか?文字通り、危険な物?

危険物取扱者の資格における危険物とは、一般に私たちが何となく危険だとイメージしているようなあいまいなものではなく消防法によって具体的に特定されています。

 

消防法

 

簡単に言えば、

「燃えやすいもの・火災の原因になりやすいもの」

です。

ガソリン、石油などは一番分かり易いですね。これらは可燃物と呼ばれます。

あるいは、それ自体は燃えなくても、他の物質を燃えやすくさせる性質のある化合物も危険物に含まれます。こうした性質のある物質を支燃物(しねんぶつ)と呼びます。

 

ただ、消防法で定められた危険物は液体と固体のみで、気体は含みません。プロパンガスやアセチレンガスなどは火災の原因になりますが、消防法とは違う別の法規制によって安全性を確保することが義務付けられています。

 

私は半導体工場に勤務していましたが、設備保全担当者の中に乙種第4類危険物取扱者の資格を持つものが数名いました。私の記憶でハッキリしているのが3名、他にも何人かいたと思います。

では、危険物取扱者の資格は設備保全の転職に有利なのでしょうか?

 

危険物取扱者の資格は設備保全の転職に有利か?

危険物を扱う現場ではこの資格がないと仕事が出来ません。それゆえ、非常に需要の高い資格となっています。国家資格です。

化学プラント、石油関連施設などの他、ビルメンテや各種大型工場にも需要があります。実際、半導体工場、精密機械工場、自動車工場などの設備保全求人で危険物取扱者の資格が歓迎条件になった案件が多数出ています。

 

火気厳禁

 

こうした求人では資格を持っていると有利ですし、中には資格がないと応募出来ない案件もあります。

私が勤務していた半導体工場でも潤滑油や洗浄剤の一部が危険物に該当し、けっこうな量の在庫を抱えていました。そのため、乙種第4類危険物取扱者の資格を持つ者が数名いました。

 

設備保全のメンバーの中にも資格保有者がいたし、工場全体のユーティリティー担当部署にもいました。ある規模以上の工場なら必ず需要のある資格だと思います。

 

従って、危険物取扱者は保全担当者としては取得しておいて損のない資格と言えます。むろん、乙種第4類が絶対のオススメです。

後で説明しますが、至難と言うほど難易度も高くありません。しっかり勉強して臨めば合格出来ます。

 

ただし、あなたがこの資格を持っているだけで設備保全の転職に際して断然有利、強味を発揮する、といったものではありません。

危険物の管理だけを専業で行う設備保全など、まずありません。設備保全一般のスキル、知識があって、その上で危険物取扱者の資格を持っていれば、プラスアルファの部分で強味を発揮すると思います。

 

資格をとる

 

危険物取扱者の資格で求人が多い転職サイト

設備保全の仕事に限らず、製造でも生産技術でも、危険物取扱者を必要とします。従って工場の仕事に関する求人では、危険物取扱者の資格が歓迎条件に指定されています。

そこで大手の転職サイトで、「危険物取扱者」をキーワードに求人検索してみると表1のような結果でした。

 

■危険物取扱者の求人が多い転職サイト(表1)

転職サイト 求人件数
リクルートエージェント 363
キャリコネ 355
DODA 232
キャリアカーバー 114
マイナビエージェント 65

注)2018年8月調査。各サイトのキーワード検索機能で求人検索。

 

表1のように、危険物取扱者で求人検索をするとリクルートエージェント、キャリコネ、DODAなどで多数の求人が見つかりました。

これにあなたの希望する勤務地をプラスして検索すれば、具体的にどんな仕事で危険物取扱者を求人しているのか分かります。

 

■危険物取扱者の求人が多い転職サイト

*リクルートエージェント

*キャリコネ

*DODAエージェントサービス

*CAREERCARVER

*マイナビエージェント

 

先ほども説明したように、危険物取扱者の資格だけで転職が有利になることはそう多くありません。各転職サイトのエージェントにあなたのキャリア、実績も伝えて資格を活かせる求人をマッチングしてもらいましょう。

どの転職サイトもサービス利用は無料なので、ぜひ試してみて下さい。

 

危険物取扱者検定の概要

項目 説明(概要)
資格名  危険物取扱者
どんな資格か ・国家資格です。

・危険物取扱者は、危険物の性質や法令、消火方法などについての専門知識を備え、災害を未然に防ぐ。

・危険物取扱者は取り扱いが許される危険物の種類によって、甲種、乙種、丙種の3種類に分かれる。

・甲種は全ての危険物を取り扱うことが出来る。

・乙種は第1類から第6類まである。最も需要が高いのは第4類であり、受験者数も多い。

・丙種は乙種第4類の細分類であり、ガソリン・軽油・灯油・重油などが対象となる。

受験資格 ・甲種のみ受験に資格が必要です。(本文参照)

・乙種、丙種には特別な受験資格はなく、誰でも受験することが可能です。

受験方法 ・受験申請
消防試験研究センター各道府県支部(東京都は消防試験研究センター中央試験センター)

・受験日
各都道府県によって異なります。凡そ1年に2回~6回程度。県外受験も可能。

・受験手数料
甲種 ¥5,000
乙種 ¥3,400
丙種 ¥2,700
合格率
(2017年)
・甲種 37.4%

・乙種
1類 68.3%
2類 70.6%
3類 69.3%
4類 34.6%
5類 69.4%
6類 63.3%

・丙種 50.8%

設備保全の転職
に有利か
・化学プラント、石油関連施設など危険物を扱う現場での保全には必須の資格です。

・ビルメンテや半導体工場、精密機械工場などでも必要になることがあります。

 

危険物取扱者検定の追加情報

◇乙種危険物の分類

第1類:酸化性固体
第2類:可燃性固体
第3類:自然発火性物質及び禁水性物質
第4類:引火性液体
第5類:自己反応性物質
第6類: 酸化性液体

 

◇危険物取扱者検定の受験資格

●甲種

・大学等において化学に関する学科等を修めて卒業した者

・大学等において化学に関する授業科目を15単位以上修得した者

・乙種危険物取扱者免状を有する者

・修士・博士の学位を有する者

 

●乙種、丙種には受験制限はありません。誰でも受験可能です。

 

◇危険物取扱者検定にはどんな問題が出るの?

●甲種(150分)5肢択一

・危険物に関する法令 15問
・物理学及び化学 10問
・危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法 20問

●乙種(120分)5肢択一

・危険物に関する法令 15問
・基礎的な物理及び基礎的な化学 10問
・危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法 10問

 

●丙種(75分)4肢択一

・危険物に関する法令 10問
・燃焼及び消火に関する基礎知識 5問
・危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法 10問

 

各科目とも、60%以上の正解で合格となります。

 

◇危険物取扱者検定の難易度(合格率)

先の表の中で合格率を示していますが、甲種、及び乙種第4類の合格率がどちらも40%以下となっています。

甲種が難関なのは試験が広範囲に及び当然かと思います。

 

乙種第4類の合格率が低いのは、他の類と比べて特別難しいからではありません。第4類は最も需要が高いので受験者数が多く、かつ最初に受験する人が多いせいです。

他の類は第4類を合格してから受験する人が多く、その為合格率が高くなっている側面があるようです。

ちなみに、第4類を除く乙種の受験者数は各類とも1万人~2万人なのに対し、第4類だけは20万人を超えています。(2017年実績)

 

危険物取扱者については需要の高い資格なので、受験用の参考書、問題集、通信教育にスクーリングと、勉強方法も豊富に選択できます。

ただし、危険物取扱者の過去問は一部のみしか公開されていません。

■過去問集

 

ネットで探すと高校生でも乙種第4類に合格した人がいます。2012年には8歳(小学校3年生)の女の子が独学で乙種の全6種に合格して話題となりました。

あなたもしっかり勉強すれば合格出来ると思います。

 

まとめ

危険物取扱者の資格がどんなものか、資格を持っていると転職に有利なのか、お分かり頂けたでしょうか。

危険物取扱者は工場には必ず必要な資格です。しかし、私の感覚ではあまりに身近過ぎてありがたみの少ない資格、そんな気がします。

 

危険物取扱者の資格は設備保全をはじめ、製造でも生産技術でも取得しておいて損のない資格には間違いありません。

れっきとした国家資格であり、必置資格でもあります。ぜひ資格取得に挑戦して下さい。

 

最後に危険物取扱者の求人が多い転職サイトを紹介しておきます。いずれの転職サイトにも好条件の求人が多数あります。

 

お奨め転職サイト6選

■DODA(デューダ)エージェントサービス

・DODAは転職者満足度No1。転職支援実績・取り扱い求人数、共に国内最大級。設備保全、メンテナンスの求人は公開案件だけで2,600件ありました。(2019年1月。以下同じ)

■マイナビエージェント

・関東・関西・東海地方の求人多数。エンジニアの高収入案件多い。設備保全、メンテナンスの求人は899件ありました。

■パソナキャリア

・パソナキャリアは転職者25万人と、企業16,000社の実績あり。設備保全、メンテナンスの求人件数は1,788件(公開案件のみの件数)でした。2019年1月のオリコン顧客満足度ランキングで転職エージェント部門で第1位。

■CAREERCARVER

・年収600万円以上の求人数6,000件以上。ハイクラス限定の転職サイト。機械保全技能士のキャリアで高収入を希望するあなたにお奨め。設備保全、メンテナンスの求人は991件でした。

■リクルートエージェント

・転職実績41万人以上、転職者の67.1%が収入アップ!設備保全、メンテナンスの求人は9,894件ありました。2019年1月のオリコン顧客満足度ランキングで転職エージェント部門で第2位、ハイクラス・ミドルクラス転職部門で第3位。

■キャリコネ

・無料の会員登録をすると10万社以上の生の口コミ情報が見れます。あなたの希望企業の情報も分かるはず。給与明細から面接対策まで、リアルな情報をご覧下さい。設備保全、メンテナンスの求人は2,552件ありました。