あなたが機械保全技能士の資格を持っていて、いざその資格を活かして転職しようとすると、これがなかなか思うようにいかないことがあります。

 

なぜなら、機械保全技能士は他の技術系の資格に比べて圧倒的に求人件数が少ないからです。その為、あなたが希望する求人はそう簡単には見つかりません。

 

では、あなたの転職を成功させるにはどうすればいいのか?

 

その答は、機械保全技能士と言う資格で求人を探すのではなく、機械保全技能士の能力で求人を探すことです。そうすれば多くの求人が見つかり、転職のチャンスも増えます。

以下、本文にて詳しく解説します。

 

 

こんなに機械保全技能士の求人は少ない!

機械保全技能士はれっきとした国家資格であり、難易度も3級はともかく2級より上はかなり難しいです。従って機械保全技能士の2級より上を持っている人はそうそういません。

 

例えば平成30年度の実績を見ると、機械保全技能士検定を受検した人の総数は34,066人でした。

そのうち2級以上に合格した人は5,680人だけでした。(『平成30年度 機械保全技能検定試験結果情報』

 

しかも学科、実技、両方を受検した人では1級の合格率が12.4%、2級の合格率は18.0%だったのです。このように機械保全技能士はそう簡単に取得出来る資格ではありません。

 

そんなに難しい資格なら、当然転職にも役に立つだろうと思いたいところですが、現実は全く違います。

 

まずはいかに機械保全技能士と言う資格に求人が少ないか、そのデータからご覧頂きましょう。現状認識を正確にして頂く為です。

 

他の資格との求人件数を比較する

まず、求人ボックスと言う転職会社のデータをご覧いただきます。

求人ボックスはdodaやマイナビ転職など、複数の転職会社の求人情報を集めて掲載するサイトです。

従ってより多くのデータから現状認識を行うことが出来ます。

 

その求人ボックスで、機械保全技能士と電気主任技術者、電気工事士の求人を検索して比較したのが下の図です。検索範囲は全国、時期は2020年4月です。

 

求人数比較

 

いかがでしょう。いかに機械保全技能士の求人が少ないかお分かり頂けると思います。電気工事士の1/42、電気主任技術者の1/14しか求人がありません。

 

上図では求人ボックスのデータを紹介しましたが、マイナビエージェント、リクルートエージェントなど、お馴染みの転職会社で調べてもほぼ同じ傾向です。

 

機械保全技能士の求人は他の技術系の資格に比べて求人件数が極めて少ないのです。

 

機械保全技能士の需要はたったの4.5%

もう1つ、機械保全技能士の求人がいかに少ないかデータをご覧頂きます。

先ほどと同じく求人ボックスからのデータです。

 

設備保全の求人の中で、機械保全技能士を必須、または歓迎条件に指定した求人がどのくらい存在するかを調べたデータです。

言わば、設備保全における機械保全技能士の需要を調べたデータと言えます。調査範囲は全国、調査時期は2020年4月です。

 

さて、機械保全技能士の需要はどの程度でしょうか。

 

機械保全技能士の需要

上図の通りの結果となりました。

設備保全の全求人件数が17,552件あり、そのうち機械保全技能士の資格を必須、歓迎する求人は794件でした。これは全体の4.5%に過ぎません。

 

つまり、設備保全における機械保全技能士の需要はわずか4.5%と言う訳です。

 

 

名称独占資格・必置資格・業務独占資格

では、どうして機械保全技能士の資格は電気主任技術者や電気工事士と比べて求人件数が少ないのでしょうか。それも圧倒的な大差がつくのでしょうか。

 

それは同じ国家資格でありながら、資格の性格が全然違うからです。

 

●機械保全技能士=名称独占資格

かってに資格名称を名乗ることが法律で禁止されている資格です。分かりやすく言うと、資格の肩書を勝手に使うことは許されない、と言うことです。

ただし、この資格がないと業務が出来ないと言うしばりはありません。

機械保全技能士、自主保全士、電子機器組立て技能士、半導体製品製造技能士などが該当します。

 

●電気主任技術者=必置資格

ある事業や業務を行う際にその企業や事業所に資格保持者を最低一人、必ず置かなければならないと法律で定められている資格を言います。

電気主任技術者やエネルギー管理士、危険物取扱者などが必置資格に該当します。

 

●電気工事士=業務独占資格

ある業務を行うのに、安全管理、衛生管理などの観点から資格保有者のみがその業務を行うことが出来ると法に定められている場合、その資格を業務独占資格と言います。

電気工事士やボイラー技士、ガス溶接技能者などが業務独占資格に該当します。

 

資格の効力比較

 

繰り返しになりますが、高圧施設の保全を担当する人や、電気工事を行う人はどんなに実力があっても、知識が豊富でも、電気主任技術者や電気工事士の資格を持っていないと作業が出来ません。

その意味では資格そのものにも需要があるのです。

 

一方、機械保全技能士の場合は特にその資格がないと法的に保全業務が出来ないということがありません。保全エンジニアに能力さえあれば資格がなくても企業としては全然困らないのです。

これが機械保全技能士の需要の低い理由です。

 

必置資格、業務独占資格、名称独占資格についてはこちらの記事をご覧下さい。

『設備保全の求人・転職に役立つ資格の取り方と活かし方』

 

 

機械保全技能士と言う資格より能力で求人を探す!

ここまで散々、機械保全技能士の資格で求人を探しても見つかりにくい、と言うお話をしてきました。

では、機械保全技能士の資格は全く転職の役には立たないのでしょうか?

いいえ、決してそんなことはありません。

ここからはあなたが転職するときに、どうすれば機械保全技能士の資格を活かせるか、と言うお話をしていきます。

 

機械保全技能士の求人例から分かること

まず、件数は少ないながらも機械保全技能士と言う資格を応募条件に指定した求人が、どんな仕事で募集しているのか見てみましょう。

 

以下は応募条件に機械保全技能士の資格を必須、または歓迎に指定した求人例です。

 

●新規生産技術部門立上げに伴う管理職候補

予定年収 600万円~900万円

 

●既存工程の改善に伴う設備開発、工法検討、仕様化、設備メーカーとの折衝・管理、設備立ち上げなどのマネジメント業務

予定年収 800万円~950万円

 

●既存生産設備のシステム改良及び新規設備の導入

予定年収 400万円~600万円

 

●機械系の生産工程の効率化・改善等

予定年収 420万円~550万円

 

●化学プラントの機械の設備の管理・メンテナンスを通し、化学製品の安全・安定生産、生産性維持向上を担う仕事。

予定年収 400万円~700万円

 

●保全エンジニアとして、射出成型機の整備や金型の整備など、各種生産設備に対する保全、設備導入・改善活動を行う。

予定年収 350万円~450万円

 

●技術マネージャーとして、工場の設備改善・保全・TPM等の種々改善活動を指導し、現場担当者と共に課題解決を行う。

予定年収 400万円~900万円

 

●保全技能の講師として、グループ内各社の製造、技術系社員を対象に、技能・技術教育を実施する。

予定年収 300万円~560万円

 

以上はごく一部の実例です。

 

他にも100件ほど調査して分かったことは、機械保全技能士は主に次の3つの仕事に対して求人が出ていると言うことです。

 

●新規設備の導入・立上げ・メンテナンスの構築と実施

●既存設備の改善・改造(生産性向上・品質向上・歩留まり向上など)

●技術部門の責任者として生産ラインの保全マネジメントを行う。技術指導、エンジニアの育成を行う。

 

機械保全技能士の資格保有者に期待される業務とは、個々の設備の保全が出来ることは当然で、更にその上をいく広範囲、専門的な仕事だと言えます。

 

そして、それは機械保全技能士と言う資格そのものに期待しているのではなく、あくまでエンジニアの能力に期待している訳です。

 

資格に需要はないが、能力には需要あり

今も説明したように、企業は保全エンジニアとして能力の高い人材を求めている訳で、その実力の目安として機械保全技能士と言う資格を用いているのです。

 

この難しい資格を取得しているのなら、きっと高度の知識やスキルを持っているだろうし、何より自己啓発の意欲があるに違いない、難しい仕事もこなせるに違いないと判断している訳です。

 

一方、機械保全技能士を応募条件に指定しない多くの企業にしても、難しい仕事を任せることのできる優秀なエンジニアを求めています。先ほどの実例で紹介したような求人はいくらでもあります。

 

ただ、機械保全技能士と言う資格を指定していないだけです。まさに資格に需要はありませんが、能力にはいくらでも需要があります。

 

ならば機械保全技能士の資格を転職で活かす方法も自ずから見えてくると言うものです。

すなわち、保全エンジニアとしての能力、実力をアピールするツールとして活かせばいいのです。言い換えれば実力の裏付け、証として利用すればいいのです。

 

では、具体的にはどうやれば機械保全技能士の資格を活かしたアピールが出来るでしょうか?

それには資格取得をゴールとするのではなく、あくまで途中の通過点としてアピールすることです。

 

「機械保全技能士の資格を取得しています。」

 

と言うアピールではなく、

 

「機械保全技能士の資格を取得するために、こんな勉強をしました。そして取得した後には仕事のやり方がこんな風に変わりました。その結果、こんな実績、こんな成果を出すことが出来ました。」

 

といったアピールです。

 

「こんな」がいっぱい出てきますが、これはそれぞれの人によって変わります。あなたがどんな機械保全技能士の資格を取得したのか、どんな勉強法だったのか、その後どんな仕事をしたのかによります。

 

肝心なことは、保全エンジニアとしてどうレベルアップしたのか、具体的な成果を示すことです。あなたのキャリアの中でアピール出来るものをピックアップして下さい。

 

例えば資格取得前は事後保全が中心だったのに、取得後は予防保全、改善保全を行う能力が身に着き、結果として設備の稼働率や生産性、品質や安全性が向上したことなどを数値データで示すのです。

 

また、新規設備の導入や、改善、改造などを行った実績、成果などもアピールして下さい。

 

機械保全技能士のレベルアップ

 

こうした仕事の実績が、機械保全技能士と言う資格の裏付けによってより説得力、信頼性を増します。うまくアピール出来れば、資格を持っていない人より採用に向けて有利になるはずです。

 

何しろエンジニアとしての実力は、実際に仕事ぶりを見ないと分かりません。本人がいくらアピールしてもそれは主観に過ぎないのです。

 

しかし、そこに機械保全技能士と言う国家資格が加われば、これはかなり説得力のある客観材料となります。ここが機械保全技能士の資格を活かすキモとなります。

 

 

機械保全技能士が活かせる求人・転職情報の探し方

ここまで説明してきたように、あなたが探すべき機械保全技能士の資格を活かす仕事とは、

 

●新規設備の導入・立上げ・メンテナンスの構築と実施

●既存設備の改善・改造(生産性向上・品質向上・歩留まり向上など)

●技術部門の責任者として生産ラインの保全マネジメントを行う。技術指導、エンジニアの育成を行う。

 

こうした仕事です。

 

応募条件に機械保全技能士の資格が指定されているか、否かによらず必ず需要があります。

求人の職種としては設備保全であったり生産技術、あるいはプラントエンジニアなどです。どの職種であっても上記3項目を含む求人であれば、機械保全技能士の資格を活かすことが出来ます。

 

ただ、それぞれの企業、求人によって求めるキャリアは異なります。補強すべき課題が個々に異なるからです。

従って、あなたのキャリアと企業の課題がマッチングしないと転職は成功しません。

 

そこで今から紹介する転職会社の利用をお奨めします。人気と実績を兼ね備えた転職会社7社です。

業界情報、企業情報に精通したプロの転職エージェントがあなたの転職をサポートしてくれます。

 

このエージェントサービスが完全無料なのですから、利用しない手はありません。

そして、それぞれの転職会社には独自の案件、非公開案件があります。あなたは好条件の求人を逃さないよう、複数の転職会社に登録することをお奨めします。

 

*マイナビエージェント

マイナビエージェントものづくり

●機械保全技能士を必要とする生産技術、設備保全の求人を東京、神奈川、千葉、埼玉で探すあなたに特にお奨めの転職サイトです。

このエリアに好条件の求人が多く、サポートも手厚いです。

特に20代、30代にお奨め案件が多くあります。

●厚生労働省から「職業紹介優良事業者」に認定され、初めてでも安心して使える転職会社です。

●楽天リサーチでも「20代に信頼されている転職エージェントNo1」に選ばれています。

 

*無料登録 マイナビエージェントで求人を探す

 

 

*リクルートエージェント

リクルートエージェント

●生産技術、設備保全、プラントエンジニア、どの職種も他の転職会社を圧倒する求人件数があります。

●しかも全国的に求人を網羅しているため、関東や関西以外のエリアでも探すことが可能です。

●転職支援実績は45万件以上で業界ナンバーワン、利用者の67.1%が転職後に収入がアップしています。

 

*無料登録 リクルートエージェントで求人を探す

 

 

*キャリアカーバー

キャリアカーバー

●キャリアカーバーはハイクラス限定の転職サイトです。

あなたの現在の年収が600万円以上なら、更に年収をアップ出来る可能性があります。年収800万円~1000万円以上の求人が多数あります。

設備保全、生産技術の求人が2000件以上あります。

●登録わずか5分、後は完全無料で1400人ものヘッドハンターがあなたの代わりに希望の仕事を探してくれます。

●ご自分の能力、技術に自信があって、更に活躍の場を広げ、年収もアップさせたいあなたに最適のサイトです。

 

*無料登録 キャリアカーバーで求人を探す

 

 

*DODA(デューダ)

DODA

 

●テレビCMでお馴染み、知名度抜群の転職サイトです。転職サポートの実績も十分です。

●設備保全、生産技術、プラントエンジニアの3職種共にリクルートエージェントに次いで求人件数が多く、地方もカバーしています。

●他のサイトに比べて求人情報が詳しく、検索機能も大変優れて使い易くなっています。

 

*無料登録 dodaで求人を探す

 

 

 

*メイテックネクスト

メイテックネクスト

●元々製造系エンジニアに特化した転職サイトです。機械保全技能士を募集する生産技術、設備保全の求人を探すのなら絶対のお奨め転職会社です。

関東・関西・東海に求人の80%が集中しています。

モノづくり系エンジニアの転職支援実績ではNo1であり、技術に精通した専門のコンサルタントがあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

●ただし、関東、関西、東海以外のエリアや、プラントエンジニアの求人を探すには不向きな転職サイトです。

 

*無料登録 メイテックネクストで求人を探す

 

 

*パソナキャリア

パソナキャリア

●設備保全、生産技術の求人を探すのにお奨めの転職サイトです。好条件の求人が多くあります。

●反面、プラントエンジニアの求人は少なめです。

オリコン顧客満足度調査の「転職エージェント部門」で 第1位、「ハイクラス、ミドルクラス転職部門」で第2位を獲得しています。転職後の収入アップ率は67.1%です。

 

*無料登録 パソナキャリアで設備保全の求人を探す

 

 

*リクナビNEXT

リクナビNEXT

●半導体、自動車、食品など求人の業界の幅が広く、かつ工場内の設備保全だけでなくフィールドエンジニアの求人も多いのが特徴です。

●特に生産技術の求人が件数も多く好条件が揃っています。

●転職者の約8割が利用している人気の転職サイトです。転職決定数もナンバーワンの実績です。

 

*無料で登録 リクナビNEXTで求人を探す