「設備保全の転職にどんな資格が有利ですか?」

こんな質問がネット上の相談サイトでよく見られます。

どのくらい質問が多いか、Yahoo!の「知恵袋」、「教えて!goo」の2つの相談サイトで調べてみたのでこちらをご覧下さい。

みんなの転職相談!一番多い悩み相談は?』

 

事実、私が設備保全の求人を出して採用する側の立場だった時、応募者の資格には注目していました。

 

私の場合は自社が半導体工場だったので、半導体製品製造技能士や、機械保全技能士、電気主任技術者、電気工事士、危険物取扱者などの有資格者については配慮していました。

 

さて、今から転職しようとする人が、自分の持っている資格がどのくらい需要の高い資格なのか、それは気になるところです。

あるいは将来の転職に備えて今から資格を取得するとしたら、どんな資格が最も役に立ちそうか、これも気になるところでしょう。

 

そこで大手転職サイトdodaとパソナキャリアの設備保全、メンテナンスの求人を最新100件ずつ、合計200件検索し、企業がどんな資格を求めているか調べてみました。

また、200件の中で資格なしで応募出来る求人がどのくらいあるのかも調べてみました。

 

今からすぐ転職しようと思っているあなたも、これからじっくり考えようと思っているあなたも、ぜひ参考にして下さい。

管理人注記:本記事は2019年9月に更新しました。100社調査から200社調査に拡大しています。

 

設備保全の求人企業はこんな資格を求めている!

まず求人・転職サイト大手のdodaとパソナキャリアを使って、「設備保全」を職種検索しました。

するとdodaで1,156件、パソナキャリアで1,142件がヒットしました。(2019年9月調査)

 

それぞれの求人情報の新しいもの各100件を取り出し、1件ずつ資格についての要件を調べました。ここでは業種、業界を問わず、とにかく設備保全の求人で求める資格を全てピックアップしてみました。

 

すると各100件のうち、何かの資格を応募の必須条件にしたり、歓迎条件にしている求人は以下の通りでした。

●dodaの求人100件

・資格必須または歓迎 32件

・資格は不問 68件

●パソナキャリアの求人100件

・資格必須または歓迎 48件

・資格は不問 52件

 

dodaでは求人の約3割、パソナキャリアでは約5割が何らかの専門資格を応募の必須条件、あるいは歓迎条件に設定しています。

求人合計200件中、80件が資格を持っていると転職には有利と言うことです。

 

エージェント恵理

設備保全の求人では、4割が資格を応募の必須、歓迎条件に指定しています。

このようにdodaとパソナキャリアでは資格を必要とする求人の割合にかなり差があります。

数ある転職サイトの中でも、どちらかと言えばdodaは資格を必要とする求人が少なく、パソナキャリアは資格必要の求人が多い傾向にあります。

 

この辺は転職サイトごとにそれぞれの特色があります。それゆえ1つだけの転職サイトを利用するのではなく、最低でも3社併用をお奨めします。

 

では、dodaとパソナキャリアの求人情報から、設備保全、メンテナンスにはどんな資格の需要が高いのか、表1の結果をご覧下さい。

 

サラリーマンパワー
資格は転職には強いアドバンテージとなります!

 

設備保全の求人200件中、80件では次のような資格が応募条件の必須、または歓迎条件に指定されていました。ちょうど4割にあたります。

 

■設備保全の求人80件が求める資格(表1)

種類 資格名 求人件数
電気
電気主任技術者(等級不問)
16
第一種電気主任技術者 5
第二種電気主任技術者 11
第三種電気主任技術者) 16
電気工事士(等級不問) 11
第一種電気工事士 5
第二種電気工事士 9
電気工事施工管理技士 13
技能
電子機器組立て技能士 1
電気機器組立て技能士 1
自動車整備士2級以上 2
1級建築士 2
保全 機械保全技能士 14
自主保全士 1
工場
エネルギー管理士 16
消防設備士 4
ボイラー技士 4
危険物取扱者
9
公害防止管理者 5
高圧ガス保安主任者 7
酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者 1
運転 フォークリフト運転士 7
玉掛作業者 5
クレーン運転士 3
加工 機械加工技能士 1
溶接技能者 1
合計 170

■必置資格 ■業務独占資格 ■名称独占資格 ■その他
*資格が重複しているものは片方のみ表示

 

80件の設備保全求人で、21種類の資格が応募の必須条件、または歓迎条件に指定されていました。

170件中128件(75.3%)は必置資格、業務独占資格です。やはりこの種の資格は転職市場で需要が高い資格と言えます。

 

また名称独占資格の中でも電気工事施工管理技士、機械保全技能士は需要が高いことが分かりました。

特に電気工事施工管理技士は名称独占資格ではありますが、必置資格や業務独占資格に近い性質の資格なので、プラントエンジニアやビルメンテの求人だとかなり需要が高い資格です。

 

カウンセラー恵理

今回の調査で指定件数の多かった、上位5位までの資格を紹介します。

 

●第1位 電気主任技術者 48件

●第2位 電気工事士 25件 

●第3位 エネルギー管理士 16件

●第4位 機械保全技能士 14件

●第5位 電気工事施工管理技士 13件

 

電気主任技術者と電気工事士の2つの資格は全ての転職サイトで上位に出てきます。

何しろどんな設備にしろ電気は使用します。そこには電気工事士による電気工事と、電気主任技術者による保守保全業務が必ず必要になります。

 

また工場のユーティリティ保全ではエネルギー管理士の需要が高くなっています。

と言うのも、『エネルギーの使用の合理化等に関する法律(省エネ法)』によって、規定量以上のエネルギーを使用する工場にはエネルギー管理士を置くことが義務付けられているからです。

 

ただ、今回の調査は設備保全と言っても量産工場が中心です。生産現場の設備保全や工場全体のユーティリティ保全が主な対象です。

 

従って、発変電所の保全や、環境インフラ、ビルメンテなどの保全業務は含まれていません。

そうした分野の保全業務では電気主任技術者、電気工事施工管理技士、電気工事士などを必要とする求人がもっと増えます。

逆に機械保全技能士や電子機器組立て技能士のような資格はあまり必要とされません。

 

工場
工場の中には色々な資格を必要とする保全業務があります

 

必置資格・業務独占資格は需要が高い

さて、今も説明したように、設備保全の求人200件のうち、約4割が何らかの資格を応募条件に設定しています。

表1の21種類の資格をご覧頂いてもお分かりのように、多くは必置資格、業務独占資格です。これらの資格は法的な規制の元に需要が高いので、転職には有利と言えます。

 

世の中の景気が悪くなっても法規制が変わらない限り需要がなくなる事はありません。そして法規制は景気に左右されることはありません。

 

ただし、電気主任技術者や電気工事士など、資格取得のハードルが高い、難易度が高い資格であることが前提です。

危険物取扱者、玉掛作業者のように比較的難易度が低い資格は例え法的な規制があってもそれほど需要は高くありません。

 

すでに有資格者が企業内に複数いるだろうし、いざとなれば誰かに新規取得させることも容易です。わざわざ外部から有資格者をキャリア採用するほどの資格とは言えません。

 

ただ、容易に取得できる資格だからこそ、あまり時間と労力をかけずに取得しておく、と言うのは大いにアリです。

あなたがこの先どんな業界、業種、職種に転職するにしろ何かの時に役に立つかも知れません。例えば危険物、玉掛は工場で仕事をするなら持っていて損のない資格です。

 

私が勤務していた半導体工場でも、電気工事士、危険物取扱者、玉掛の3つを持ったエンジニアがいました。

彼は製造、生産技術、設備技術と、色んな職場を渡り歩きましたが、どこの職場でも資格を活かして活躍していました。

 

それぞれの資格の難易度についてはこちらのページから該当資格の解説ページをご覧下さい。

『設備保全の求人・転職に役立つ資格の取り方と活かし方』

 

設備保全の転職で資格以上に重要なのものとは?

さて、冒頭で設備保全、メンテナンスの求人200件を調べると、4割の求人で何等かの資格を要求されていると説明しました。

これは逆に言えば6割の求人は資格がなくても応募出来ると言うことです。実際には資格なしで応募出来る求人の方が比率としては多いのです。

 

では、この6割の求人についてはいったい何が応募条件、採用の決め手になるのでしょうか?

それはあなたの実務経験、キャリアであり、実績です。

 

資格を必要とする求人は全体の4割ですが、実務経験を応募の必須条件とする求人は7割から8割です。「経験者優遇」とする歓迎条件ともなればほぼ10割です。

 

当たり前ですが、キャリア採用の場合はどんなキャリアを持っているか、ここが重視されます。豊富な経験を持ったエンジニアが歓迎されるのは当然です。

 

反面、仮に需要の高い専門資格を持っていても、その資格を使った実務経験がないと評価されることはありません。

まれに「実務経験がなくても資格保有者は優遇します」といった求人も目にしますが、それは本当にごくまれなケースです。

 

あなたが設備保全、メンテナンスの仕事で転職しようとするなら、資格を持っている、いないにかかわらずあなたの実務経験、キャリアが大事です。

 

名称独占資格の活かし方

表1から分かる通り、設備保全の求人に応募するのに資格が指定されている場合、その75%は必置資格や業務独占資格であり、名称独占資格はあまり高い需要とは言えません。

 

では、名称独占資格は転職に際して全く役に立たない資格なのでしょうか。

いいえ、決してそんなことはありません。立派に役に立ちます。その理由を説明したいと思います。

 

先ほど転職には資格と同じように実務経験が重要だと言うことを説明しました。

それは、

「資格を必要とする求人は全体の4割、実務経験を応募の必須条件とする求人は7割から8割」

と言う事実からも明らかです。

 

いくら必置資格や業務独占資格を持っていても、その資格を使った実務経験がなければ評価されません。実務経験が評価されることがキャリア採用されるための条件なのです。

 

この、「実務経験を積む、実績を残す」と言う部分において名称独占資格を活かすことが出来ます。

必置資格や業務独占資格のように、資格そのものが直接評価されなくても、その資格を活かしたキャリアが評価されることで転職には立派に役に立ちます。

 

確かに機械保全技能士にしろ電子機器組立て技能士にしろ、更に半導体製品製造技能士にしろ資格を取得しなくても保全業務を行うことは出来ます。

保全業務に必要な知識を身に着けスキルを磨き、実績を積み上げていけば資格がなくてもキャリアアップも可能です。

 

しかし、保全の現場で必要な知識やスキルを身に着けるために資格を目指す人は多くいます。私自身がかつて半導体製品製造技能士や、機械製図技能士の検定を受けたのも自らの知識を増やし、技術を磨くためでした。

 

資格を取得することは目的、ゴールではなく、あくまで手段の1つに過ぎません。しかし、国家資格である名称独占資格を取得していることは実力の証明になります。

その資格を活かした実務経験があれば、それは十分アピール材料となります。

 

また資格取得による能力向上はモチベーションの高さの証明にもなります。これはエンジニアとしては非常に重要な資質です。

エンジニアを採用する企業にとっては評価に値するものです。

 

例えば、あなたがメーカーの人事担当者で、設備保全の人材を求人しているとします。その立場で次の2人の応募者を比較して下さい。

 

『私は10年間、量産ラインの設備保全を担当し、安定稼働に貢献してきました。』

とだけ自分のキャリアを語る人と、

 

『私は機械保全技能士の2級を取得し、この取り組みにより保全の専門知識を増やし、スキルを磨くことで生産ラインの安定稼働、生産性向上に大きく貢献出来ました。』

と語る人がいたら、あなたはどちらを採用しますか?

 

むろん、これだけで採否を決定することは出来ませんが、より後者の方を採用したいと思うでしょう。

 

名称独占資格は必置資格や業務独占資格以上に、ただ資格を持っているだけでは何も評価されません。その資格を活かした実務経験、実績があってこそ評価対象となります。

安定稼働や生産性向上の定量的データと共に資格の有効性をアピールすればなお評価してもらえるはずです。

 

保全マン

 

資格を活かす求人情報の探し方

応募条件に資格を必要とする求人は資格を活かした転職先として有望です。同時に資格を指定していなくても保全のキャリアを重要視する求人もまた有望です。

なぜなら資格を持っていることが、そのキャリアの価値を証明する客観的な裏付けになるからです。

 

そうした資格を活かした転職先を探すのにお奨めの転職会社を7社紹介します。どれも多くの転職実績のある会社ばかりです。

 

何しろあなたの希望の転職が叶うかどうかは入手できる情報量にかかっています。

複数の転職会社から優良求人の情報を可能な限り多く仕入れることです。それもライバルより早く、求人情報を入手することです。

 

それにはどうしても1社登録では不十分です。多くの転職者が体験記で書いているように、少なくとも3社併用をお奨めします。

 

 

*パソナキャリア

パソナキャリア

 

●工場ユーティリティの保全、生産技術、設備保全などの職種でエンジニアを募集する求人が多くあります。プラントエンジニアの求人も多くあります。

●エリア的には関東・関西・東海地区の求人が多い転職サイトです。

2019年オリコン顧客満足度 転職エージェント部門第1位です。サイトは地味なイメージですが、高額年収案件が多く、利用者には満足度の高いサイトです。

25万人の転職支援実績があり、転職後の収入アップ率は67.1%です。長年の転職ノウハウであなたの転職も無料でサポートしてくれます。

 

無料で登録 パソナキャリアで求人を探す

 

 

*マイナビエージェント

マイナビエージェントものづくり

 

●エリアとして東京、神奈川、千葉、埼玉で設備保全の転職情報を探すあなたに絶対のお奨めサイトです。好条件の求人が多数ありサポート体制にも力が入っています。

●設備保全の求人としては、プラントエンジニア、工場ユーティリティ保全、生産技術、設備保全、ビルメンテなどの職種が多くあります。

●大企業や上場企業だけでなく中堅企業からの求人も多く、その点では選択肢が広いと言えます。ただし未経験者が応募出来る求人はとても少ないです。

●マイナビエージェントは厚生労働省から「職業紹介優良事業者」に認定されており、転職が初めての人でも安心して使えるサイトです。

 

登録で無料 マイナビエージェントで求人を探す

 

 

*メイテックネクスト

メイテックネクスト

 

●元々製造系エンジニアに特化した転職サイトです。設備保全の求人も工場のユーティリティ保全、生産技術、設備保全などの職種で多く出ています。

またプラントエンジニアとしての求人も多数出ています。

●反面、ビルメンテや電気保安業界からの求人は少ないです。

モノづくり系エンジニアの転職支援実績ではNo1であり、技術に精通した専門のコンサルタントがあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

●ただし、関東、関西、東海以外のエリアで求人を探すには不向きな転職サイトです。

 

無料で登録 メイテックネクストで求人を探す

 

*リクルートエージェント

リクルートエージェント

 

●設備保全の求人は工場ユーティリティ保全、生産技術、設備保全のジャンルに特に多くあります。

電気保安業界からの求人が他の転職サイトよりは多めです。

●大企業や上場企業からの高額年収、好条件の求人が多く、海外勤務の案件も目立ちます。語学力を必要とする求人も多いです。反面、未経験者が応募出来る求人は少ないです。

転職支援実績は45万件以上で業界ナンバーワン、利用者の67.1%が転職後に収入がアップしています。

 

無料で登録 リクルートエージェントで求人を探す

 

 

*リクナビNEXT

リクナビNEXT

 

●設備保全に関する資格がない、実務経験も浅い、そんな人が応募出来る求人が多数あります。まずは設備保全の実績を作りたい人にお奨めの転職サイトです。

●半導体、自動車、食品、エネルギー、様々な分野から求人が出ています。

転職者の約8割が利用している人気の転職サイトです。転職決定数もナンバーワンの実績です

 

無料で登録 リクナビNEXTで求人を探す

 

 

*キャリアカーバー

キャリアカーバー

 

●あなたの現在の年収が600万円以上なら、更に年収をアップ出来る可能性があります。年収800万円~1000万円以上の求人が多数あります。

●登録わずか5分、後は完全無料で1400人ものヘッドハンターがあなたの代わりに仕事を探してくれます。

●ご自分の能力、技術に自信があって、更に活躍の場を広げ、年収もアップさせたいあなたに最適のサイトです。

 

無料で登録 キャリアカーバーで求人を探す

 

まとめ

設備保全やメンテナンスの求人において、どんな資格が需要が高いか紹介してきました。

そしてどんなに需要の高い資格でも、その資格を活かした実務経験がないと評価されないことも説明しました。

 

従って、あなたが転職に際して資格をアピールするなら、その資格を活かすことでどんな成果を出してきたのか、実績を残してきたのか、そこをしっかり説明して下さい。

むろん、転職先でどんなプラス効果を生み出せるのか、そこが重要であることもお忘れなく。

 

また、これから先の転職を見越して何か資格を取ろうと考えるなら、単に転職市場の人気、需要だけで資格を選ぶと失敗します。

大事なことはあなたご自身がこれから先の保全業務の中で本当に使える、活かせる資格は何か、それを見極めることです。

 

その資格を活かした成果、実績、それがあなたの転職を成功に導いてくれるはずです。