第二種電気工事士とは、600V以下で受電する設備の工事で、配線図どおりに屋内配線、コンセントの設置、アース施工などを行う専門技術者のことです。

同じく第一種電気工事士の場合は最大電力500キロワット未満の工事まで対応することが可能となります。

 

電気工事の作業で不備があると、感電や火災など、事故の原因となる危険があるため、電気工事士の資格者でないと作業は許されません。

電気工事士の資格は国家資格であり、業務独占資格として大変ニーズの高い資格です。

 

私が勤務していた半導体工場にも電気工事士の資格を持つ保全担当者が何人かいました。量産用設備の新設や移設の時には電気工事の業者へ指示を出したり自ら現場で工事に入ったり、大活躍でした。

 

では、電気工事士の資格は設備保全の転職に際して有効でしょうか?役に立つ資格と言えるでしょうか?

この記事ではそんなあなたの疑問にお答えすると同時に、これから資格を取得する人の為に資格の概要や受検方法まで説明したいと思います。

 

電気工事士の資格は設備保全の転職に有利か?

私の長年の経験から言うと、電気工事士の資格が設備保全に役に立つかと言えば、

「程度の差こそあれ、必ず役立つ」

と言えます。

 

先ほどから何度も説明しましたが、電気工事士の資格がどんな場合に役に立つかと言えば、新規に設備を導入するのに電源ラインを増設する、あるいは設備移設に伴い電源ラインも移設するといった場合です。

こうした配電盤から各設備までの電源ラインを工事するには電気工事士の資格が必要となります。

 

あるいは既設電源ラインにトラブルや故障が発生した時の対応にも役立ちます。自分で修理が出来るので復旧が早くなります。

どんな工場であれ、どんな生産ラインであれ、電力なしに設備は稼働しません。必ず電気系のエンジニアは必要になります。

 

配線工事6

 

通常は工場内に電力、エアーなどの供給を専門とするユーティリティ部署があり、そこが電気工事を担当してくれます。あるいは大がかりな工事なら外部の業者を使うこともあります。

 

しかし、それでは工期が間に合わない場合や機密保持のために外部の業者が使えないような場合もあります。そんな時に電気工事士の資格を持った設備屋さんが保全にいると大変重宝するわけです。

 

ただ設備の保全部署がどこまで電気工事に関わるか、それは工場によって異なります。工場全体のユーティリティ部門がしっかり確立していれば、あまり出番はないかも知れません。

 

しかし、そんな場合でも保全部署に電気工事士が在籍することは必ずプラスとなります。保全に必要な電気工事の情報を発信したり、受信したりするのに役立つからです。

ユーティリティ部門や外部業者に丸投げではいざと言う時に思わぬ納期遅れや品質問題を起こしかねません。

 

そんな背景があるので、当サイトの記事『設備保全に求められる資格を200社大調査!』でお伝えした通り、設備保全の求人で電気工事士を優先する企業はたくさんあります。非常に需要の高い資格の1つです。

従ってあなたが電気工事士の資格を持っていれば設備保全の転職には有利に役立ちます。

 

なお、冒頭でも紹介した通り、電気工事士には第二種と第一種があります。たいていの求人は第二種で応募可能です。

まれに第一種限定の求人もあって、その場合は第二種での応募は不可となります。例えばプラントエンジニアの募集では第一種限定求人が出てくることがあります。工場やプラントでは大容量の設備を扱うためです。

 

電気工事士の資格があれば、一生飯の食いっぱぐれなし!

何しろ電気工事はいたる所でやっています。工場や大型ビルだけではありません。一般家庭だって学校だって病院だって電気工事はあります。

凡そ人が済む場所には必ず電気が必要であり、電気工事が発生します。

 

それゆえ大手の転職サイトにしろ、ハローワークにしろ、電気工事士募集の求人は1年中途絶えることがありません。設備保全の求人はほんの一部で、様々な業界、様々な職種で電気工事士の求人が出ています。

 

むろん、採用条件は個々の求人で様々でしょう。給料もピンキリだと思います。しかし、電気工事士の資格を持っていればどこか働く場所は必ずあります。言わば、食いっぱぐれのない資格だと言えます。

 

どのくらい求人が多いか、少しデータを紹介しましょう。大手の転職サイトで、電気工事士の資格で検索した時に見つかる求人件数です。

■電気工事士の求人件数

転職サイト 件数
キャリコネ 2,300
リクナビNEXT
1,910
doda 1,499
リクルートエージェント 874
ワークポート 464
マイナビエージェント 233
メイテックネクスト
166

注)2020年10月調査。各転職サイトのキーワード検索使用。検索範囲は全国です。一部の転職サイトは公開案件のみで非公開案件を含みません。

 

このように相当数の求人があり、選択肢は十分です。これに非公開案件や、転職エージェントが抱えている案件もあって、その気で探せば更に選択肢は広がります。

 

また、中小企業も選択肢に入れて、地元企業に転職したいあなたはハローワークにも求人が多くあります。例えば東京都で1,058件、大阪府で672件の求人が見つかります。

地方でも結構求人があって、青森でも172件、鹿児島でも192件あります。

ただし、ハローワークの場合はどうしても中小企業からの求人が中心なので、給与や福利厚生の点で転職サイトに掲載された求人並みとはいきません。

 

電気工事士の年収はどのくらい?

さて、電気工事士の年収はいかほどでしょうか。あなたもせっかく時間とエネルギーを使って転職するなら年収を増やしたいとお考えでしょう。

電気主任技術者

 

まず、転職サイト求人ボックスによると、電気工事士の収入は雇用形態によって次のような金額だそうです。

●正社員 平均年収 404万円

●派遣社員 平均時給 1,521円

●アルバイト・パート 平均時給 1,004円

 

これをザクっと月収ベースに換算すると、正社員の月収が34万円、派遣社員が24万円、アルバイト・パートが16万円といった金額です。

 

また、同じく転職サイトの工場ワークスによれば電気工事士の平均年収は496万6,500円だそうです。他のネット情報を集めてみても、ほぼ同額で400万円~500万円が平均的な年収となっています。

 

給料明細

 

第二種電気工事士検定の概要

【資格名】
第二種電気工事士

 

【どんな資格か】
600V以下で受電する設備の新設、増設に際して図面通りに配線、電気工事を行う専門技術者として認定される国家資格です。

こうした電気工事の作業は法律で基準が定められており、有資格者でないと行うことができません。

電気工事士の資格には第二種の他に第一種もあります。第一種は最大500キロワット未満の工事まで可能。

 

【受験資格】
年齢、学歴などの制限がなく、誰でも受験することが出来ます。

 

【受験方法】
●上期
願書受付 3月中旬~4月初旬
筆記試験:6月上旬
技能試験:7月下旬

●下期
願書受付 6月中旬~下旬
筆記試験:10月上旬
技能試験:12月上旬

●筆記試験
四択のマークシート50問
第一種電気工事士検定は1年に1回実施。

●技能試験
配布される材料を使って制限時間内に配線工事を行う。

筆記試験に合格して技能試験が不合格だった場合、翌年は筆記試験が免除される。ただし、1回のみ免除。試験は上期か下期、1年に1回しか受けられない。

●受験料
インターネット申し込みが9,300円、郵送申し込みが9,600円です。

 

【合格率(二種)2019年通期】
●筆記 65.9%
受験数 122,266人 合格数 80,625人

●技能 65.3%
受験数 100,379人 合格数 65,520人

 

【設備保全の転職に有利か】
設備の導入、増設、移設などで工場内の配電盤から設備までの電気工事は必ず発生します。従って設備保全の転職に役立つ資格です。

 

電気工事士検定の追加情報

◇電気工事士検定の受験資格

電気工事士は第一種も第二種も実務経験や学歴などの受験資格はありません。誰でも受験することが出来ます。

ただし、第一種の場合、試験に合格しても下記の実務年数を満たしていないと免状がもらえません。

●大学、高専において電気工事士法で定める課程を修めて卒業した人 3年

●上記以外の人 5年

こんな条件がついています。

 

従って、第一種の試験に合格しても、第一種電気工事士としての資格で仕事をするには免状が必要なので、実際には上記実務経験を満たさないと試験だけ合格しても仕事は出来ません。

 

配線工事5

 

◇電気工事士検定にはどんな問題が出るの?

電気工事士検定の試験問題については、過去の出題が次のサイトでご覧頂けます。

『試験の問題と解答』

このサイトでは2009年から2020年までの過去問題と正解が載っています。まさに電気工事士検定の傾向と対策を研究するにはもってこいです。

 

ここで簡単にどんな試験か説明しておきます。電気工事士検定には筆記試験と技能試験の2種類の試験があります。

筆記試験は四肢択一の答えやすいマークシート方式です。提示された回路図から電圧、抵抗値、発熱量を計算したり、工事に使用する材料や工具を問う問題などが出題されます。

一方、技能試験は配線図や施工条件などに沿った施工を実際に行う試験で、事前に候補問題が公表され、その中から一題出題されます。

 

技能試験に関しては一般財団法人電気技術者試験センターのホームページ上にこんな親切丁寧な解説記事が掲載されています。

『技能試験の概要と注意すべきポイント(2020年3月版)』

この受験マニュアルとも呼べるコンテンツは全48ページに及び、メチャ詳しい解説となっています。電気工事士検定を受けるあなたは必読です。

また、こちらも参考にして下さい。

『電気工事士技能試験候補問題』

 

電子部品
写真は試験とは関係ありません。

 

更に第一、第二種技能試験で実際に制作する課題について、写真が掲載されたサイトがあります。何より写真で現物を見て頂くのが最もイメージがわくと思います。

『電気工事士の資格、一種と二種の違いをまとめました』

このサイトは第一種と第二種の違いを分かりやすくまとめてくれたサイトです。その中に、技能試験の課題の違いを写真付きで解説した部分があるのです。

そこを見て頂くと、それぞれの技能試験でどんなものを製作するのかよく分かります。

 

◇電気工事士検定の難易度(合格率)

2020年度の電気工事士検定の合格率は以下の通りです。(上期・下期の合計です。)

●一級合格率

2020年における一級合格率は以下の通りでした。

項目 筆記
技能
受験者数 37,610人 23,816人
合格者数 20,350人 15,410人
合格率 54.1% 64.7%

 

●二級合格率

2020年における二級合格率は以下の通りでした。

項目 筆記 技能
受験者数 122,266人 100,379人
合格者数 80,625人 65,520人
合格率 65.9% 65.3%

 

詳細なデータはこちらを参照下さい。

『試験実施状況の推移』(一般財団法人 電気技術者試験センター)

 

電気工事士の求人が多い転職支援サイト6選

電気工事士の資格を活かせる転職支援サイトを6社ご紹介します。いずれも好条件の求人が多くあります。

あなたのキャリアを転職エージェントに伝えれば、最適な転職先を提案してくれます。

 

*マイナビエージェント

マイナビエージェント

電気工事士の求人が約200件あります。(2019年3月。以下同じ)東京、神奈川、千葉、埼玉のあなたに絶対のお奨めサイトです。

●厚生労働省から「職業紹介優良事業者」に認定された、初めてでも安心して使える転職サイトで、楽天リサーチでも「20代に信頼されている転職エージェントNo1」に選ばれています。

●46年間の人材紹介事業の実績があり、転職ノウハウを知り尽くしたエージェントがあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

*マイナビエージェント もっと詳しく見る

 

 

*メイテックネクスト

メイテックネクスト

電気工事士の求人が250件あります。関東・関西・東海地区の求人が多い、製造系エンジニアに特化した転職サイトです。

●モノづくり系エンジニアの転職支援実績ではNo1であり、技術に精通した専門のコンサルタントがあなたの転職を無料でサポートしてくれます。

*メイテックネクスト もっと詳しく見る

 

 

*パソナキャリア

パソナキャリア

電気工事士の求人が公開案件だけで360件あります。関東・関西・東海地区の求人が多い転職サイトです。

●オリコン顧客満足度調査の「転職エージェント部門」で 第1位、「ハイクラス、ミドルクラス転職部門」で第2位を獲得しています。転職後の収入アップ率は67.1%です。

●25万人の転職支援実績があり、長年の転職ノウハウであなたの転職も無料でサポート。

パソナキャリア もっと詳しく見る

 

 

*リクルートエージェント

リクルートエージェント

電気工事士の求人が約1,300件以上あります。関東・関西はむろん、それ以外でも比較的求人が多い転職サイトです。

●転職支援実績は45万件以上で業界ナンバーワン、利用者の67.1%が転職後に収入がアップしています。

●オリコン顧客満足度調査の「転職エージェント部門」で 第2位、「ハイクラス、ミドルクラス転職部門」で第3位を獲得しています。

リクルートエージェント もっと詳しく見る

 

 

*DODA(デューダ)

doda

電気工事士の求人が約1,300件あります。関東、関西以外にも求人が多い転職サイト。

●公式サイトが検索機能に優れ使い易く、しかも求人情報がどこより詳しく書かれています。

●プロの転職エージェントがあなたに最適の案件を見つけてくれます。転職者満足度No1.

*DODA(デューダ) もっと詳しく見る

 

 

*CAREERCARVER

キャリアカーバー

電気工事士の求人が約1,300件以上あります。リクルートグループが運営するヘッドハンティングサイトです。

●登録わずか5分、後は完全無料で1400人ものヘッドハンターがあなたの代わりに仕事を探してくれます。

●年収800万円~1000万円以上を希望するあなたにお奨めのハイクラスな求人が多数あります。

●今すぐの転職を考えていないあなたも、ご自身の市場価値を確かめるために登録するのもありです

*CAREERCARVER もっと詳しく見る

 

関東、関西、東海で電気工事士のキャリアを活かした仕事を探すなら、まずはマイナビエージェントとパソナキャリア、メイテックネクストがお奨めです。

 

一方、その他のエリアではDODA、キャリコネ、リクルートエージェントがお奨めです。

関東、関西、東海に求人が多いのはマイナビと同様ですが、それ以外のエリアにもそれなりの件数の求人があります。

 

ただし、中にはほとんど求人のない都道府県もあります。全国どこでも必ず求人が多いと言う訳ではありませんが、可能性としてはまだ高いです。

 

なお、キャリアカーバーも比較的地方にも求人が多いサイトです。ただし、他の転職サイトと違ってハイクラス限定のヘッドハンティングサイトです。

その点、十分ご理解頂いた上でご利用下さい。