リクナビNEXT

リクナビNEXTは実際に転職した人の約8割が利用しています。そして毎週2万6千人以上が新規登録している人気の転職サイトです。

 

ここではリクナビNEXTを利用して設備保全やメンテナンスの仕事に転職するための情報をまとめています。なかなか希望の求人が見つからないあなたはぜひ利用して下さい。

 

リクナビNEXTの人気の秘密は豊富な求人件数と転職支援ツールのクオリティの高さです。他の転職サイトでなかなか仕事が見つからない、好条件の求人がないと悩んでいる人にぜひ試して欲しいサイトです。

 

ただし、リクルートエージェントのような転職エージェントのサポートサービスはありません。あくまであなたが自分で求人を選び、応募から面接、内定獲得に向けて調整や交渉を全て行うことになります。

このメリットとしてあなたのペースで自由に転職活動を行う事が出来ます。

 

一方、求人選びにアドバイスが欲しい、履歴書や経歴書の添削をして欲しい、模擬面接をして欲しい、面接日の調整や年収交渉を代行して欲しい、などのサポートを受けたい人はリクルートエージェントがおススメです。

転職のプロであるエージェントがあなたの転職活動をサポートしてくれます。

 

あなたの転職活動がやりやすいように、リクナビNEXTとリクルートエージェントを使い分けて下さい。

ここではリクナビNEXTのサービス内容、利用法などを詳しく解説していきます。

 

リクナビNEXTのおススメポイント

リクナビNEXTは大人気の転職支援サービスですが、こんなおススメポイントがあります。

 

リクナビNEXTのおススメポイント

① 実際に転職した人の約8割が利用し、毎週2万6千人以上が新規登録している。
②転職サイトサービスなので、自分のペースで自由に転職活動が出来る。
③リクナビ独自案件が85%と大変多く、他社にない求人を見つける事が出来る。
グッドポイント診断で自分の強みが診断できる。気付かなかった可能性が見つかる。
スカウトサービスで企業からオファーが来ることもある。

 

リクナビNEXTで設備保全、メンテナンスの転職先を探すなら、こんな人におススメです。あなたには当てはまるでしょうか?

 

こんな人におススメです

正社員募集で好条件の求人情報が欲し人。
②特にFAEに興味があって、求人情報が欲しい人。
③求人情報は欲しいけど、転職活動はマイペースで自由にやりたい人。
④これまでのキャリア専門資格を活かしたい人。

 

FAEとはフィールド・アプリケーション・エンジニアのことです。技術営業的な仕事ですが、リクナビNEXTにはこの仕事の求人が多数用意されています。

 

リクナビNEXTは転職エージェントやキャリアアドバイザーがサポートしてくれる、転職エージェントサイトではありません。

 

あなたが求人情報を見て応募企業を選び、自分で応募します。あなたと企業の間にリクナビNEXTが入ってサポートしてくれるサービスはありません。

マイペースで転職活動を進めたい、情報だけは欲しい、といった人におススメの転職サイトです。

 

同じくエージェントサービスのない転職サイトで、工場ワークスや工場求人ナビと比べるとエンジニア職の求人件数が圧倒的に多くあります。

そして工場ワークスや工場求人ナビが派遣社員の求人が多かったのに比べ、リクナビNEXTでは正社員募集が中心です。

 

 

職種別・資格別・エリア別の求人件数

リクナビNEXTの職種別・資格別・エリア別の求人件数をご紹介します。希望の職種を絞る、資格を活かす、といった転職活動の基本戦略を考える上で参考になると思います。

 

【設備保全の職種別求人件数】

職 種 求人件数(件)
設備保全 468
メンテナンス 5,558
ビルメンテナンス 275
FAE 1,944
サービス・サポート
117
生産技術・プロセス技術 1,117

*2020年10月調べ。複数の職種に重複しています。

 

リクナビNEXTの求人検索には「設備保全」と言う項目がありません。キーワード検索した結果が468件でした。通常、キーワード検索の精度はあまりアテにならないので、他の関連職種についても求人件数を載せておきます。

 

まず「メンテナンス」でキーワード検索すると、5千件以上見つかりました。ただし、これは全てのメンテナンス求人で、設備周りのメンテナンス以外も含みます。

 

例えば家電のメンテ、水道やガスのメンテなど、あらゆるメンテ業務の求人が出てきます。むろん、設備や施設のメンテも含まれます。

 

「設備保全」だけのキーワード検索で希望の求人が見つからない人は、ちょっと手間がかかりますが「メンテナンス」で探して下さい。「設備保全」でこぼれた求人が出てきます。

 

ビルメンテナンスの仕事を探したいあなたはキーワード検索で275件見つかります。

 

次にFAEです。FAEとはフィールド・アプリケーション・エンジニアのことで、技術営業的な仕事になります。

顧客の工場や施設を訪問して設備保全やメンテナンスを行い、更に様々な技術的な課題全般をサポートします。

 

リクナビNEXTではこのFAEの求人が充実しています。かなり件数が多いので、営業的な仕事もやってみたいあなたにはおススメです。

 

記者

 

次にサービス・サポートエンジニアの求人です。自社工場の生産ラインの設備をサポートする仕事から、一般家電の修理まで含みます。求人件数も少ないし、ここはあまり気にしない方がいいかも知れません。

 

最後に生産技術・プロセス技術の求人です。エンジニア職として1千件以上の求人があります。この仕事には設備保全が含まれることが多く、「設備保全」で希望の求人が見つからない場合にはチェックしてみて下さい。

 

なお、リクナビNEXTの求人は他社では紹介されていない独自案件が85%もあるので、他社で求人が見つからないと諦めている人には絶対おススメです。

 

【専門資格別の求人詳細】

資 格 求人件数(件)
電気主任技術者
545
エネルギー管理士 123
電気工事士
236
機械保全技能士
30

*2020年10月調べ。件数は重複案件含みます。

 

リクナビNEXTの設備保全で需要の高い資格は電気主任技術者、エネルギー管理士、電気工事士など必置資格や業務独占資格です。

機械保全技能士などの名称独占資格はそれほど需要がありません。

 

なお、こちらの記事も参考にして下さい。

『設備保全・メンテナンスの転職に役立つ資格を200社大調査!』

『第三種電気主任技術者(電験3種)を活かした転職方法とは?』

『機械保全技能士の求人需要はたったの4.5%?|転職成功法とは?』

 

【エリア別の求人件数】

エリア 求人件数(件)
全国 2,759
  北海道・東北 287
  関東 710
   北信越
204
  東海
511
  関西 510
  中国・四国 324
  九州・沖縄 213
  海外 0

*2020年10月調べ。複数のエリアに重複しています。

 

リクナビNEXTの求人で設備保全、FAE、サービス・サポートエンジニアの3職種をエリア別に検索した結果です。

 

関東エリアの比率が26%で他社サイトより低くなっています。その分、地方にも求人が多くあります。

地方在住で設備保全の求人が見つからない人にはぜひおススメです。

 

逆に関東エリアで思うような求人が見つからない人は関東エリアに強いマイナビエージェント(ものづくり)をぜひ利用して下さい。

 

【求人の雇用形態】

リクナビNEXTの設備保全求人は約95%が正社員募集です。派遣社員や契約社員の求人はごくわずかです。

あなたが働き方の選択肢として派遣社員や契約社員もお考えなら、工場ワークス、工場求人ナビなどをご利用下さい。

 

 

リクナビNEXTの設備保全 業界・業種・未経験者・年収など

リクナビNEXTの求人で、業界、業種、未経験者、第二新卒者、予定年収などの傾向を説明します。

 

【業界、職種は?】

リクナビNEXTで設備保全、メンテナンス求人が多い業界は以下の業界です。

 

●総合電機メーカー

●電子部品・半導体

●自動車・自動車部品

●精密機械

●産業機械

●プラント

●素材・医療

 

ご覧頂いてお分かりのように、ほぼ全ての業界に渡って求人が出ています。

 

職種としては工場の設備保全、メンテナンスに加えて、フィールドエンジニア、プラントエンジニア、ビルメンテナンスなどの職種にも多くの求人が出ています。

 

【未経験者や第二新卒者は?】

設備保全の求人で、サイトの検索機能を使って「未経験者歓迎案件」を探すと、求人全体の5%しか見つかりません。しかし、実際には求人票を確認すると8割以上の求人で未経験者が応募可能です。

第二新卒も応募出来る求人が多いので、未経験者、第二新卒者のあなたにはぜひおススメしたい転職サイトです。

 

初心者NG

 

 

【応募年齢は?】

リクナビNEXTに限らず、たいていの転職支援サービスでは対象年齢は20代~30代が中心になります。どうしても40代以上は年齢の壁があってハードルが高くなります。

 

リクナビNEXTの設備保全求人を見ると、管理職候補や幹部社員候補の求人はそれほど多くありません。

しかし保全現場のエキスパート、専門スキルを持ったエンジニアについてはシニア世代でも可能性がありそうです。

 

【専門資格と実務経験は?】

リクナビNEXTの設備保全、メンテナンス職の求人では資格が応募条件の必須、または歓迎になっている割合は2割~3割ほどです。

 

「入社後に資格取得の意思があること」と言う応募条件もあります。現在資格を持っていなくても応募出来る可能性もあります。直接企業の人事担当者に確認してみて下さい。

 

需要の高い資格は、電気主任技術者、電気工事士、エネルギー管理士、ボイラー技士など必置資格、業務独占資格です。

大企業からの求人、高額年収の求人ほど資格を必要とする割合が高くなっています。

 

各専門資格を活かした転職については、『設備保全・メンテナンスの転職に役立つ資格を200社大調査!』を参考にして下さい。

 

一方、実務経験については先ほども説明したように、約8割の求人は実務経験がなくても応募出来ます。

ただし、未経験者でも応募は可能ですが、当然実務経験者の方が優遇されます。従って未経験なりにアピール出来る材料は必要です。エンジニアとしての適性、資質をアピール出来るよう、考えて下さい。

 

女性設備保全士

 

【予定年収は?】

リクナビNEXTの設備保全求人、468件について年収を調べてみると、

 

●501万円以上 63%

●701万円以上 25%

 

となっています。

予定年収はリクルートエージェント、マイナビエージェントなどと比較してもほぼ同程度の年収比率です。

これはあくまで可能性を示すもので、必ず年収金額を保証するものではありません。

 

【仕事の難易度は?】

ほぼ全て正社員募集の求人であり、実務経験者や有資格者を求める求人もあります。当然、そうした求人では仕事の難易度も高くなります。

 

単に事後保全だけの仕事ではなく、予防保全、改善保全を含み、場合によっては生産技術や品質管理にまたがるような仕事もあります。

 

ただ、キャリア採用であっても最初は難易度の低い仕事から始めて、徐々に難しい仕事を覚えてもらうと言う求人もあります。

リクナビNEXTは転職エージェントがサポートしてくれるサービスではないので、そこは自分で探す必要があります。

 

あなたが仕事の難易度に不安を抱えて迷うことがあるなら、リクルートエージェントやマイナビエージェントなど、転職エージェントに相談出来るサービスをおススメします。

 

 

リクナビNEXTを利用した転職までの流れ

リクナビNEXTを使って転職先を見つけるには、こんな流れとなります。

 

①会員登録する
・・
②自分で求人を探す
・・
③スカウトサービスを利用する
・・
④希望の企業に応募する
・・
⑤面接・内定・入社

 

ざっとこんな流れになります。リクルートエージェントやマイナビエージェントと違ってエージェントサービスはありません。

自分で求人を探して、自分で応募します。

 

ただ、リクナビNEXTに会員登録すると、「グッドポイント診断」と言うツールが利用出来ます。これはあなたの強みを客観的に抽出するツールで、質問に答えて行くだけで強味が分かると言う優れものです。

 

あなたご自身も気付いていないあなたの強み、それが分かることによって今までとは違う視点で求人探しが可能になります。

 

ひらめく

 

この他、リクナビNEXTには「スカウトサービス」があって、このサービスに登録しておくとあなたのキャリアに関心を持った企業からオファーが届くことがあります。

 

「応募しませんか?」のオファーの場合は、通常と同じ書類選考からのスタートになります。

「面接に来ませんか?」のオファーだと書類選考は飛ばしていきなり面接からのスタートになります。ただ、いずれの場合も採用が確定している訳ではなく、最終的に採用されるかどうかは審査結果によります。

 

また、オファーをもらった後の質問や交渉などは全てあなたと企業担当者の間で行います。リクナビNEXTが間に入って調整や交渉はしません。

 

ここが転職エージェントサービスと異なる点です。何度も繰り返していますが、企業との調整、交渉まで依頼したい場合にはリクルートエージェントやマイナビエージェントなど、転職エージェントサービスをご利用下さい。

 

 

リクナビNEXTの口コミ情報

リクナビNEXTは登録者、利用者が多いのでネット上の口コミ情報も半端なく多いです。そしてネガティブ、ポジティブ、両方の口コミが投稿されています。

 

それらは全く逆の指摘も多く見られます。

例えば「中小企業の求人が中心で、好条件が少なかった。」と言う口コミがある一方で「大手の企業で年収アップの求人が見つかった」と言う口コミもあります。

 

リクナビNEXTに関しては口コミ情報をあまり気にせず、あなたの意思で利用されることをおススメします。

 

なぜなら、実際に転職した人の約8割が利用し、毎週2万6千人以上が新規登録している実績が、リクナビNEXTの利用価値を証明しているからです。

 

検索

まとめ

リクナビNEXTはいわゆる転職エージェントサービスではなく、自分で求人を見つけ、自分で応募する転職サイトです。

自分のマイペースで自由に転職活動をしたい人におススメです。

 

もしあなたが転職活動にあまり時間を割けない、自分一人では不安や迷いが多い、と言う場合には転職エージェントサービス、キャリアアドバイザーサービスがおススメです。

リクルートエージェントやマイナビエージェントなどのご利用をおススメします。

 

またリクナビNEXTの設備保全、メンテナンスの求人は正社員募集の求人がほとんどですが、未経験者や資格無しでも応募出来る求人が多数あります。

 

リクナビNEXT

転職者の8割が利用し、毎週2.6万人が新規登録している大人気の転職サイトです。設備保全やメンテナンスの求人が多数あり、あなたのキャリア、資格が活かせます。

➡【リクナビNEXT】 公式サイトを見る