リツアンSTCと言うエンジニア専門の転職支援サイトを紹介したいと思います。

あなたが設備保全職での転職を考えているなら、ぜひこの際転職先を生産技術職まで範囲を広げて考えてみて下さい。

 

改めて設備保全から生産技術職への転職メリット

当サイトでは以前、「設備保全経験者が生産技術に転職するメリット」と言う記事を載せました。この記事でも設備保全から生産技術への転職メリットをいくつか紹介しました。

中でも大きな理由の1つが収入のアップです。

前記事にはこんなグラフを載せています。設備保全と生産技術の平均年収比較です。

保全生技年収比較

グラフ1.設備保全と生産技術の平均年収比較

むろん、一概にこのグラフが全て当てはまるとは言えません。しかし、私がこれまで全国の設備保全求人を見てきて、単に設備保全業務だけの求人より生産技術の要素も含んだ求人の方が高額の賃金提示がされているのは事実です。

それは生産技術職の方が業務範囲が広く、より専門性を必要とし付加価値が高いからです。

仕事を選ぶのに、給与面だけが全てとは言えません。人それぞれに仕事を選ぶ優先順位は違うでしょう。しかし、生産技術の仕事に興味を感じるあなたなら、高収入とやりがいの両方を叶える転職が出来れば最高ではありませんか。

 

リツアンSTCとはどんな支援サイト?

生産技術の仕事も考えてみてはいかがでしょうか、とあなたに申し上げた続きでリツアンSTCと言う転職支援サイトを紹介したいと思います。

なぜなら、リツアンSTCは生産技術職を始め、エンジニアの転職に特化した紹介サイトだからです。

 

しかもリツアンSTCには絶対に見逃せない、他の転職支援サイトにはない大きなメリットがあります。

そのメリットとは、エンジニアの高額報酬を叶える評価システムを導入していることです。

何と、他社とは10年で1,500万円もの差がつく高額報酬を実現しているのです。

 

■社員の平均年収585万円!業界トップクラスの給与水準!

RSCTが信用される理由

ではリツアンSTCがどんな転職支援サイトか、詳しく説明していきましょう。

 

1.他のサイトと10年間で1,500万円の差がつく!

最初にリツアンSTCによる雇用形態を説明しておきます。基本的には、あなたはリツアンSTCの正社員として採用されます。そして、リツアンSTCから派遣社員として契約先の企業へ入り、そこの指示系統で仕事をすることになります。

派遣元に正社員として採用される派遣スタイルの仕事です。よくあるパターンですね。

この他にもリツアンSTCでは業務委託・正社員紹介などの仕事もやっています。

 

さて、リツアンSTCの公式サイトでは、でかでかとこう書いてあります。

「10年間で1,500万円の差がつく」

これはかなり強烈なキャッチコピーですね。

思わず、「ホントかな?」「どうしてそんなことが可能なのか?」そんな疑問が浮かびます。

 

給料袋

 

どうしてこんな大きな金額の差がつくのでしょうか?

それは、リツアンSTCの取り分、マージンが、一般的な技術系派遣に比べて随分少ないからです。その分、社員であるあなたの給与を高く設定しているのです。

リツアンSTC公式サイトには次のように具体的数値を示して説明してあります。

●技術派遣分野の全国平均マージン 39.1%

●リツアンSTCマージン 19.2%

何とリツアンSTCのマージンは全国平均より20%も低いのです。

 

例えば、あなたに派遣先の会社から、毎月60万円の派遣費用が支払われたとします。全国平均では、この60万円からあなたを雇っている派遣元が234,600円を抜いて、あなたには365,400円が支払われます。

ところが、リツアンSTCではマージンが115,200円であり、あなたに支払われる給与は484,800円なのです。同じ働きでも、実に119,400円の差があります。これって、ムチャ大きな差ですよね!

技術系派遣の全国平均とリツアンSTCの差は以下の通りです。

●1ヶ月分の差額

484,800円ー365,400円=119,400円

 

●1年分の差額

119,400円×12ヶ月=1,432,800円

 

●10年分の差額

1,432,800円×10年=14,328,000円

こうなります。

 

リツアンSTCの公式サイトで、10年間で1,500万円の差がつく、とあるのは毎月の派遣費用が60万円強で、それが10年間続いた場合ですね。

そう言えば、リツアンSTCの社員の平均年収は585万円とあります。これを逆算すると、月収が487,500円となり、派遣元の費用は603,300円です。

なるほど、10年間で1,500万円の差がつくと言うのはリツアンSTCの平均年収をモデルにした場合の金額なのです。

 

従って、リツアンSTCの社員にはもっといっぱいもらっている人もいる訳です。むろん、少ない人もいますが。いずれにしてもマージンに20%の差があるので、リツアンSTCで働く方が絶対高収入になるのは間違いありません。

 

正直、マージンで20%の差と言うのも驚きですが、こうしてネット上にマージンを公開すると言うのにも驚きです。普通に考えたらマージンなんて、トップシークレットじゃないですか。

こうして堂々と公開しているのは、他社より絶対マージンが少ない、社員には有利だと言う自信があればこそでしょう。

 

リツアンSTCに応募出来るのか?採用されるのか?

さて、リツアンSTCでは高収入が期待出来るといい話ばかり書きましたが、実際に設備保全をやってきたあなたがリツアンSTCに応募出来るのか、また採用されるのか?ここが最大の問題です。

1.リツアンSTCの勤務地

リツアンSTCに採用された場合、勤務地としては東京、神奈川、愛知、静岡が主力地域となります。今後は全国展開を目指し取引企業を拡大しているそうです。

あなたが先の勤務地以外を希望する場合でも、取り合えず応募して確かめてみて下さい。もしかしたら希望の勤務地に新しい取引先が見つかっているかも知れません。ダメもとです。

 

2.仕事内容・応募資格はどうか?

さて、勤務地に続いて最大の問題である仕事内容、応募資格について私が調査した結果をお伝えします。

まず、リツアンSTCの求人に単純な設備保全の仕事はありせん。私がメンテナンス、保全で検索したところ、たった1件しか見つかりませんでした。

その1件も仕事内容を見ると、確かに設備の修理も含まれていますが、新規設備の導入や改善、治工具の設計なども入っています。これはもう生産技術的な仕事と言えます。

応募資格も電機設計の実務経験3年以上で、シーケンス回路に熟知していることが条件です。

しかし、この仕事の予定年収は600万円を超えています。仕事は難しいですが、それに見合う年収が得られます。

 

機械製図 (2)

 

次に私は生産技術のキーワードで検索してみました。すると、21件が見つかりました。主に自動車量産工場やプラント関連の生産技術職です。

自動車の量産に必要な設備の設計、導入、治工具の設計、既存設備の改善、改良などがメインの仕事になります。

 

応募資格としては、設計業務の経験が必要であったり、設計用のCADが使えることやPLCが使えることが必須条件になっています。

設備保全の求人によく見られる、電気主任技術者や電気工事士などの専門資格を要求する求人はありません。とにかく、メカ、電気、ソフトなどの設計実務を経験したエンジニアを募集しています。

ただ、件数は少ないですが社内研修を行うので未経験でも応募可能と言う求人もありました。

 

3.設計が出来るエンジニアを募集

私が21件を残らず見た感じでは、設計業務が出来るエンジニア、生産技術の即戦力募集、といった求人です。年収は高額が期待出来ますが、それなりのスキル、能力が求められます。

 

さて、それではあなたが過去に設備保全の経験はあるけど設計業務は全くの未経験だとしたら。ハッキリ言って応募は難しいと思います。

先ほど未経験者歓迎案件もあると書きましたが、それはわずか1件のみ、特別です。

あなたに設備の部分改良、改造などで設計にかかわった経験や、CADが使える、PLCが使えるといったスキルがあれば応募可能です。

保全現場を熟知している上に設計スキルがあれば、これは採用される可能性も大と言えます。

 

回路図

 

時々勘違いされる方がいるのですが、「設計が出来ること」と言う条件を満たそうとしてCADの使い方を学ぼうとする人がいます。

しかし、CADが使えることと、設計ができることは全く別物です。CADが使えれば図面は書けますが、設計が出来るわけではありません。

設計業務のアプトプットは設計図だったり部品図だったりします。その作成ツールがCADであり、設計を行うのは設計者の頭脳です。

どんなにCADが上手に使いこなせるようになっても、それは機械製図が上手になっただけで設計が出来るようになった訳ではありません。図面を描くだけのトレーサーは設計者ではありません。

「CADが使えること」と言う条件は、あくまで設計業務の中でCADが使えること、と言う趣旨です。

 

まとめ

冒頭にも書きましたが、設備保全の仕事と生産技術の仕事は重なる部分があります。あなたが現在、籍は設備保全にあっても生産技術の仕事もこなしている、設計業務もやっている、そんなキャリアをお持ちならリツアンSTCは絶対お奨めです。

勤務地の問題があるので、あなたが北海道や九州、四国で働きたいと希望しているなら、ピッタリの案件はないかも知れません。リツアンSTCは東京、神奈川、愛知、静岡が主力地域です。

しかし、本文でも書いたようにリツアンSTCはこれから全国展開を目指して取引先を開拓中とのこと、あきらめずに問い合わせしてみて下さい。

とにかく、リツアンSTCはエンジニアの評価を正当に行い、しっかり働けばそれに応える給与を実現してくれます。ぜひあなたもチェックしてみて下さい。

■社員の平均年収585万円!業界トップクラスの給与水準!